労働者災害補償保険法

2007年12月12日 (水)

算定事由発生日はいつでしょう?

【労災 H19-問2-A】

給付基礎日額は、労働基準法第12条の平均賃金に相当する額とされているが、この場合において、同条第1項の平均賃金を算定すべき事由の発生した日は、業務上の事由又は通勤による負傷、疾病、障害若しくは死亡の原因である事故の発生した日とされる。

割と、ややこしい規定かもしれませんね。

私も本試験前はバッチリ☆押えていましたが、今解いてみたら

見事に間違えちゃいました(^^;

【解答】 ×

【解説】

この選択肢、ほとんど条文通りの出題なんです♪

労災法第8条1項

給付基礎日額は、労働基準法第12条の平均賃金に相当する額とする。

この場合において、同条第1項(労働基準法第12条第1項のこと)の平均賃金を算定すべき事由の発生した日は、前条第1項第1号及び第2号(業務災害及び通勤災害のこと)に規定する負傷若しくは死亡の原因である事故が発生した日又は診断によって同項第1号及び第2号(同じく業務災害及び通勤災害のこと)に規定する疾病の発生が確定した日(以下「算定事由発生日」という。)とする。

『Sha-ra-run』より条文引用   ※斜体部分は加筆しました。

少し書き方が分かりにくいかもしれませんね。

では、分かりやすくしてみましょうか(^^)

まず、給付基礎日額=労基法12条の平均賃金相当額 です。

これは、OKですね!  平均賃金って、なんだったけ? と

思った方は、今すぐテキストで確認してくださいね♪

さて、では今回の選択肢の論点になっている算定事由発生日

についてです。 かなり乱暴な書き方をしますが、理解する

という意味ではこういう感じの方が分かりやすいと思います

ので、ご了承ください。

労基法12条の平均賃金を算定しないといけない事由が発生

した日は、負傷又は死亡については業務災害及び通勤災害が

発生した日、疾病についてはお医者さんが業務災害及び通勤

災害による疾病です と確定した日 である。この日を、

労災法では「算定事由発生日」ということにします。

ということなんです。

負傷や死亡については、その事故が起きた日とすぐに確定

できますが、疾病については、石綿による肺気腫などのように

何年何月何日にこの病気にかかりました と言い切れない

ものもありますよね? だから病院で診断してもらって

「あなたは、業務災害及び通勤災害によって、この病気に

なったんですよ」とハッキリした日 を、算定事由発生日に

する ということに決めたんですね。

う~ん、本当に分かりやすくかけたのかどうか、ちょっと

自信が無いのですが・・・(^^;

「まだ分かりにくい!」と思われた方は、遠慮なくコメントに

書いてくださいね。

できれば、どこがどういう風に分かりにくいのかを書いて

いただけると幸いです <(_ _)>

では、関連過去問ですが、同じ論点の過去問がないので、

問題文に、今回の論点が書かれている問題を記載しますね。

【H11-問2-B】

給付基礎日額の算定方法は、負傷若しくは死亡の原因である事故が発生した日又は診断によって疾病の発生が確定した日以前3か月間にその労働者に支払われた賃金の総額を、その期間の総日数で除して算定することを原則とするが、この算定方法は日雇労働者の場合も同様である。

****************************************************

昨日の勉強 :年金アド2級過去問、衛生管理者過去問

本日の勉強予定 : 年金アド2級過去問、衛生管理者過去問

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年8月 8日 (水)

労災の支給制限

昨日の学習内容・時間

ブログ(国)、H先生1日1問(白書)、通達ゼミ、横断確認

過去問(社一)、TACポイントチェックメール

i塾最終模試復習、真島塾ポイント講座(健)

答練(厚)、テキスト読込(不定着箇所)        合計5時間

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

これからしばらく、支給(給付)制限のある科目については

制限を取り上げていこうと思います。

横断でまとめようと思ったのですが、量が非常に多いので

1日にまとめるのは無理なので・・・ (^^;

で、今日は労災です。

①労働者が、故意に負傷、疾病、障害、死亡又はその直接の

  原因となった事故を生じさせたとき

  → すべての保険給付を行わない!!!

②労働者が故意の犯罪行為又は重大な過失により負傷、

  疾病、障害、死亡又はその原因となった事故を生じさせたとき

  → 全部又は一部の支給を行わないことができる

    具体的には・・・

    休業(補償)給付、傷病(補償)年金、障害(補償)給付

    について、支給事由が存する期間、所定給付額の30%を

    支給しないことができる。 

    ※年金たる保険給付については、療養開始後3年以内の

      期間、所定給付額の30%を支給しないことができる。

③労働者が正当な理由なく療養に関する指示に従わず、

  その傷病又は障害の程度を増進させたり、回復を妨げたとき

  → 全部又は一部の支給を行わないことができる

    具体的には・・・

    休業(補償)給付、傷病(補償)年金 について、程度を増進

    させたり回復を妨げたりした事案1件について、その都度、

    休業(補償)給付 ・・・ 10日分

    傷病(補償)年金 ・・・ 365分の10相当額

    を支給しないことができる。

故意なら、保険給付は全く行われません。

これは覚えやすいですね♪

それから、故意以外の支給制限については、

療養、介護、死亡、二次健康診断等給付に関する保険給付は

支給制限の対象とはなりません。

また、特別支給金にもこの規定は、準用されます。

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

厚生年金の答練のテスト問題が返ってきました。

得点は、択一4/5、選択5/5 でしたが、昨日見直し&復習を

してみると、理解度では、択一2/5、選択4/5でした(+_+)

しっかりと知識の修正をしないとダメですね(^^;

それにしても、『1日70問』、なかなか始められません。

どんなに遅くても来週の頭から、始めないとっ!!!

<本日の学習予定>

ブログ(厚)、H先生1日1問(白書)、横断確認、通達ゼミ

過去問(社一)、TACポイントチェックメール

真島塾ポイント講座(健)、i塾最終模試復習

テキスト読込(不定着箇所)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月27日 (金)

算定基礎年額を算定してみよう!

昨日の学習内容・時間

ブログ(国)、H先生1日1問(社一)、横断確認、過去問(厚)

真島塾ポイント講座(徴・厚)、TACポイントチェックメール

ryoさんの選択式、テキスト読込(不定着箇所)

                           合計4時間35分

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

給付基礎日額については、神経質になるぐらい勉強しますが、

算定基礎年額って、あまり気にしてない ってことないですか?

つい先日、そのことに気がついて、いくらなんでもノーマークは

まずいよね~ と思い、ここで書いてみることにしました。

実は、算定基礎年額については、3つの額があります。

  • 負傷又は発病の日以前1年間に支給された、3ヵ月を超える期間ごとに支払われる賃金(ボーナスのことですね)の総額
  • (年金給付基礎日額×365日)×20%
  • 150万円

この3つの額のうち、最低額が、算定基礎年額となります。

実際に算定してみましょう。

  • 負傷又は発病の日以前1年間に支給されたボーナスの総額・・・200万円
  • 年金給付基礎日額が1万円なら、(10,000円×365日)×20%=730,000円、つまり73万円
  • 150万円

この3つの額のうちの最低額は、2つ目の『73万円』ですね。

なので、この場合は、算定基礎年額が73万円になります。

この額を365で除した額を算定基礎日額として、

ボーナス特別支給金の支給額を計算するんですね。

試しに、どれかひとつ、計算してみましょう (^^)

傷病特別年金の第1級にします。

算定基礎年額が73万円でしたから、算定基礎日額は、

730,000円÷365日=2,000円

端数処理については、算定基礎年額、算定基礎日額ともに、

給付基礎日額と同様、1円未満の端数は1円に切り上げます。

さて、傷病特別年金の第1級については、

算定基礎日額の313日分 が支給されますから、

2,000円×313日=626,000円 となります。

本試験が終わったら、自分の過去1年間のボーナスで

計算してみようかな♪

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

国年のテスト問題が返ってきました。

点数は、択一4/5、選択5/5 でした。

お昼休みにでも見直します。 理解度はどのくらいかな (*^^*)

おまけに、TACの全国公開模試の解答解説もやっと手元に

届いた(配達業者さんとうまく時間が合わなくて・・・)ので、

その復習もしなくてはっ!! おっと、その前に社一の答練。。。

頑張ろっ p(^^)q

<本日の学習予定>

ブログ(厚)、H先生1日1問(社一)、横断確認、過去問(厚)

真島塾ポイント講座(徴・社一)、TACポイントチェックメール

ryoさんの選択式、TAC最終模試復習、答練(国)

テキスト読込(不定着箇所)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月16日 (月)

障害(補償)年金差額一時金

昨日の学習内容・時間

H先生1日1問(厚)、横断確認、過去問(厚)

TAC全国模試復習、真島塾ポイント講座(安)

テキスト読込(不定着箇所)           合計7時間50分

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

障害(補償)年金差額一時金について取り上げます。

受給資格者について、平成9年に出題されて以来、

出題されていません。出題の可能性については、まるで

分かりませんが、ヒマで少しイヂワルな作問者なら

狙ってくるかも!? (^^)

初学の頃の私は、この制度の趣旨自体を把握できていません

でした(汗) 障害(補償)年金差額一時金というのは、

障害(補償)年金の受給権者が、それぞれの障害等級について

定められている支給額を受給する前に亡くなってしまったときに、

遺族に支給される制度です。

例えば、私は娘と2人家族ですが、私が業務上災害で

障害等級1級に該当することとなり、障害補償年金を受給

しているとします。そして、給付基礎日額の500日分を

受給した時点で、ぽっくり死んでしまった場合、私が死亡した

当時、私と生計を同じくしていた娘に、障害等級1級について

定められている支給額(給付基礎日額の1,340日分)と、

私が死ぬまでに受給した給付基礎日額の500日分との差額、

つまり、給付基礎日額の840日分を支給してくれる という

制度なんです。

だから、制度名が『差額一時金』なんですね。

なお、前払一時金を受給したことがある場合には、

受給した前払一時金も既に受給した分として、それぞれの

障害等級について定められている支給額から控除されます。

ちなみに・・・

この差額一時金の受給資格者の順位ですが、

上位6位までは、遺族(補償)年金以外の未支給給付を

請求できる人と同じです。

●障害(補償)年金差額一時金の受給資格者

労働者の死亡当時、生計を同じくしていた 配偶者
父母
祖父母
兄弟姉妹
労働者の死亡当時、生計を同じくしていなかった 配偶者
父母
祖父母
兄弟姉妹

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

昨日は、嬉しいことに、ホントに1日中図書館で勉強できました。

休日も、1~2時間ずつの勉強時間を何回かに分けて

時間の確保を図っているので、こんなにまとめて勉強できると

本当に幸せです (*^^*)

で、実は、今のところ今日も図書館三昧の予定。。。

まぁ、もうすぐ起きるであろう娘の気が変わっていなければ・・・

の話ですが (^^;

<本日の学習予定>

H先生1日1問(厚)、横断確認、過去問(厚)

TAC全国模試復習、ryoさんの選択式

真島塾ポイント講座(安)、テキスト読込(不定着箇所)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月 4日 (水)

介護(補償)給付って、いくらもらえるの?

昨日の学習内容・時間

ブログ(国)、H先生1日1問(国)、横断確認、年金

答練(国)、過去問1問(全科目)、テキスト読込(不定着箇所)

                            合計4時間10分

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

今日は、介護(補償)給付の支給額について、見ていきますね。

まず、介護(補償)給付は、月単位で支給されます。

月単位での支給だからこそ、時効の起算日が

『支給事由発生月の翌月初日』と、こちらも月単位になって

いるんですね!

ここで、ひとつ注意しないといけないのは、

『支給事由発生月 から 支給事由消滅月 まで支給される』

ということ。 翌月~当月 じゃないですよぉ (^o^)

次に、支給額ですが、きっと皆さんのテキストにも記載されて

いると思いますが、一応、こちらにも載せておきますね。

常時介護を要する場合の支給額です。

  支給事由発生月 支給事由発生月の翌月以降
①介護に要する費用を A B
 支出して介護を受けた 実費支給 実費支給
 日がある場合    
 (③に該当する場合を 上限 上限
 除く)  104,590円  104,590円
親族等による介護を受けた日がある ②費用を支出 C D
 して介護を受 支給しない 56,710円
 けた日がない     (定額)
③介護に要す E F
 る費用として 実費支給 56,710円
 支出された     (定額)
 額が56,710 (最低保障  
 円未満    額なし)  

例えば、6月4日に支給事由が生じたとします。

その場合、先月6月が『支給事由発生月』となりますよね。

で、先月中に親族等によって介護を受けた日が1日も

無かった場合は、上の表の『A』の欄に当たるので、

介護に要した費用の実費費用となります。

もし、95,000円だったとすると、95,000円全額。

もし、130,000円だったとすると、上限が104,590円と定められて

いるので、104,590円 が支給されます。

こんな感じで、B~Fについても考えてみてくださいね(^^)

随時介護を要する状態の支給額は、

  • 104,590円 → 52,300円
  •   56,710円 → 28,360円

と、”常時”の約半額になります。

平成10年に1肢だけ出題されて以来、出題されていないので、

要注意!! ですね♪

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

国年の答練。

一問一答の結果に少し気をよくして(^^; 択一式に挑戦して

みたら、見事にやられました (+_+)

抜けているところや考えすぎなところ、あやふやなところ・・・

次から次へと出てきました。

カセットテープとテキストと問題を突き合わせて、確認。

選択式を終えて、テスト問題を郵送したら、過去問へ。

それが終わったら、もう一度答練を解いてみたいと思います☆

<本日の学習予定>

ブログ(厚)、H先生1日1問(国)、横断確認、答練(国)

過去問(国)、年金、過去問1問(全科目)

テキスト読込(不定着箇所)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2007年6月22日 (金)

通勤途上で車に轢かれたら???

昨日の学習内容・時間

ブログ一問一答(国)、H先生1日1問(健)、横断確認

過去問(健)、過去問1問(全科目)、i塾模試復習

テキスト読込(不定着箇所)           合計3時間55分

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

【災  平18-問7-A・B】

A 政府は、保険給付の原因である事故が第三者の行為によって生じた場合において、保険給付をしたときは、その給付の価額の限度で、保険給付を受けた者が第三者に対して有する損害賠償の請求権を取得する。

B 政府は、保険給付の原因である事故が第三者の行為によって生じた場合において、保険給付を受けるべきものが当該第三者から同一の事由について損害賠償を受けたときは、その価額の限度で保険給付をしないことができる。

第三者行為災害による損害賠償と、労災の保険給付との

調整についての問題です。

これについては、あまり難しくないと思います。

この規定を知らない人でも、もしかしたら、正誤の判断が

できるかもしれません・・・

【解答】 A-○、B-○

【解説】

例えば、通勤途上で車に轢かれたとします。

合理的な経路及び方法だったの? とか、逸脱中じゃないの?

とか、ややこしいことは無いものとしてくださいね(^^)

通勤途上なので、通勤災害として取扱われますよね。

でも、交通事故なので、車を運転していた『第三者』が存在します。

そして、この『第三者』が加入している自動車保険で、

損害賠償をしてくれますよね。

この損害賠償も、そして労災の保険給付も、両方もらって

少しでも得しよう!! と思っても、そうはいきませんよ!

というのが、今回取り上げた選択肢の規定なんです。

保険給付と損害賠償の、どちらを先にもらったかで、後の

政府の処理が違ってきます。

1. 保険給付を先にもらった

   政府が、被災労働者に保険給付を支給したのですが、

   本来、この支給した分は、車の運転手の自動車保険から

   被災労働者に払う損害賠償ですよね。

   ということは、本来、政府は保険給付を支給する必要は

   ないわけで・・・  なので、政府が支給した保険給付の分の

   価額を上限として、車の運転手の自動車保険から、政府に

   お金を払ってもらいます。

2. 車の運転手の自動車保険からの損害賠償を先にもらった

   先に、損害賠償をもらった、つまり治療費や休業したこと

   に対する補償をしてもらった ということですから、労災の

   保険給付は、その分については必要ないですよね。

   なので、この場合は、政府は保険給付を免除されます。

ただ、お金に関することなので、割と細かいことまで

定められています。

その辺りは、きちんとテキストで確認してくださいね(^^)

ちなみに・・・

第三者行為災害にみまわれた場合(先程の例で言いますと、

通勤途上で車に轢かれた場合ですね)は、保険給付を

受けるべき者、つまり事故にあった被災労働者か、被災

労働者が亡くなってしまった場合は遺族給付の受給権者が

  • 第三者行為の災害にあったという事実
  • 第三者の氏名及び住所
  • 被害状況

を、遅滞なく、所轄労働基準監督署長に届け出なければ

いけません。

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

本日の学習予定にある、ポイント講座というのは、

真島塾の「かんぺき合格講座」という講座のことです。

昨年の本試験の結果が出た直後に申し込みました。

先日聴講していた「法改正講座」と「白書講座」がセットになって

「かんぺき合格パック」という商品名(?)です。

各科目のポイントをコンパクトにまとめてある講座なのだそうです。

早速、今日のお昼休みに片面だけ聴いてみよっ(^^)

<本日の学習予定>

ブログ一問一答(厚)、H先生1日1問(健)、ポイント講座(基)

過去問(健)、i塾模試復習、過去問1問(全科目)

テキスト読込(不定着箇所)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (5)

2007年6月11日 (月)

特別加入者は、特別支給金貰える?

昨日の学習内容・時間

H先生1日1問(労一)、法改正講座

過去問(労一)、年金の本        合計1時間30分

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

【災  平14-問3-D】

特別支給金は、労働者に対する災害補償の企業内上積みとしての経緯に由来するものであるので、特別加入者の業務災害及び通勤災害に関しては、支給は行われない。

同じ趣旨の問題が、平17-問3-D でも、出題されています。

もし、迷う方や間違えてしまった方は、これを機に

覚えちゃいましょう!!

【解答】 ×

【解説】

まず、特別支給金は、大きく2種類に分けられます。

  • 一般の特別支給金・・・休業特別支給金、傷病特別支給金、障害特別支給金、遺族特別支給金 があります。
  • ボーナス特別支給金・・・傷病特別年金、障害特別年金、障害特別一時金、障害特別年金差額一時金、遺族特別年金、遺族特別一時金 があります。

このうち、ボーナス特別支給金とは、負傷した日又は発病した日

以前1年間に支給されたボーナスの総額(『算定基礎年額』と

いいます)を日額に換算して支給する特別支給金です。

つまり、ボーナスを貰った人だけが受給できる特別支給金です。

さて、特別加入者 とは、どんな人たちだったでしょう。。。

  • 第1種特別加入者・・・中小企業の事業主等
  • 第2種特別加入者・・・一人親方等、特定作業従事者等
  • 第3種特別加入者・・・海外派遣者

第1種の中小企業の事業主等 の方については、

ボーナスは出ませんよね。 事業主ですから。。。

第2種の一人親方等 の方も、雇用されているのでは

ありませんから、ボーナスは出ません。

第3種の海外派遣者については、雇用されている人では

ありますが、海外にいらっしゃる ということで、

たとえボーナスが支払われていても、計算には入れません。

邦貨に換算しないといけないだとか、現地法人から支給

しているだとか、とにかく、それぞれの企業や派遣先で

『十人十色』状態だったりするので、とてもじゃないけど、

一人一人に対応していられません!! という感じなのだ

そうです。 というわけで、第3種についても、ボーナスは

出ていないもの として処理するそうです。

ボーナス特別支給金は、ボーナスを貰った人が受給できる

特別支給金でした。

そして、特別加入者は、ボーナスを貰えない人たちでした。

つまり、特別加入者は、特別支給金のうち、一般の特別支給金

は受給できるけれども、ボーナス特別支給金は受給できない

ということです。

問題文では、『特別支給金は~特別加入者~に関しては、

支給は行われない。』と書かれているので、『誤り』です。

ちなみに・・・

特別加入者については、二次健康診断等給付は行われません。

また、休業(補償)給付の支給要件に、『賃金を受けないこと』が

ありません。

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

昨日は、娘の試験中の時間と朝勉(それも少々【汗】)の

少ししか学習時間を確保できませんでした(+_+)

もう、直前期モードだというのに、これではダメですね(^^;

<本日の学習予定>

ブログ一問一答(厚)、H先生1日1問(健)、通達ゼミ(労一)

過去問(労一)、横断確認、基金、テキスト読込(不定着箇所)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2007年5月30日 (水)

所定の届出をしなかったら、どうなる?

昨日の学習内容・時間

ブログ用一問一答(国)、H先生1日1問(徴)、横断確認

過去問(雇)、答練(雇)、年金の本       合計3時間45分

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

【災  平15-問5-C】

保険給付を受ける権利を有する者が、正当な理由がなくて、所定の届出をせず、若しくは書類その他の物件の提出をせず、又は行政庁の報告命令、受診命令等に従わないときは、政府は、保険給付の全部又は一部の支給を取り消し、その返還を命ずることができる。

これも、なんだか常に間違ってます(+_+)

自信満々で答えて、解答解説を見て「あ゛~~~~」

【解答】 ×

【解説】

ここ、実は、『一時差し止めることができる』なんです。

で、なんで私が間違えるのかというと、

国年や厚年では、

  • 受給権者が、正当な理由なく現況届及びその添付書類を提出しないとき

は、同じように『一時差し止めることができる』なのですが、

  • 受給権者が、正当な理由なく社保庁長官の書類等の提出命令に従わないときや受診命令に従わないとき等

は、『全部又は一部を支給停止することができる』なんです。

で、この問題を見てると、つい年金のほうを思い出してしまって、

常に間違えるんですよね~(^^;

でも、今ここにこうして書いて、スッキリしました(^^)

これで、今後は間違えなさそう(^^)v

今まで、表にしても紙に何回も書いても覚えられなかったのに。

何故間違えるのか ということを書いたからかもしれません。

やはり、自己分析は、有効ですね(^^)

ちなみに・・・

今回の選択肢の、『保険給付を受ける権利を有する者が、

正当な理由がなくて、所定の届出をせず、若しくは書類その他の

物件の提出をせず』のときは、この保険給付を受ける権利を

有する者は、6月以下の懲役又は20万円以下の罰金に

処すること とされています。

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

今日は、どうやら関西は1日中、雨のよう・・・

娘は、学校で社会見学なんだとか。。。

雇用保険の答練。今のところ、一問一答式とテスト問題の

2回目を終えました。1回目よりも理解度は増していました♪

それでも、やはり雇用保険は細かい規定や紛らわしい期間が

多くて、ややこしいですね(^^;

今日中に雇用保険を終わらせて、徴収法に突入しま~す(^^)

<本日の学習予定>

ブログ一問一答(厚)、H先生1日1問(徴)、横断確認

過去問(雇)、答練(雇)、年金の本

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年5月18日 (金)

国庫補助

昨日の学習内容・時間

ブログ一問一答(国)、H先生1日1問(雇)、基金(厚)

答練(安)、テキスト読込(安)      合計4時間10分

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

【災  平14-問7-E】

国庫は、予算の範囲内で、労働者災害補償保険事業に要する費用の一部を補助することができる。

これは、絶対に正解したい問題ですね。

しかもこの平成14年の本試験では、この肢が正解肢でした。

ちょっとしたサービス問題ですね(^^)

【解答】 ○

【解説】

国庫補助と国庫負担。どう違うのでしょう。。。

ググッてみました(^^)

一応、リンクを貼っておきますね。コチラです。

さて、労災の国庫補助は、行われるのかどうか。

そして、行われるのであれば、いかほどなのか。

これについては、法32条に規定があります。

国庫は、予算の範囲内において、労働者災害補償保険事業に要する費用の一部を補助することができる。     (『Sha-ra-run』より条文引用)

条文がそのまま問題になっていますね。

というわけで、『正しい』選択肢です。

なお、労災法では、国庫負担はありません。

基本的に、事業主が全額負担する労働保険料のうちの労災の

分だけで運営されています。

ちなみに・・・

社労士試験の科目の中で、『国庫補助』が行われるのは

労災と健保だけなのですね。

健保の国庫補助は、

  1. 政管の日雇特例被保険者以外の被保険者に係る、療養の給付・入院時食事療養費・入院時生活療養費・保険外併用療養費・療養費・訪問看護療養費・移送費・傷病手当金・出産手当金・家族療養費・家族訪問看護療養費・家族移送費・高額療養費 の支給に要する費用の1,000分の130相当額
  2. 老人保健医療費拠出金 及び 介護納付金(どちらも日雇特例被保険者に係るものを除く)の1,000分の164相当額

とされています。頻出事項(平成18年にも出題されました)なので、

ちょっと不安・・・という方は、今すぐテキストで確認して下さいね♪

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

本日、娘は遠足です。 行き先は『森林公園』。

私は一度も行ったことがないところなのですが、

とても広くて遊び甲斐のありそうな公園です(^^)

当のご本人さんは、「友達と昼寝する約束してん」 と、

遊ぶよりも昼寝を選んだ模様。。。

折角の広い公園で、昼寝かよ(^^; と心の中で

突っ込んでおきました♪

<本日の学習予定>

ブログ一問一答(厚)、H先生1日1問(雇)、答練(安)

過去問(安)、テキスト読込(安)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

| | コメント (8) | トラックバック (4)

2007年5月 7日 (月)

遺族(補償)給付の遺族の範囲とは?

昨日の学習内容・時間

H先生1日1問(雇)、過去問(基)、テキスト読込(安)      

                           合計1時間

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

【災  平13-問4-A】

遺族補償給付を受けることができる遺族は、労働者の配偶者(婚姻の届出をしていないが、事実上婚姻関係と同様の事情にあった者を含む。以下この問において同じ。)、子、父母、孫、祖父母及び兄弟姉妹(妻以外の者にあっては、一定の要件に該当する者に限る。)であって、労働者の死亡の当時その収入によって生計を維持していたものに限られる。

以前、遺族補償一時金の遺族の範囲については、取り上げ

ましたが、今回は、遺族補償給付の遺族の範囲です。

【解答】  ×

【解説】

遺族補償給付。

これには、2種類あります。覚えていらっしゃいますか?

  • 遺族補償年金
  • 遺族補償一時金

この2種類です。

で、この2つの給付の遺族の範囲を比べるだけなら

芸がないので、この際、労働者又は被保険者の死亡に係る

給付についての遺族の範囲を横断したいと思います。

    生計 遺族の範囲及び順位
労災 障害(補償)年金  差額一時金 生計同一 ①配偶者 ②子 ③父母
  ④孫 ⑤祖父母 ⑥兄弟姉妹
  生計不同一 ⑦配偶者 ⑧子 ⑨父母
  ⑩孫 ⑪祖父母 ⑫兄弟姉妹
  遺族(補償)年金 生計維持 ①妻(無条件)  
      ①夫(一定障害又は60歳以上)    
      ②子(一定障害又は18歳以後最初の年度末まで)
      ③父母(一定障害又は60歳以上)
      ④孫(一定障害又は18歳以後最初の年度末まで)
      ⑤祖父母(一定障害又は60歳以上)
      ⑥兄弟姉妹(一定障害又は18歳以後最初の年度末までか60歳以上)
      ⑦夫(①の夫以外のいわゆる若年停止の者・・・55歳以上60歳未満)
      ⑧父母(③以外のいわゆる若年停止の者・・・55歳以上60歳未満)
      ⑨祖父母(⑤以外のいわゆる若年停止の者・・・55歳以上60歳未満)
      ⑩兄弟姉妹(⑥以外のいわゆる若年停止の者・・・55歳以上60歳未満)
  遺族(補償)一時金 生計維持不問 ①配偶者    
    生計維持 ②子 ③父母 ④孫
      ⑤祖父母    
    生計維持無し ⑥子 ⑦父母 ⑧孫
      ⑨祖父母    
    生計維持不問 ⑩兄弟姉妹    
  葬祭料   葬祭を行う者・・・遺族(補償)年金の受給権者に限定されない。
  遺族特別支給金   遺族(補償)給付の受給順位による。(若年停止者にも支給される)
  障害特別年金差額一時金   障害(補償)年金差額一時金の受給権者
  遺族特別年金   遺族(補償)年金の受給権者
  遺族特別一時金   遺族(補償)一時金の受給権者
国年 遺族基礎年金 生計維持 妻(18歳以後最初の年度末まで又は障害等級1・2級の20歳未満の子で、かつ現に婚姻をしていない者と生計同一の場合に限る)
      子(18歳以後最初の年度末まで又は障害等級1・2級の20歳未満であって、かつ現に婚姻をしてない者)
厚年 遺族厚生年金 生計維持 ①配偶者 ②子 ③父母
      ④孫 ⑤祖父母  
      ※子・孫 18歳以後最初の年度末まで又は障害等級1・2級の20歳未満で、現に婚姻をしていない者
      ※夫・父母・祖父母 原則、55歳以上の者。ただし、60歳まで支給停止。(労災の遺族(補償)年金の若年停止の者と同じ)また、被保険者等の死亡日が、平成8年3月31日までであるときで、障害等級1・2級に該当する場合は、年齢不問
     
       
       

表にしたほうが、かえって、分かりにくいかな・・・ ごめんなさい。

未支給給付は省きました。ご了承下さいませ f(^^;)

本題に戻って、遺族(補償)給付は、遺族(補償)年金と

遺族(補償)一時金の2種類のことですから、見比べて下さい。

明らかに、違いますよね。

選択肢に書かれているのは、遺族(補償)年金の遺族の範囲

ですね(^^)

というわけで、『誤り』です。

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

昨日遅くに家に着いたら、iDE塾から通達ゼミのカセットと

テキストが届いていました♪

楽しみにしてたんですよね(^^) お昼休みと家事の最中、

そして就寝時、あと移動中。過去問や答練とも併せて

直前まで大活躍の学習ツールになるだろうなぁ☆

<本日の学習予定>

ブログ一問一答(厚)、H先生1日1問(雇)、通達ゼミ

過去問(基)、テキスト読込(安)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

| | コメント (7) | トラックバック (1)