« 中高齢の期間短縮特例って? | トップページ | 60歳台前半の在職老齢年金を計算しよう! »

2008年3月11日 (火)

加給年金額が支給停止になるのは?

 。・・。・・。・・。2008年は ”進年”!。・・。・・。・・。

※2008年3月2日に行われた年アド2級の試験の私なりの解答ですので、実際の解答と異なることがあるかもしれません。何卒ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。

【年アド2級 2008年(第109回) 問3(3)】

 B夫さん(昭和20年3月15日生まれ、昭和59年10月結婚)の公的年金の加入歴は、次のとおりである。B夫さんは63歳に達した日に定年退職となることから年金額等について相談をするためA銀行X支店を訪れた。

  • 昭和43年4月~平成15年3月:㈱甲社に勤務し厚生年金保険に加入。昭和48年4月からは厚生年金基金の加入員でもある。
  • 平成15年4月~平成15年9月:国民年金に加入して保険料を納付
  • 平成15年10月~63歳に達するまで:㈱乙社に勤務し厚生年金保険に加入(厚生年金基金にも加入)

 B夫さんの平成6年基準(従前額保障)の平均標準報酬月額は365,200円、平均標準報酬額は402,800円、厚生年金基金の平均標準報酬月額は290,600円、平均標準報酬額は437,800円である。

 なお、妻のC子さん(昭和24年2月25日生まれ)は、平成3年4月から㈱丙社に勤務して厚生年金保険に加入、60歳に達した日に退職の予定である。昨年の年収は、300万円であった。

(3) C子さんが退職後、特別支給の老齢厚生年金を受給すると、B夫さんが受給している年金はどのような影響を受けるか、簡潔に説明してください。

※本日は(3)のみ解説します。

【解説】

加給年金額の対象となる配偶者が、

  • 被保険者期間の月数が240以上である老齢厚生年金
  • 障害厚生年金
  • 障害基礎年金
  • 共済組合等が支給する老齢若しくは退職又は障害を支給事由とする年金給付であって、政令で定めるもの

のいずれかの給付を受給できる場合は、その受給している間、

加給年金額(特別加算を含む)は、支給停止となります。

これらのうち、老齢厚生年金の「被保険者期間の月数が240以上」

には、どうやら問3におけるテーマのひとつになっているらしい

「中高齢の期間短縮特例」が絡んできます。

加給年金額の対象となっている配偶者(例えば妻)が、中高齢の

期間短縮特例に該当する場合は、240月以上である老齢厚生

年金であるとみなして、加給年金額が加算されている老齢厚生

年金の受給者(例えば夫)の加給年金額が支給停止となります。

こういう趣旨を盛り込んで書けていれば、大丈夫だと思いますwink

***************************************************

社労士事務所、第2日目。

終業間際に、やらかしてしまいましたwobbly

3年間も社労士の勉強をしてきたのに、いつまで経っても

おっちょこちょいは治りませんね… 死ぬまでムリかなcatface

昨日の勉強 :年金アド2級試験の見直し

本日の勉強予定 : 年金アド2級試験の見直し

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

|

« 中高齢の期間短縮特例って? | トップページ | 60歳台前半の在職老齢年金を計算しよう! »

コメント

こんばんわ。

2日目にしてもうやらかしてしまいましたか。
まだ大丈夫だと思ってたのに。。
先が思いやられるなぁ。。

私の就職2日目の朝は、職場からの電話でした。
もう37年前の話ですけどね。

ケンチャナヨhappy01

投稿: ryo | 2008年3月11日 (火) 22:15

【ryoさま♪】

おはようございます。
ホント、先が思いやられますよねぇ~bleah

職場からの電話…
ryoさんにも、そんなことがあったんですね!
ちょっと、安心coldsweats01

投稿: yuki | 2008年3月12日 (水) 05:59

わかっていたんですけど240月とか中高齢の期間短縮特例での
「みなし」などの言葉は書かなかったような・・・。
「加給年金額が支給停止になる」これだけで点数もらえるかな?

私も昨日は職場でやってしまいました・・・。
朝イチの仕事が従業員のお弁当注文。5個注文した後に
「追加してもらえる?」と言われ
「ひとつ追加で6個に」と追加の電話はしたのだけど
実際お昼に来たお弁当の数は「5個」。
そこで気づけば良いのに@500×5=2500円のお支払い。
昼になって一つ足りないという事態。へこみます。
お支払いの時に「確認」しなかったのが敗因。

試験も仕事も「確認」をおろそかにしてはいけない、と反省。

投稿: お世話様 | 2008年3月12日 (水) 09:32

【お世話様さま♪】

とりあえず、「みなし」は、なくても大丈夫では?と思うのですが…
240月とか中高齢の期間短縮特例は、必要かもしれません。

仕事でミスすると、凹みますよね~。
私のミスも、「確認」しなかったのが原因でした。
当然のことですが、何事も「確認」が大切ですね(^^)

投稿: yuki | 2008年3月12日 (水) 20:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/148804/11156971

この記事へのトラックバック一覧です: 加給年金額が支給停止になるのは?:

» 厚生年金基金 [厚生年金基金]
厚生年金基金とは、国が支給する厚生年金保険の一部を企業が代行するとともに、企業独自の年金を上乗せして [続きを読む]

受信: 2008年3月18日 (火) 15:04

« 中高齢の期間短縮特例って? | トップページ | 60歳台前半の在職老齢年金を計算しよう! »