« 老齢基礎年金の年金額 | トップページ | 厚生年金基金加入者の老齢厚生年金の年金額 »

2008年3月 7日 (金)

全部繰上げの老齢基礎年金Ⅱ

 。・・。・・。・・。2008年は ”進年”!。・・。・・。・・。

※2008年3月2日に行われた年アド2級の試験の私なりの解答ですので、実際の解答と異なることがあるかもしれません。何卒ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。

【年アド2級 2008年(第109回) 問2(3)】

 A子さん(昭和年1月18日生まれ、昭和51年10月結婚)の公的年金制度の加入暦は、下記のとおりである。

 なお、夫は家業を継ぎ、学校卒業後から自営業を営んでいる。

<A子さんの公的年金制度の加入暦>

  • 昭和42年 4月~昭和46年 3月:厚生年金保険(脱退手当金を受給)
  • 昭和46年 4月~昭和51年 9月:国民年金(保険料は未納付)
  • 昭和51年10月~平成11年 9月:国民年金(保険料納付済期間)
  • 平成11年10月~平成14年 3月:国民年金(保険料全額免除期間)
  • 平成14年 4月~平成18年 6月:国民年金(保険料半額免除期間)
  • 平成18年 7月~平成20年12月:国民年金(保険料4分の1免除期間)

(3) A子さんが平成21年7月(60歳6ヵ月)に老齢基礎年金の繰上げ請求をした場合、受給できる年金額について、計算式((2)で計算した部分の計算式は省略してよい)を示して算出してください(年金額は平成19年度価格)。

※本日は(3)のみ解説します。

【解説】

(2)の計算式を再掲します。

792,100円× 276月+30月× 1 +51月× 2 +30月× 5
3 3 6
    480月  

=569,322円≒569,300円

これが、A子さんが65歳から受給できる老齢基礎年金の年金額

です。 それを60歳6ヵ月から繰り上げるのですから、繰り上げる

月数は54月です。また、繰り上げたときに減額される率は、

繰り上げの対象となる年金額の1000分の5、つまり0.5%です。

569,300円-(569,300円×0.5%×54月)=415,589円≒415,600円

というわけで、60歳6ヵ月から老齢基礎年金を全部繰上げした

場合の年金額は、yen415,600円です。

***************************************************

今日はこれから、職安で雇用保険説明会です。

本当ならこの説明を受けて、17日に初めての失業の認定を

してもらう予定でした。

待期期間の7日間を過ぎていて、自己都合による基本手当の

支給制限中の最初の1ヵ月のうちに、職安の紹介で就職が

決まったので、再就職手当を受給できますねdollar

昨日の勉強 :年金アド2級試験の見直し

本日の勉強予定 : 年金アド2級試験の見直し

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

|

« 老齢基礎年金の年金額 | トップページ | 厚生年金基金加入者の老齢厚生年金の年金額 »

コメント

yukiさんこんばんは!
就職おめでとうございます。
開業に向けて一歩前進ですね(^-^)
新しい環境に慣れるまで大変だと思いますが、頑張ってください。 年金だけでなく、実務等もご指導のほど宜しくお願い致します。

投稿: ヂェーン | 2008年3月 7日 (金) 22:46

【ヂェーンさま♪】

おはようございます。
ありがとうございます!!

将来開業する意思があるのを承知で雇ってくださいました。
ありがたいことです。

書ける範囲で事務所での出来事なども書こうと思ってますので、
よかったらご覧になってくださいねnote

投稿: yuki | 2008年3月 8日 (土) 06:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/148804/11039802

この記事へのトラックバック一覧です: 全部繰上げの老齢基礎年金Ⅱ:

« 老齢基礎年金の年金額 | トップページ | 厚生年金基金加入者の老齢厚生年金の年金額 »