« 65歳からの老齢厚生年金② | トップページ | 60歳台前半の在職老齢年金 »

2008年2月20日 (水)

加入可能年数と老齢基礎年金額

 。・・。・・。・・。2008年は ”進年”!。・・。・・。・・。

【年アド2級 2003年(第94回) 問6(1)②】

 E夫さん(昭和13年(1938年)4月2日生まれ)は、現在、在職老齢年金を受給しており、来月65歳を迎える。そこで、65歳からの年金受給について相談があった。

 E夫さんの公的年金の加入暦は次のとおりである。

  • 昭和35年(1960年)4月1日から平成8年(1996年)3月31日:甲社に勤務し厚生年金保険に加入
  • 平成8年(1996年)4月1日から60歳に達するまで:国民年金に加入し保険料を納付
  • 平成10年(1998年)4月1日から平成15年(2003年)3月31日:乙社に勤務し厚生年金保険に加入

 E夫さんの65歳到達時の厚生年金保険の平均標準報酬月額は、平成12年の年金改正後は440,000円、改正前は412,000円である。

(1) E夫さんが65歳から実際に受給できる①老齢厚生年金および②老齢基礎年金の年金額について、計算式を示して算出してください(年金額は平成19年度価格。計算途中の円未満は四捨五入すること)。

※本日は②についてのみ解説します。

【解説】

今回も、E夫さんの加入暦を書いておきます。

  • s.35.4.1~h.8.3.31 厚生年金 → 36年(432月)
  • h.8.4.1~60歳到達時まで(h.10.3.31) 国民年金 → 2年(24月)
  • h.10.4.1~h.15.3.31 厚生年金 → 5年(60月)

同じように、E夫さんが65歳から受給できる年金の図も(^^)

65歳
老齢厚生年金
経過的加算額
老齢基礎年金

さて今日は老齢基礎年金を計算してみましょう。

◎老齢基礎年金

 まず、国民年金の被保険者としての保険料納付済期間を

 だしてみましょう。

 これも経過的加算と同じで、原則としてs.36.4以降の20歳以上

 60歳未満の期間です。国民年金法(拠出制)が施行されたのが

 s.36.4で、国民年金は原則20歳以上60歳未満の者が

 被保険者ですから(^^)

 さてではE夫さんの保険料納付済期間を出しますよ♪

  • s.36.4~h.8.3の厚生年金保険加入期間 420月
  • h.8.4~h.10.3の国民年金加入期間 24月

 実はこの2種類だけです。h.10.4~h.15.3の期間は、

 60歳以上の期間なので含まれません。

 また、もしも保険料免除期間が含まれていたりすると、もっと

 ややこしい計算になります(^^;

 で、E夫さんの保険料納付済期間は、420月+24月の444月

 ということが分かりました。

 「あ~E夫さん、480月に足りないよ… 満額もらえない…」

 と思われたあなた、なかなか目のつけどころが良いかもwink

 そう。原則だとE夫さんは満額の老齢基礎年金は受給できません。

 480月の保険料を納付していないとダメですから。

 しか~~し!!! 国民年金はs.36.4施行という比較的新しい

 制度です。 例えばs.6.4.2生まれの人の場合、国民年金法が

 施行されたときにすでに30歳です。 どんなに頑張っも、

 480月(40年)加入することは不可能ですよね?

 そこでお国が考えてくれました。 施行時に20歳以上の人に

 ついては、その生年月日に応じて加入しなければいけない

 年数を調節してあげましょう。だから心配しなくていいですよhappy01

 これが、『加入可能年数』です。 この加入可能年数以上

 保険料納付済期間があれば、満額の老齢基礎年金を受給

 できるんです!

 ではE夫さんの加入可能年数は、何年でしょう。

 これも試験当日は試験問題にくっついてきますから、心配

 ありません。

 s.13.4.2生まれですから、加入可能年数は『37年』です。

 37年=444月ですね♪

 そう。444月加入していないといけないE夫さんは、444月の

 保険料納付済期間がありますから、444月加入したということ

 で、満額の老齢基礎年金を受給できるんですdollar

 ちなみに平成19年度価格の満額の老齢基礎年金は

 『792,100円』です。

***************************************************

いかがでしたでしょうか。 この3日間で解説したこの問題が

もっとも基本的な計算問題だと思います。繰上も繰下もなく

シンプルに年金額を算出する問題ですから(^^)

明日からは、2004年問5を取り上げたいと思っています。

***************************************************

昨日の勉強 :年金アド2級過去問、衛生管理者過去問

本日の勉強予定 : 年金アド2級過去問、衛生管理者過去問

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

|

« 65歳からの老齢厚生年金② | トップページ | 60歳台前半の在職老齢年金 »

コメント

yukiさん、こんばんは。
毎日、復習させてもらっています。!(^^)! 感謝!感謝!
それにしても、過去問の答えを全て書き換えたのですか・・・
すごいな~ 私は知識がごっちゃになると思って、4年分の過去問しか手をつけていませんが、試験の後も知識を定着させる
ために、書き換えやってみます(今からじゃ間に合わないので
試験終了後にやりま~す(^.^))
今日の解説にて出てきた、老齢基礎年金の加入可能年数。昭和16年4月1日以前生まれの人でも480月で計算してしまうことがあるので、注意しなくちゃ!明日以降も、宜しくです!

投稿: ヂェーン | 2008年2月21日 (木) 00:00

【ヂェーンさま♪】

おはようございます(^^)

答えの書き換えは全部やってみましたが、
日ごろ解いている過去問は5年分です(^^;

年金は経過措置が多くて、ポカミスをしやすいので、
お互い気をつけましょうhappy01

投稿: yuki | 2008年2月21日 (木) 09:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/148804/10633234

この記事へのトラックバック一覧です: 加入可能年数と老齢基礎年金額:

« 65歳からの老齢厚生年金② | トップページ | 60歳台前半の在職老齢年金 »