« 楽しい祝賀会を、ありがとうございました。 | トップページ | 2007年を振り返って(^^) »

2007年12月26日 (水)

継続事業の延納回数は、何回でしょう?

すっかり遊びすぎてしまいました(+_+)

心を入れ替えて、頑張りますです(#^.^#)

【徴収 H19-災問8-C】

所定の要件を満たす継続事業の事業主については、延納の申請をした場合には、第1期から第4期までの各期に分けて概算保険料を納付することができる。

実は、非常に単純な論点です。落ち着いて問題文を読めば

すぐに正解できると思います。

ただ本試験では、落ち着いて読んでいるつもりでも、なかなか

落ち着けていなかったりするものなんです(^^;

【解答】 ×

【解説】

延納は、継続事業については年度単位で、有期事業に

ついては事業終了までで、延納回数が決まります。

まずは、継続事業ですが、1保険年度につき最大3回です。

おっと、これが論点ですね(^^)

問題文では「第1期から第4期」と、4回延納できるという風に

書いてあるので、誤りです。

ここが、「第1期から第3期」であれば、正しい肢になりますね。

では、有期事業は最大何回まで延納できるでしょうか?

実は上限がありません。事業終了までを4ヶ月ごとに区切って

延納し続けます。これは、有期事業には保険年度というものが

ないために、起こる現象です。ですから例えば、事業終了まで

10年である有期事業なら、「第30期」なんてのがあるわけです。

ちなみに、一括有期事業は継続事業と同様に扱います。

ここで、継続事業・有期事業ともに、延納できる要件を

確認しておきましょう。

①継続事業の場合

  1. 事業主が概算保険料申告書の提出時に、延納の申請をすること
  2. 概算保険料額が40万円以上であること(労災保険又は雇用保険のいずれか一方の保険関係のみが成立している事業については20万円以上であること)
  3. 労働保険事務組合に労働保険事務処理を委託していること

 1. は、必ず満たしていなければいけない要件です。

 2. と3. については、どちらか一方を満たしていれば

 OKです。 つまり、継続事業が延納できるパターンは

  • 申請 + 概算保険料が40万円以上
  • 申請 + 労災保険の保険関係成立で概算保険料が20万円以上
  • 申請 + 雇用保険の保険関係成立で概算保険料が20万円以上
  • 申請 + 労働保険事務組合に労働保険事務処理を委託

 以上の4つがある ということですね。

 もし、保険年度の中途に保険関係が成立した場合は、

 その成立が9月30日までであれば延納することができます。

 ただし、10月1日以降に成立した場合は、絶対に延納

 できません。

②有期事業の場合

  1. 事業主が概算保険料申告書の提出時に、延納の申請をすること
  2. 事業の全期間が6月を超えていること
  3. 概算保険料額が75万円以上であること
  4. 労働保険事務組合に労働保険事務処理を委託していること

 こちらも継続事業の場合と同じく、1. と2. は必ず満たして

 いなければいけません。 3. と4. については、どちらか

 一方を満たしていれば延納できます。

 つまり、有期事業が延納できるパターンは、

  • 申請 + 全期間6月超え + 概算保険料が75万円以上
  • 申請 + 全期間6月超え + 労働保険事務組合に労働保険事務処理を委託

 以上の2つです。

ここでもうひとつ、大切なことを!

延納できるのは、概算保険料だけです。

確定保険料や印紙保険料は延納できません。

では、関連過去問を☆

今回は1肢ではなく、1問まるごと載せちゃいます(≧∇≦)

【H14-雇問10】 ※一部改題しています。

α社の事業内容等は次のとおりである。

α社に係る平成14年度の概算保険料の延納の仕方として適切なものはどれか。

  1. 継続事業
  2. 平成19年度の概算保険料 : 428,000円
  3. 労働保険の保険関係の成立年月日 : 平成19年6月15日

A 延納の申請を行った上で、最初の期分142,668円を7月31日までに、第2の期分142,666円を8月31日までに、第3の期分142,666円を11月30日までに申告納付。

B 延納の申請を行った上で、最初の期分142,668円を8月4日までに、第2の期分142,666円を8月31日までに、第3の期分142,666円を11月30日までに申告納付。

C 延納の申請を行った上で、最初の期分285,334円を8月31日までに、次の期分142,666円を11月30日までに申告納付。

D 延納の申請を行った上で、最初の期分214,000円を8月4日までに、次の期分214,000円を11月30日までに申告納付。

E 延納の申請を行った上で、最初の期分214,000円を8月31日までに、次の期分214,000円を11月30日までに申告納付。

****************************************************

昨日の勉強 :衛生管理者過去問

本日の勉強予定 : 年金アド2級過去問、衛生管理者過去問

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

|

« 楽しい祝賀会を、ありがとうございました。 | トップページ | 2007年を振り返って(^^) »

コメント

yukiさん、祝賀会はとっても楽しかったようですね(#^.^#)
ビンゴで頂いたチョコレートはきっと美味しかったでしょうね!

今日のタイトル「延納」ですが、この辺で必ずと言っても
いいほど出てくる「確定保険料は延納できる」という問題に
いつもいつもひっかかっておりました・・・(+_+)

問題作成者の文書作成レベルが高いのか、私がただ単に
注意力がナイのか・・・(泣)

問題文は落ち着いてしっかり読まなくてはいけませんね(^_^;)

投稿: スライム | 2007年12月26日 (水) 17:27

【スライムさま♪】

祝賀会、本当に楽しかったです(^o^)
何度でも参加したいです~ O(≧∇≦)O
チョコレート、美味しかったです♪

実は私も、「確定保険料は延納できる」に、かれこれ2年半近く
引っ掛かりっぱなしでした(^^;

読み飛ばし撲滅運動にも参加したにもかかわらず、
本試験でも読み違えをやらかしてしまいました(+_+)

座禅にでも通ってみましょうかねぇ f(^^;)

投稿: yuki | 2007年12月27日 (木) 08:35

yukiさん ご無沙汰でした~
今年一年本当にありがとうございました。
こうして頑張ることができたのはyukiさんのひたむきさに励まされていたからだとしみじみ思います。
私はこのお正月期間、ネット自由人からPC通じない星人に変わってしまいます(泣)。
ということで早々に今年最後の書き込みになっちゃいますが、
どうぞよいお年をお迎えくださいね。来年もどうぞよろしくお願いします。(^_^)/

投稿: まりは | 2007年12月30日 (日) 09:08

【まりはさま♪】

遅くなってしまいました・・・ ごめんなさいm(_ _)m
こちらこそ、まりはさんに随分と助けていただきました。
本当に有り難うございました。

社労士のことだけでなく、育児のことや確拠アドのことでも
いろいろと教えていただきましたね(^^)

来年は、まりはさんにとっては、きっと飛躍の年になりますね。
開業についてのことなど、また色々と聞かせてください(^^)
来年もどうぞよろしくお願いします☆

投稿: yuki | 2007年12月31日 (月) 13:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/148804/9443643

この記事へのトラックバック一覧です: 継続事業の延納回数は、何回でしょう?:

« 楽しい祝賀会を、ありがとうございました。 | トップページ | 2007年を振り返って(^^) »