« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月30日 (金)

本来、法律に書くことやないやろ~・・・

【労一 H19-問1-B】

次世代法第3条には、次世代法の基本理念として、「母が子育てについての第一義的責任を有するという基本的認識の下に、家庭その他の場において、子育ての意義についての理解が深められ、かつ、子育てに伴う喜びが実感されるように配慮して行われなければならない。」と規定されている。

それにしても、「子育てに伴う喜びが実感されるように~」なんて

いう規定を法律に盛り込まないといけないなんて・・・

ちょっと悲しいことですね。

【解答】 ×

【解説】

これは、きっとこの条文を読んだことがなくても、

正解できそうな選択肢です。このご時世ですから(^^;

落ち着いて読めば分かると思うのですが、端的に言うと

「子育ては母親の責任だ!」というようなことを書いてあります。

このことに気がつけば、この選択肢が誤りであることは、

明らかですよね!

それでなくても、家事も分担ね♪ なんていう家庭が増えている

今の世ですから、育児の責任を母親にだけ押し付けた日には、

世の女性たちからどんなクレームがあるか、分かったものでは

ありません(笑)

このように、一般常識、とりわけ労働一般については、

世間の空気や自分の常識で判断できるものも、あるんです。

実際、私は択一の労一5問のうち、問1以外の4問、つまり

統計系統の問題を、自分が事業主なら・・・という視点から

考えて、全問正解することができました(^^)v

あ~、話がかなり逸れてしまいました(^^;

では、最後に正しい条文を。。。

次世代法第3条  基本的理念

次世代育成支援対策は、父母その他の保護者が子育てについての第一義的責任を有するという基本的認識の下に、家庭その他の場において、子育ての意義についての理解が深められ、かつ、子育てに伴う喜びが実感されるように配慮して行われなければならない。  (『Sha-ra-run』より条文引用)

****************************************************

昨日の勉強 :年金アド2級過去問、衛生管理者過去問

本日の勉強予定 : 年金アド2級過去問、衛生管理者過去問

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年11月29日 (木)

気を取り直して・・・

しばらく更新をサボってしまいました・・・

ずっと、名古屋と京都の余韻に浸っておりました(^^;

ちょっと浮かれてしまっていたようです。

社労士受験で、『平常心』の大切さをヒシヒシと感じたと

いうのに、これではいけませんね f(^^;)

現在、メインの勉強は第一種衛生管理者です。

関係法令、労働衛生、労働生理 というカテゴリーに分かれて

いて、関係法令には安衛法と労基法が出てきます。

テキストを一通り読み終えたので、先日から過去問に

取り掛かりました。

試験では、関係法令と労働衛生が、有害業務に係るものと

そうでないものの2つに分かれているので、全部で

5つのカテゴリーから成っています。

合格基準の目安は、

総得点60%以上、かつ、各カテゴリーで40%以上

だそうで、社労士試験と同じく基準点方式です。

労働衛生と労働生理に、頭を悩ませています。

特に労働生理は、血液の循環だの筋肉の働きだの

ちょっと看護師さんのよう。

とにかく、受験を決めた以上、最後まで頑張ろうと思います。

明日からは、できるだけ毎日、更新するつもりですので

またお付き合いくださいね♪

ちなみに、明日は、平成19年の社労士試験から1問を

取り上げる予定です!

****************************************************

昨日の勉強 :年金アド2級過去問、衛生管理者過去問

         労基法

本日の勉強予定 : 年金アド2級過去問、衛生管理者過去問

            労基法

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年11月25日 (日)

昨日は京都が熱かった!!!

昨日は、京都に出没しました(^^;

たくさんの社労士の先生方と、たくさんの今年の合格者の方に

お会いしてきました。

私が着いた席の前に、偶然、開業社労士の先生がいらした

ので、かなり貴重なお話をお伺いすることができました(^^)

また、大阪のお○○く先生や京都の○○院先生にも

かなり貴重なお話をしていただきました。

これまで、生講義にも勉強会にも参加したことがなかった

私にとっては、本当に貴重な時間でした。

また、この1年間ずっと励ましあってきたa-ringさんと、

この1年間ずっと応援してくださったryoさんのお2人とも

お会いできて、嬉しかったです。

昨日ご一緒させていただきました先生方、有資格者の皆さま、

ありがとうございました <(_ _)>

今後とも、どうぞ宜しくお願いいたします。

****************************************************

昨日の勉強 : なし

本日の勉強予定 : 年金アド2級過去問、衛生管理者テキスト

            労基法

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

| | コメント (12) | トラックバック (1)

2007年11月24日 (土)

名古屋が熱かった!!!

昨夜の祝勝会&激励会は、初めてお会いする方ばかり

だったのですが、そんな感じはまったくありませんでした♪

3時間もの間、話が尽きることなく、危うく新幹線に

乗り遅れるところでした(^^;

勉強方法のこと、予備校の祝賀会のこと、今後のこと・・・

いろいろタメになるお話をたくさん聞かせていただきました。

もちろん、名刺交換もさせてもらいました(^^)

皆さん、本当にいい方たちで、私は涙がちょちょぎれる

思いでございました。

今日、仕事がなければお昼過ぎまでいたのに~~~!!!

ただ、この1年私がずっと原動力としていた合格体験記を

書かれた方にお会いできなかったのが、残念でした。

もしかしたら、参加できるかも!と言っておられたので

ご本人から、書かれていたことをお聞きしようと思って

いたんですよね~。

また、近いうちにみんなと再会したいなぁ~(^^)v

ドラえもん、どこでもドアを出してよぉ~~~(涙)

****************************************************

昨日の勉強 : なし

本日の勉強予定 : 年金アド2級過去問、衛生管理者テキスト

            労基法

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月23日 (金)

やっと会えるぅ~~~v(≧∇≦)v

実は、昨夜から名古屋に来ています(^^)v

ずっと応援してくださった先輩や、同期合格できた仲間、

そしてリベンジ組の仲間たちと祝勝会&激励会です♪

のんびりと観光を楽しんだら、みんなで弾けます!

私は、お酒は呑めませんが、テンションは負けませんよ(^o^)

ただ悔しいのが、今夜のうちに帰らないといけないこと。

明日は、仕事です・・・  途中まで・・・・  !?

娘をダシに使って、15時で早退。そのあとは・・・

日曜日の更新まで、ひ・み・つ♪

****************************************************

昨日の勉強 : 年金アド2級過去問、衛生管理者テキスト

         労基法

本日の勉強予定 : 年金アド2級過去問、衛生管理者テキスト

            労基法

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007年11月22日 (木)

衛生管理者、誰にする?

今、第一種衛生管理者の取得に向けて勉強中なのですが、

テキストの最初の項目が、安衛法 (ー_ー)

あまり得意ではないので、イキナリ「う~~~ん」と

唸ってしまいました(苦笑)

でも、問題を見てみると、安衛法に関しては、結構社労士

受験の知識でなんとかなるものが多い!!

というわけで、公表されている過去問で、最新のものの

中から1問1答で紹介します。

【第一種衛生管理者 平成19年4月1日公表 問23(3)】

常時300人の労働者を使用する医療業の事業場において、衛生管理者2人を第二種衛生管理者免許を有する者のうちから選任している。

実はこの箇所、平成9年の社労士試験で出題されています。

【H9-問8-D】

製造業の事業条の事業者は、第一種衛生管理者免許を有する者、衛生工学衛生管理者免許を有する者、医師、歯科医師、労働衛生コンサルタント又はその他厚生労働大臣が定める者のうちから衛生管理者を選任しなければならない。

きっと、皆さんのテキストにも記載されていると思いますが、

衛生管理者の選任区分は、総括安全衛生管理者や

安全管理者のそれとは、少し違います。

衛生面を管理する立場の人なので、有害業務の勉強をしたか

どうかによって、衛生管理者となれない場合もあります。

業種区分 選任できる者
・農林畜水産業 ①第一種衛生管理者免許を有する者
・鉱業
・建設業    
・製造業(者の加工業を含む) ②衛生工学衛生管理者免許を有する者
・電気業 ③医師、歯科医師
・ガス業 ④労働衛生コンサルタント
・水道業 ⑤厚生労働大臣が定める者
・熱供給業
・運送業  
・自動車整備業 ※有害業務も勉強している
・機械修理業  
・医療業  
・清掃業  
・その他の業種 ①第一種衛生管理者免許を有する者
 
     
  ②第二種衛生管理者免許を有する者
    (※有害業務は勉強していない)
   
  ②衛生工学衛生管理者免許を有する者
 
  ③医師、歯科医師
  ④労働衛生コンサルタント
  ⑤厚生労働大臣が定める者
 

この表の通り、比較的衛生面にうるさそうな業種や、有害な

業務が行われるような業種では、有害業務を勉強していない

第二種衛生管理者免許を有する者を衛生管理者として

選任することはできません。

ですので、第一種衛生管理者試験問題のほうは、×

社労士試験のほうは、○ ということになります。

また、第一種衛生管理者試験問題のほうは、選任する人数も

書かれていますよね。

労働者数 選任人数
3,000 < 労働者数 6人以上
2,000 < 労働者数 ≦ 3,000 5人以上
1,000 < 労働者数 ≦ 2,000 4人以上
 500 < 労働者数 ≦ 1,000 3人以上
 200 < 労働者数 ≦  500 2人以上
  50 ≦ 労働者数 ≦  200 1人以上

この規模による選任人数も押えておくほうが良いと思います。

平成9年問8のA~Cで、問われています。

丸10年、出題されていませんから、何とも言えないのですが、

少なくとも答練では出題されることが多いでしょうし、

私のように、社労士合格後に衛生管理者を取ろうと思うかも

しれませんから(^^; 衛生管理者試験では、これらのことを

把握しておく必要があります(^^)

****************************************************

衛生管理者の勉強は、テキスト読みと論点突合せを同時に

やっています。 安衛法は、テキストもすらすらと読めましたが、

安衛法のあと、驚くほどたくさんの規則が出てきました(+_+) 

私の独断と偏見で、これからもあっちの問題こっちの問題と

紹介していきますが、もしリクエストがあれば、いつでも

お知らせくださいね。 できる限り挑戦してみます!!

昨日の勉強 : 年金アド2級過去問、衛生管理者テキスト

         労基法

本日の勉強予定 : 年金アド2級過去問、衛生管理者テキスト

            労基法

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年11月20日 (火)

今後の目標

3回目の受験生活では、過去2年間の受験生活とは、圧倒的に

自分の中に違うものがありました。

それは、

いつか開業したい!

という気持ちです。

それまでは、ただ単に「今の会社が潰れるのは時間の問題

だから、それまでに転職しなきゃ!」という思いだけでした。

それが、社労士になって開業して、人のお役に立てる仕事が

したい!と思うようになったのです。

今の私が開業してもダメ。10年間、きちんとした社労士

事務所でたくさんの事例を目の当たりにして、自分の中の

引き出しを増やさなきゃ。そのためには合格しなきゃ。

というわけで、私の開業予定は10年後です(笑)

なので、ブログのタイトルも「なが~~~い階段」なんです♪

私は、器用ではないので、一度にいくつものことをこなすことが

できません。例え表面上、出来ていそうな気配があっても、

中身は中途半端でどうしようもありません。

ずっと以前にこのブログで書いたことがありますが、

私は大学を中退しています。別に他に目的があったわけでは

ありません。ただただ自分がサボっていて単位が足りなかった

というだけのことです。

離婚もしました。

とにかく、ずっと中途半端な人生を送ってきました。

ですから、これからは「中途半端」は極力しないように

したいのです。

というわけで、発表待ちをしている間に、今後10年間の

計画をまたまたざっくりと立ててみました。

  • 10年間、社労士事務所でたくさんの事例を目にして、自分の知識と経験を増やすとともに、知識を知恵に変える訓練をする。
  • 10年後に開業するときに役に立ちそうな資格を取得する。(確定拠出年金アドバイザー3級もその一環です)
  • 開業時に同時に登録できるように、行政書士を取得する。

ここで発表してしまった以上、実現するべく努力しないと

いけませんね(^^;

ブログを立ち上げてからは、『公約』を守ろうと、結構自分に

追い込みをかけることが多くなっています(苦笑)

残り少ない今年度中に、衛生管理者と年金アドバイザー2級の

受験を考えています。

****************************************************

次回からは、社労士試験や確拠アド3級などについて

1問1答などをアップしていこうと思います。

昨日の勉強 : 年金アド2級過去問、衛生管理者テキスト

         憲法、労基法

本日の勉強予定 : 年金アド2級過去問、衛生管理者テキスト

            憲法、労基法

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2007年11月19日 (月)

私の過去問勉強法

ryoさんからリクエストのあった、私の過去問勉強法を

ご紹介したいと思います。ここ何日かの記事とかぶることが

多いのですが・・・(^^;

昨年までは、誤りの理由だけを書いていたのですが、今年は

正しい肢についてもその理由を書き出しました。

時にはキーワードだけでしたが、これも非常に自分の力に

なったと思います。もちろん確拠アドのときもやりましたよ(^^)

①1回転目 (11月~1月中旬)

一応、正誤の判断はしましたが、どちらかと言うと「解く」より

『読む』でした。正誤の理由を書き出し、解説やテキストを

読み、論点をあぶりだすことに重点を置きました。

そして、テキストと問題集の双方に、一瞬で飛んで行ける様に

リンクを貼りました。私のリンクの貼り方については、コチラ

②2回転目 (1月中旬~5月初旬)

これまた、正誤の判断もしましたが、それよりも出題されて

いる箇所をどの程度理解できているのか、ということを

分析しました。そして、理解できていないところは徹底的に

テキストを読み、ネット等で調べました。

そうすると、あ~~ら不思議(^^)

あるとき突然、「あっ!そういうことか!な~~んや、今まで

なんで分からへんかったんやろ~。」なんていうことに

なりました(^^)v 電気をつけたわけでもないのに、目の前が

一瞬にして明るくなります!! そして、他の理解できて

いない箇所も、やればできる!と思えるようになり、勉強が

どんどん楽しくなりました♪ 実際、他の理解できていない

箇所も同時に理解できるようになったことも、ありました☆

③3回転目 (5月初旬~7月)

理解が深まったので、問題を解くスピードも上がってきます。

この頃には、テキストに戻る問題も少なくなるのが普通

だと思うのですが、私は最後まで基本的にはすべての問題で

テキストに戻りました。 前年に、4月ごろからあまりテキストに

戻らなくなって失敗したからです。

とにかく今年は、過去問を解く回数よりも理解、テキストの

読込に時間を割きました。

過去問は、ただ解くだけでは意味がありません。

まさしく、昨年までの私は、ただ解いていただけでした。

しかし、出題箇所を理解するということに気付いてからは、

どこの予備校でも、どの先輩でも仰る、『過去問の重要性』の

本当の意味が分かりました♪

④超直前期(7月~8月)

ずっと1問1答で、理解を深めてきたわけですが、本試験は

言わずと知れた5択です。なので、この頃には、1日70問と

銘打って、1年分の択一の過去問を解きました。

もちろん、それぞれの肢の理由を書き出して、1科目30分で。

そして、理由を間違えたりあやふやだったりする箇所は、

徹底的にテキストを読み込み、不要な用紙に書き出しました。

こうして、少しでも理解できる過去問を増やして、

本試験に望みました。

過去2回の本試験では、問題文がなかなか頭に入って

こなかったのですが、今年はスルスルと入ってきました♪

それでも、いくつか落としてはいけない問題を落としています。

『本試験には魔物が棲んでいる』というのは、本当です。

脅しでも何でもありません。

予備校の先生方が、皆、口をそろえて仰います。

基本=過去問

私もそう思います。

過去問を制さずして、本試験を制することはできず!

初受験の方も、リベンジの方も、今一度、過去問の解き方を

見直されてはいかがでしょうか(^^)

※ryoさん、お応えできましたかしら(*'‐'*)

****************************************************

次回は、やっとブログタイトルの『なが~~~い』の意味が

分かりますよ! お楽しみに!!

昨日の勉強 : 年金アド2級過去問、衛生管理者テキスト

本日の勉強予定 : 年金アド2級過去問、衛生管理者テキスト

            憲法、労基法

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年11月17日 (土)

3年目の模試

2年目は、

iDE塾2回・真島塾1回・TAC2回・U-CAN2回

と、計7回も模試を受けました。

それぞれ、それなりに合格の気配を感じさせる点数を

取ることができたのですが、復習をきちんとできず、

消化不良を起こしてしまい、真島塾で労基択一が2点だった

のに、そのままにしてしまいました(+_+)

というわけで今回は、

TAC2回、iDE塾2回、真島塾1回の計5回にしました。

これでも、特に最終模試の復習は結構しんどかったです。

例によって例の如く、自宅受験で、なかなかまとまった時間が

取れず、ハーフ模試のような感じで受験しました。

本当なら、本試験とできるだけ同じ環境で受験した方が

いいのは分かっていたのですが、後からの復習のことを考え、

過去問や答練と同じように、それぞれの肢の理由を

書き出しました。

理由を書き出しながら一科目30分で解けたら、

当日マークする時間や見直しする時間が確保できる

という計算でした。

もし、自宅受験しかも丸1日を確保できない方には、

この方法は結構お奨めですよ(^^)

TAC1回目の選択式模試を始め、模試では選択式が思ったより

できませんでした。

その理由を一度じっくりと考えてみたのですが、せっかく

何度か聴講した選択式マスターで井上先生が仰っておられた

ことを、きちんと実践できていない!!ということに

行き当たりました。

実は私、今年の模試の成績(点数)を全く覚えていません。

順位もです。2年目の中盤あたりから過去問でも予想問題でも

模試でも、正解率ばかりを気にしてしまって、理解度をほとんど

気にしなくなってしまっていたので、今年は成績は全く気にせず

『どの肢を、どういう思考回路で間違えたのか』

ということを掘り下げました。

なので、今年の模試の点数も順位も、覚えてません(^^;

結局、特に最終模試できちんと正解を導き出せたところは、

定着しているので、見直す必要はほとんどないんですよね。

それよりも、間違えたところやあやふやなところを、徹底的に

やり込むことの方が、大切だと思います。(当たり前か【苦笑】)

****************************************************

次回は、ryoさんからのリクエストにお応えして、

この1年、過去問にどのように取り組んだかをまとめて

みようと思います。

昨日の勉強 : 年金アド2級過去問、衛生管理者テキスト

         憲法、労基法

本日の勉強予定 : 年金アド2級過去問、衛生管理者テキスト

            憲法、労基法

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年11月16日 (金)

3年目の学習方法③ 問題集3回転目と単発講座

過去問の3回転目は、5月に入ってからです。

2回転目に約4ヶ月費やしていたのですね。

自分でも、振り返ってみてビックリしました w(°o°)w

何と言っても3年目ですから、何度も間違えている問題の

ほとんどが3年間ずっと間違い続けている状態です。

ですので、平成17年と18年の問題は全問、それより以前の

問題については1回以上間違えたものを、なるべく短時間で

○×の判断をしていきました。

ただ、一度も間違えていない問題も、一応目を通して

正誤の判断はしていました。

そして、ここでも必ず問題集の解説(私の場合は昨年のもの

ですが)とテキストの該当箇所を読み、間違いノートを作成

しました。手に乗るぐらいの大きさのノートの左側に、

間違えた問題をそのまま書き写し、右側には自分なりの

解説を簡単に書きました。もちろん、テキストの該当ページ、

問題集の該当ページ、関連過去問の番号とページも

書き入れました。

ちょっとした隙間時間に、この間違いノートを見ていました。

そして、この頃から横断学習と不定着箇所の確認に

力を入れ始めました。

出勤時は不定着箇所、帰宅時は横断学習と決めていたんです。

横断については、テキストの表紙裏の白い部分に

月…労働者と使用者の定義

火…賃金と報酬の定義

といった感じです。

不定着箇所については、テキストの前から順番に番号を

書いた付箋を貼っておきました。毎朝、順番に確認していき

ました。番号を書いておくと、「明日の朝は10番から」と、

覚えて置きやすく、不定着箇所を満遍なく確認できるので、

ベンリでした。もちろん、定着箇所に変われば、付箋を

外していきました。

また、この頃には、単発講座も受講しました。

①ひよこ先生こと井上先生の選択式マスター

何度かカセットを聴講したにもかかわらず、

なかなか模試でよい結果が出せず、ちょっと凹みました(^^;

でも、結局、自分がうまく先生の仰る方法を使うことができて

いなかっただけでした。最終模試を受けて漸くそのことが

理解でき、本試験では井上先生の仰る方法で、あの労一を

落ち着いて考えることができました♪

②井上先生の白書講座

真島塾のかんぺき合格パックに白書講座があったので

迷ったのですが、井上先生がクレアールで教壇に立たれなく

なるということを耳にしたこともあり、衝動受講しました。

結果的に、この白書講座で仰っていたことを実践して、

択一労一で驚きの満点を取れました!!

③iDE塾の通達攻略ゼミ

戦友の一人であるよ~すけさん(最近めっきり

来ませんね~【笑】)が、某SNSで「目からウロコ」と書いて

いたのを見て、衝動受講しました(^^;

でも、これも大当たり!!! 本当に目からウロコでした。

④真島塾のかんぺき合格講座

(パックだったので、白書講座もついてました)

これまで基本的に独学一本できたので、それぞれの法律の

基本中の基本を、きちんとおさらいしようと思い、受講しました。 

このかんぺき合格講座についてきたテキストに、これまで

間違い続けた過去問の論点や、ここはこういう風に誤りを

作ってあったとか、こういう風に誤りを作れそうなんていうことを、

書き込みました。

かなり直前期でのこの作業は、正直、時間がもったいないかな

とも思いました。ところがどっこい!!!

このおかげで、非常に自分の力になりました。

すっきりすぎるほどすっきりしたテキストに、自分の弱点を

書き込むのですから、よく考えると、自分による自分のため

だけの弱点集ですよね♪ こんなによい見直しツールは

ありませんでした。

どれも受講して本当によかったと思います。

明日は、模試についてです。お楽しみに(^^)v

****************************************************

昨日の勉強 : 年金アド2級過去問、衛生管理者テキスト、

         憲法、労基法

本日の勉強予定 : 年金アド2級過去問、衛生管理者テキスト、

            憲法、労基法

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年11月15日 (木)

3年目の学習方法② 問題集2回転目と答練

問題集の2回転目に入れたのは、もう1月の終わりでした。

1回転目が終わったときに、ちょうどiDE塾から答練が届いた

ので、これ以降、過去問2回転目よりも先に答練に

取り組めるようにしました。

実は、前年も答練を受講したのですが、時間のなさを

いい訳にして、付いているカセットテープをほとんどと言って

いいほど聴講しませんでした。これも反省点の一つです。

もし、(ほとんどいらっしゃらないとは思いますが)通信講座を

受講していて、カセットやDVDを聴いたり観たりしていらっしゃら

ない方がいらしたら、是非、聴いてください。観てください。

今回はテープを聴講するために、倍速再生できるポータブル

カセットプレイヤーを購入しました。iPODは持っていたのですが

デジタル化する時間をうまく調達する自信がなかったので、

このご時世にポータブルカセットプレイヤーにしました(^^;

でも、これでカセットを聴くことがストレスではなくなりました。

これは、私の中では非常に大きかったです。

さて、過去問の2回転目。これは非常に時間を掛けました。

前年に9回も回したので、今年はとにかく理解に努めようと

思っていました。ですので、過去2年間にムリヤリ暗記した

箇所や答だけを覚えてしまっていた箇所を炙りだし、徹底的に

掘り下げました。2回転目で掘り下げた箇所には、国年の

老齢基礎年金の額や厚生年金基金があります。

よろしければ、参考にご覧ください。

老齢基礎年金の額(原則)については、コチラ

経過措置については、コチラ

厚生年金基金については、コチラ

この間も、お知り合いになった受験仲間や先輩方、また

現役の先生方のサイトやブログにお邪魔しては、記事を

プリントアウトしてテキストに貼り付けていました。

おかげで、6月ごろにはテキストは、ほぼ倍の厚さになって

いました。

次回は、過去問3回転目と単発講座についてです。

****************************************************

昨日の勉強 : 年金アド2級過去問、憲法、労基法

本日の勉強予定 : 年金アド2級過去問、憲法、労基法

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年11月14日 (水)

3年目の勉強方法① テキストへのマーキングと問題集1回転目

過去2年間の失敗を踏まえて、早いうちに年間の学習計画を

立てました。そして、必ずこれだけは守ろう!と決めたのは、

  • テキストには毎日目を通すこと
  • iDE塾や真島塾のHPの「今日のワンポイント」的なコメントを必ず毎日見て、単語帳に書き留め、テキストにも反映させること
  • 過去問をひたすら解く(結果的にこれはあまり守れませんでした。理由は後ほど・・・)
  • 誤りの理由があっているものだけを正解とする
  • 選択式は選択肢を見ず、まず自分で言葉を考える

の5つです。

後からさらに、

  • 同日に労働法と保険法を勉強する
  • ひよこ先生こと井上先生の1日1問を必ず毎日解く
  • 問題を解いて分からないことがあれば、必ず調べる。それでも分からなければ質問する。
  • 早い段階で横断学習を始める

というような項目も追加しました。

1問1答の問題集の作成も終わり、基本テキストが発売された

ので、本試験終了直後に見つけた高校受験のサイトで

知ったマーキング方法を取り入れることにしました。

割合や日付など数字に関するものは黄色、役職名は青、

その他の重要語句はピンクで統一しました。

でも、しばらくして、自分の苦手な箇所が分かるテキストに

するべきだったな~と思いました。

先日受験した確拠アドでは、間違えた箇所に鉛筆で線を引く

ことにしました。何度も間違える箇所も、何度も鉛筆で線を

引くので、よく分かります。そして、試験の一週間ぐらい前から

一向に出来るようにならない箇所を青でマーキングしました。

こうすると、見直す箇所が一発で分かりましたよ(^^)

また、マーキングも同じページを2~3回読みながら進めました。

結構時間はかかるのですが、テキストの読込不足を感じていた

私は、とにかく問題集に手を付ける前に、きちんと読み込もうと

思ったのです。このときに、できるだけ横断項目についても

お互いのページを書き入れました。

例えば、日雇労働被保険者と日雇特例被保険者の所に、

各々が記載されているページを書くのです。

こうした理由は、前年に横断学習用のテキストを別に購入した

のですが、主に電車内でテキスト読みをする私には、確認

しづらかったからです。基本テキストで確認できるようにして

しまえば、ずべてそれ1冊でことは足ります。

これは、私には非常に合っているやり方でした♪

いよいよ、問題集に手を付けることになりました。

1回転目は、テキストを読み込むこと、問題文の論点を炙り

だすこと、テキストとリンクさせること を目的にしました。

問題を読み、テキストで該当箇所を探し出し、テキストには

<18-2-E、5> と、問題集にはテキストのページを書き込み

ました。

ちなみに、<18-2-E、5> とは、「平成18年の問2のEで

問題集の5ページ」という意味です。

つまり、テキストから問題集へ、問題集からテキストへ と、

何か疑問を持ったときにすぐに飛んでいけるようにしたんです。

そして、該当箇所のテキストを熟読し、問題文の論点を

炙りだし、その論点をテキストに書き入れました。

前年に使っていた問題集の解説を読み、ネットでも調べて、

補足すべきことは、すべてテキストに集約しました。

とは言え、1回転目で完璧に出来るはずもなく、この作業は

最終模試が終わるまでは続きます。

次回は、過去問2回転目と答練についてです。

****************************************************

昨日の勉強 : 年金アド2級過去問、民法、労基法

本日の勉強予定 : 年金アド2級過去問、憲法、労基法

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年11月13日 (火)

3回目の受験生活

2年目の本試験を受けながら、まだまだ問題文が頭に

すんなりと入ってこないなぁ・・・と思っていました。

なんといえばいいのか、とにかく生地が練り足りない感じ。。。

要するに、理解が足りていなかったんです。

過去問を9回回しても、きちんと理解できていない箇所は

答を覚えただけだったんですね。

そこで、問題集を1問1答にすることにしました。とは言え、

予備校の問題集は発売時期が科目によってずれるし・・・

え~~い!自分で作ってしまえっ!!!

ということで、基本テキストが発売されるまでを目途に

A5のルーズリーフにエクセルで作成しました。

ただ、この方法はあまりお勧めできません。

何と言っても、改正が反映されませんし、かなりの労力が

必要ですから・・・

もちろん、ただ打ち込むだけではなく、ちゃんと問題を読んで

解答を出しながらでしたが。

また、本試験終了翌日に自分でブログを立ち上げました。

本試験日に、自己採点で労基2点で不合格ということを

把握していたので、モチベーションの維持に!と思ったのです。

最初は、とりとめもないことを書いていくつもりだったのですが、

だんだんと、「どうせやるなら、勉強の一環になるものを」と

思い始め、「1問1答」を始めることにしました。

その時に、Sha-ra-runのHaruさんに「私のブログでお名前を

出させていただいてよいか」とお尋ねしたところ、快く承諾して

くださったどころか、「条文を引用してもいいですよ」という

なんとも太っ腹なお返事をいただきました♪

おかげで、条文もたくさん読むことができましたし、何よりも

一つ一つの選択肢を丁寧に勉強するということができました。

これは、非常に自分の力になったと思っています。

それにも増して、これまではブログやサイトを拝見するだけ

だったのですが、コメントを残すようになり、おかげで本当に

たくさんの方たちとお知り合いになることができ、いろいろ

教えていただいたり、励ましていただいたり・・・ということが

起こるようになりました。

また、最短最速合格法というHPを見つけ、その中の

「合格クラブ」という有料コーナーに参加し、毎日ひよこ先生

こと井上先生の1日1問を解きました。

今でも私は、今回合格できたのは、

自分のブログと井上先生の1日1問を続けたこと

これが最大の要因だと思っています。

そして何より、平成18年に合格されたある方がとあるHPの

合格体験記に書かれていた、『本試験当日の最後の10分間』

に気迫のようなものをいただきました。

平成19年8月末日で、会社のドル箱がなくなってしまう!という

崖っぷち受験であったことも、大きく影響したと思います。

ただ、圧倒的に過去2回の受験生活と違ったものがありました。

これについては、後日お話しようと思います。

****************************************************

今日からまた、前日の勉強と今日の勉強予定を書いて

いこうと思います。なんだか勉強記録を残さないと

落ち着かなくて・・・(^^;

昨日の勉強 : 年金アド2級過去問、民法、労基法

本日の勉強予定 : 年金アド2級過去問、民法、労基法

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年11月12日 (月)

2年目に向けて・・・

1年目の受験が割りと近づいてきた頃、過去問題集を購入した

私は、その問題集とセットになっている基本テキストの存在を

知りました。

本屋さんで見てみると、全科目が1冊になってる!!!

「こんなんが、あったんか・・・  来年は、これを使おう♪」

この時点で、初年度の合格を諦めてますよね(^^;

そして、初受験が終わったときにネットで検索しまくり、

驚くほどのサイトやブログを発見しました。

完全独学の頼りなさを感じていたのですが、かと言って時間も

なかなか取れないから、本論講座系統はムリ。

(ここでも決め付けてました【汗】)

それに、過去問の勉強が足りなかったし。

法律の勉強をしているのに、条文を読んだこともなかったし。

こんなことを反省しながら、ざっくりとした年間計画を立てました。

  1. 一般常識と白書の講座を通信で!
  2. iDE塾っていう、なんか良さそうな学校があるから、そこの答練を受講する!
  3. 過去問は、10回回すことを目標にする!
  4. テキストは1冊ものにする!
  5. 条文をもう少し読む!

基本の軸は、このぐらいだったでしょうか。

ここでも思い立ったが吉日(こればっかり【汗】)で、9月の中旬

頃には、真島塾の一般常識と白書の講座、iDE塾の答練の

申し込みをしました。と同時に、Sha-ra-runの法令集会員にも

なりました。

そして、手当たり次第に合格体験記を読みました。

少しでも自分にできそうなことは、やってみました。

そして、この年は模試もいくつか自宅受験しました。

そのほとんどでギリギリですが合格できそうな点数を

取ることができました。

答練は2~3回、過去問に至っては9回回しました。

『これなら合格できる!!』

真島塾の模試の労基択一が2点だったことを、都合よく

自分の中から追い出して、こんなことを思っていました(^^;

そして2度目の本試験。

この時点で、会社のドル箱営業所がなくなるまで残り1年でした。

この1年に甘えてしまっていたのでしょう。

選択33点、択一41点でした。

真島塾の模試の択一労基2点を、そのままにしてしまった報い

なのでしょうか・・・  択一労基が2点でした。

結果的には、合計点では合格基準を満たせていました。

おまけに前年の26点に比べれば、かなりの伸び方です。

「もう1年、本気で勉強したら、絶対イケル♪」

やっと火がつきました。 遅っ!!!

****************************************************

次回は、昨年の本試験後のことについて書きますね♪

ちなみに・・・

皆さんは、これを読んで反面教師にしてくださいね(^^)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年11月10日 (土)

受験動機と1年目の私

合格発表から一夜明け・・・

実感が少しは湧くかと思いきや、湧きません (ーー゛)

今日は情けない1年目の私について書きたいと思います。

本当はあまり人目に晒したくはないのですが(苦笑)、

少しでも多くの方が私と同じ過ちを犯さないで欲しい

という気持ちから、書くことにしました。

まず、受験動機ですが、これはシンプルに『転職』です。

うちの会社のドル箱である営業所6箇所を、訳あって

ある会社に渡さなければならなくなったのです。

この譲渡までが正に3年だったんです。

転職するに当たり、何か資格が必要だな・・・と、漠然と

思ったのが始まりでした。

何年か前に本屋さんで手に取った本が、社会保険労務士

という資格についてのものでした。

それを思い出した私は、思い立ったが吉日!!ということで

早速その翌日に、ある通信講座に資料請求をして、届いた

資料をろくに見ることもせず申し込みました。

今思えば、このときの情報不足が最初の1年を棒に振った

最大の理由でした(悲)

数日後に届いたテキストを見て、少し自分に合わないような

気がしたのですが、申し込んでしまったのだし、何より

情報を仕入れていませんでしたから、他にたくさんの予備校や

市販テキストがあることすら知らなかったので、そのまま

続けるしかありませんでした。

労災のテキストが届くころに本屋さんで社労士Vという本に

出会いました。 遅っ!!(苦笑)

結局、通信講座と並行して社労士Vも購読することにしました。

このころの私は、勉強しているのではなく、ただただテキストを

何も考えずに読んでいただけでした。

社会保険科目に入ったあとは、もう何のことやらサッパリ。

似たような名前をみたな~なんて思っても、その科目の

テキストしか持ち歩いていないので、確認できず、かと言って

帰宅した時には疑問を持ったことすら忘れていました。

平成16年9月に勉強を開始して、翌年の8月に初受験。

シングルマザーで両親も近くにおりませんので、結局一度も

模試を会場受験したことはありません。

最初に受けた本試験が、初の本試験形式での受験でした。

こんな勉強とも呼べない勉強方法では、合格するハズも

ありません。結果は惨憺たるものでした。

選択・択一とも26点。

択一の国年にいたっては、0点でした・・・

***************************************************

次回は、1年目の本試験後の心境等について

書いてみようと思います。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年11月 9日 (金)

ついに、合格発表を見ちゃいました!!!

たった今、官報を見てきました。

おかげさまで、合格しておりました。

まだ、夢のようで、実感がありません。

3年間にわたって勉強してきて、特に最後のこの1年は、

本当にたくさんの方に支えていただきました。

ブログを見に来てくださった方、コメントをくださった方、

いくつかの掲示板でお知り合いになった方、相互リンクを

貼ってくださった方、メールのやりとりをさせていただいている

方、同期合格となる戦友のみんな、理解の足りていない箇所を

教えてくださりずっと見守ってくださった先生方や先輩方・・・

本当にありがとうございました。

私は今、やっとスタートラインに立ったところです。

これから、今まで以上に勉強していかなければいけません。

そして何よりも、困っている方たちのためにこの資格を活かさ

なければいけないと思っています。

頑張るゾ!!

最後になりましたが、合格された皆さま、おめでとうございます。

そして惜しくも合格を逃された皆さま、来年こそ絶対合格!

ですよ(^^)

****************************************************

このブログは、これからタイトルを改め、続けていきます。

明日からしばらくの間、私のこの3年間の勉強方法などを

振り返ってみようと思っています。

これからもどうぞ、よろしくお願いいたします <(_ _)>

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

| | コメント (21) | トラックバック (0)

2007年11月 8日 (木)

とうとう、明日ですね・・・

本試験が終わって、長い長いと思っていた発表日も

ついに明日となりました。

来年のリベンジに向け勉強を開始されている方、ボーダー上で

ヒヤヒヤしながら待っておられる方、点数的には大丈夫だけど

マークミスの不安でドキドキしていらっしゃる方などなど

皆さんそれぞれがそれぞれの思いで、この2ヶ月強を過ごして

こられたことでしょう。

私は幸い今年は、自分でも驚くほどの点数を取れているよう

なので、マークミスの不安から逃げるように他の試験を

受験してみましたが、過去2年間は、完全にアウトだったので

直後から勉強を開始していました。

それでも、ドキドキしながら試験センターのHPを見ましたが(^^;

明日は、会社でこっそり試験センターのHPを見てブログを更新

しようと思っています。

たとえどんな結果になっても、皆さんには結果をお知らせします

ので、もしよかったら見に来てやってください <(_ _)>

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »