« H19本試験を振り返る ~雇用Ⅱ~ | トップページ | H19本試験を振り返る ~一般常識(労一)Ⅰ~ »

2007年9月 5日 (水)

H19本試験を振り返る ~徴収(雇)~

【徴収(雇) 問8】

A ×  出たな、事務組合(^^)  ~業種を問わず、

     常時100人以下の労働者を使用する事業主 と、

     ここまで読んで、即座に×と。

     事務組合に委託できる事業主は、        

使用労働者数 業種
常時50人以下 金融業・保険業・不幸産業・小売業
常時100人以下 卸売業・サービス業
常時300人以下 上記以外の事業

     とされていますから、『業種を問わず』は違いますね♪

B ×  ラッキー!! 有期事業でも労働保険事務組合に

     事務処理委託できるもんね~(^^)v で、即座に×と。

C ○  厚生労働大臣の認可、事業主の団体又はその連合

     団体、( )内の法人でな一団体又は連合団体であって

     代表者の定めがないものを除く も、テイネイに確認

     して、○と。

     ※関連過去問 … H16-災問10-A

D ×  即座に×と。

     事務組合の認可を受けられるのが、事業主の団体等

     ということは、もともと何かの事業をしている事業主の

     集まりですよね。 まさか、事務組合の認可を受けたら

     それまでの仕事はやめて、労働保険事務に専念

     しなさい!!とは、たとえ厚生労働大臣でも言えません。

     ですから、『専業』ではなく、副業でOKです!!

E ×  私は、委託できない事務 を押さえていました。

     理由は簡単。 数が少ないから♪

     委託できないのは、印紙保険料手続、労災及び雇用

     保険の保険給付の請求等の事務手続とその代行、

     雇用保険三事業の事務手続とその代行 です。

     労災については、特別支給金の請求等の事務手続と

     その代行も行えません。

     ※関連過去問 … H18-雇問10-C

【徴収(雇) 問9】

A ×  またまたラッキー選択肢、発見!!!

     労災適用事業も雇用保険適用事業も、事業開始日に

     保険関係が成立するの!! なので、即座に×と。

     ※関連過去問 … H18-災問8-A、H15-

                 災問8-A

B ×  スラスラと読み進み、途中、これが○?と思いながら

     どんどん行くと、最後に「厚生労働大臣が事業主の

     申請に基づき認可した事業」・・・

     こんなん、ないわ~!! で、×と。

     二元適用事業に該当する事業は、

      ①都道府県及び市町村の行う事業

      ②都道府県に順ずるもの及び市町村に順ずるもの

       の行う事業

      ③6大港湾において行われる港湾運送の行為を

       行う事業

      ④農林水産の事業

      ⑤建設の事業

     です。 ①については、過去問で出題実績ありです。

C ×  暫定任意適用事業やな。 常時5人未満・・・ 法人で

     ある事業を除く・・・  んん? 「業種を問わず」?

     ここっ、ここっ!! ここが違う~~~! で、×と。

     農林水産業限定ですね。

D ○  賃金の定義は、かんぺきに押さえていたので、

     私にとっては、これもラッキー選択肢でした。

     徴収法における賃金は、名称を問わず、労働の対償と

     して事業主が労働者に支払うもので、通貨以外のもの

     で支払われるものについては厚生労働省令で定める

     範囲外のものを除いたもの とされています。

     また、通貨以外のもので支払われるものは、

       ・食事、被服、住居の利益

       ・所轄労働基準監督署長 又は 所轄職業安定

        所長が定めるもの

     とされています。

     ※関連過去問 … H17-災問9-A、H14-雇問8

                 -D、H13-災問9ーA

E ×  保険料の種類ね。 一般保険料・・・ 特別加入保険

     料・・・ 船員特別、船員特別保険料???

     バツ~~~!!

【徴収(雇) 問10】

A ×  概算保険料も認定決定できるやん!! で、×と。

     ※関連過去問 … H12-災問9-D

B ×  一瞬、○かと思ってしまいました(^^; 確定保険料の

     認定決定を受けたときの追徴金は、100分の10!

     あっぶな~~~(汗)

C ×  印紙保険料の追徴金ね。 100分の25・・・ ん?

     印紙保険料の額に100円未満の端数? ×。

     1,000円未満!!

D ×  ハッキリ知っていたわけではなかったけれど、

     こんなの聞いたこと無いもん! と、強気で×と。

     都道府県税事務所になんぞ、委託されてないです

     よね?

E ○  これは、判断できないとマズイ選択肢だと思います。

     徴収法、健保法、国年法、厚年法と、法律は違っても

     これらに共通する規定ですから、目にする機会も

     多いハズですから(^^)

     ※関連過去問 … H17-雇問9-各肢、H15-災

                 問10-E、H12-災問10-D、

                 H10-災問10-C

労災の徴収法では、おマヌケをかましましたが、雇用保険では

徴収法は満点☆ 得点源としての役割を果してくれました♪

明日は、労一 問1~3です♪ お楽しみに(*^^*)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

|

« H19本試験を振り返る ~雇用Ⅱ~ | トップページ | H19本試験を振り返る ~一般常識(労一)Ⅰ~ »

コメント

僕は雇用の方の徴収でおばかさんな行動に出てました。9-Bでなぜか○に…。
労災の方はよかったのに、こちらでおばかさんミスをかましちゃいましたね…。雇用の徴収法は3分の1も間違えて、雇用保険にカバーしてもらいました♪
普通逆だら(三河弁)!と、当然突っ込んでました。

ちなみに、マジメ路線はぼ・く!
ものすごくマジメでしょ(笑)!?

投稿: よ~すけ | 2007年9月 5日 (水) 12:15

【よ~さま♪】

普通、逆だら!(笑)
でも、模試や答練では、まずやらかさないことを
やらかしてしまう本試験って、やっぱ怖いよね・・・

マジメ路線・・・   ぼ・く?
まだ暑いからね~(笑)

投稿: yuki | 2007年9月 5日 (水) 15:43

yukiさん こんばんわ。 

>都道府県税事務所になんぞ、委託されてないですよね?

徴収法と言えば「焼き直し」の手間も惜しむ過去問そのまんまの術などのあらっぽい問題づくりが特徴ですが、「税務署」ならぬ「都道府県税事務所」まで持ち出してくるとはね。。敵も苦しい?

知名度のない「県税事務所」にはそれなりの苦労もあるようです。
勤めていた知人は電話で「県の税務署です」と言ってました。
分かりやすい?

追伸
やまねこさん、配達ご苦労様でした(^^)
またお願いしますね。

投稿: ryo | 2007年9月 5日 (水) 18:58

【ryoさま♪】

おはようございます(^^)

『県の税務署』って、分かりやすいですね。

徴収法は、もう問題にする箇所がなかなか見つかりませんよね。
予備校や受験生たちが『手抜き』だの、『丸写し』だのと言うから、
そう言われないように知恵を絞ったのかもしれませんね。

投稿: yuki | 2007年9月 6日 (木) 08:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/148804/7762232

この記事へのトラックバック一覧です: H19本試験を振り返る ~徴収(雇)~:

« H19本試験を振り返る ~雇用Ⅱ~ | トップページ | H19本試験を振り返る ~一般常識(労一)Ⅰ~ »