« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007年8月31日 (金)

H19本試験を振り返る ~労災Ⅰ~

【労災 問1】

A ×  これは、2年目の本試験前に別表第1の2を押さえて

     いて(そのおかげで去年の選択で業務上の方は

     取れました♪)、今年のテキストにも貼り付けて

     おいたので、即座に×と。

B ×  BとDで迷い、一旦一般常識まで行った後、舞い戻り

     ○と判断。しかし、その後全科目を終えた後に、また

     気になり、×に変更。 これが功を奏して、この問題を

     GETしました(^^;

     最初に一応、Dは、例示列挙だったよなぁ と思った

     のですが、迷いに迷いました。

     最後は、完全に何かに突き動かされて、答を変えた

     としか思えません。

     ちなみに、通勤による疾病とは、通勤による負傷に

     起因する疾病その他通勤に起因することの明らかな

     疾病 です。

     よく考えると、昨年の選択ですよね。

     何考えてたのかな・・・

     ※関連過去問 … H13-問1-D、H14-問2-D

                 H18-選択-D・E

C ×  事業場の施設内での休憩時間中の事故・・・ は、

     基本、業務災害やったよね~ と思いつつ、しかも

     この文章、どっかで見たしな~ などとも思いつつ

     「業務上の負傷に該当!!」と、×に。

     ごめんなさい、今もって、この文章どこで見たのか

     思い出せません(^^;

D ○  Bで書いたとおり、最初に例示列挙と思いつつ、最後

     の最後まで×にしていたのを、試験終了5分前に

     ○に変更。 おかげで1点、失わずに済みました(^^)

     ※関連過去問 … H14-問1-D

E ×  新たな業務上の事由によるものやなかったら、その

     疾病の原因は何年、何十年経っても、業務上なんや

     から、業務上と認められんとおかしいやん! という

     ことで、×に。

【労災 問2】

A ×  疾病は、医師の診断で疾病の発生が確定した日

      やったよな~ と思い、それが書かれていないので

      ×と。

B ×  一度は、○にしました。 で、よくよく考えてみると・・・

     スライドは変動のあった四半期の翌々四半期の初日

     からやったよなぁ・・・ と。 そうやん! 療養開始後

     1年6月経過日から適用されるのは、最低・最高限度

     額やんか~~~! ということで、×に。

C ×  年金給付基礎日額は、完全自動賃金スライド!!!

     いただきっ!! で、×に。

     年金給付基礎日額は、少しでも平均給与額が変動

     すれば、スライド制が適用されます。

     平均給与額が10%超で、スライド制が適用されるのは

     休業給付基礎日額ですね。

D ×  休業給付基礎日額は、1年6月経過時から最低・

      最高限度額が適用されるから、「支給すべき事由が

      生じた時期にかかわらず」が誤り~~~!

      ということで、即座に×と。

E ○  これは、完全に押さえてました!!

     一時金は、年金給付基礎日額に準ずる!! で、

     スライド制が適用されて、最低・最高限度額は適用

     されない。  だから、○。

     ※関連過去問 … H10-問3-A

【労災 問3】

A ○  翌月~当月。支給停止も、翌月~当月。

     で、即座に○と。

B ○  Aで考えたことが、そのまま問題になってる!!

     で、即座に○と。

C ×  支払期月は、原則、偶数月。 けど、消滅したときは、

     偶数月やなくても支払われるねん! で、即座に×と。

D ○  カンペキに押さえてました。 即座に○と。

     ※関連過去問 … H15-問2-C

E ×  内払と充当は、実は、横断確認事項として、直前期に

     入ってから週に1回は必ず巡ってくるように設定して

     毎週目にしていました。おかげで即答(^^)v

     ※関連過去問 … H16-問6-D (論点は

         違いますが、正しい規定を確認するための

         過去問ですね)

【労災 問4】

A ×  やっちゃいました(+_+) 薬局若しくは訪問看護事業者

     は、健保の保険医療機関等やんなぁ~ と思って

     思いっきり×にしちゃいました(^^;

     これを外しちゃ、ダメですね・・・

     指定病院等・・・

      ①労働福祉事業として設置された病院、診療所

      ②都道府県労働局長が指定する病院、診療所、

        薬局若しくは訪問看護事業者

     ※関連過去問 … H14-問2-B、H17-問7-E

B ○  労働基準法で何て定められてるかは知らんけど、

     業務災害やから、「必要な療養の費用」は使用者が

     負担して当然やん。 で、労災の療養の給付の範囲は、

     「政府が必要と認めるものに限る」や。そうそう(^^)

     で、○と。

     ※関連過去問 … H14-問2-A

     労基法75条1項で、

労働者が業務上負傷し、又は疾病にかかった場合においては、使用者は、その費用で必要な療養を行い、又は必要な療養の費用を負担しなければならない。

『Sha-ra-run』より条文引用

     と、されています。

C ○  おぉっ!! ラッキー!! ○。 と、即答。

     療養の費用の支給については、

      ①療養の給付を行うことが困難な場合

      ②療養の給付を受けないことについて労働者に

       相当の理由がある場合

      のいずれかに該当する場合に行われます。

     ※関連過去問 … H15-問3-B、H16-問3-A

D ○  これが、×ですね。

     負傷又は発病の年月日と傷病の発生状況については

     事業主の証明を受けなければいけないようです。

E ○  カンペキに押さえてました。なので、即答。

     二次健診等給付を受けようとするときは、健診給付

     病院等を経由して都道府県労働局長へ請求書を

     提出しなければなりません。

こんな感じで、労災の前半戦を終えました。

明日は、労災 問5~7です♪ お楽しみに(*^^*)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年8月30日 (木)

H19本試験を振り返る ~安衛~

【安衛 問8】

A ○  やっちゃいました(+_+)  ここを○にしちゃ~、

     いけません・・・  製造業は、300人以上ですね。

     100人以上に、何のひっかかりもなく、○を

     つけてます・・・(^^;

B ×  厚生労働大臣の定める研修を修了した者のうちから

     選任しないといけないのは、大卒で2年以上の労働

     安全の実務経験者 又は 高卒で4年以上の労働

     安全の実務経験者 から安全管理者を選任するとき

     だもんね~~~(^^)v で、しっかりと×を。

C ×  ~事業の実施を統括管理する者・・・ そうそう、統括

     管理する者よ~~ ・・・・・・・ ん? 又はこれに

     準ずる者???? 書いてなかったぞ、そんなこと!

     と思い、×に。

     ※関連過去問 … H12-選択-D

D ×  都道府県労働局長!! 出てきたな(^^) 統括安全

     衛生管理者で、都道府県労働局長が出てきたら、

     「勧告」 と思いつつ、読み進むと、案の定

     「改善命令」ときた!!!  これはカンペキ(^^)v

E ×  これは、悩みました。 もう、Aを○だと思いこんで

     ここまできてるので、統括安全衛生管理者やなくて、

     衛生管理者やろか?、統括管理させなければ・・・

     やなくて、「させることができる」やろか???

     これは、安衛則3条の2 第2号に、思いっきり

     そのまま書いてありました(+_+)  Eが正解ですね。

【安衛 問9】

A ×  これは、はっきりしなかったので、次の選択肢に

     進みました。で、DとEは、はっきりしたので、一度

     飛ばしてしまえばよかったのですが、何を思ったか

     残りのA~Cを読み比べてなんとなく「できなさそう」

     という判断をしてしまい、アウト!!

     今、こうして書いていて、たしかこれ、井出先生の声で

     聴いた記憶があるなぁ・・・ と(^^;

     通達攻略ゼミのよう。。。 直前に聴講しなおしたのに

     なぜ落とす???

B ×  これもよく分からないまま、なんとなく「派遣先事業者

     のみ」という文言にひっかかり、×と。

     今、調べてみると、派遣労働者は派遣元と派遣先

     双方で、カウントされるらしい・・・

     そのHPは、コチラ。  ん?? これも井出先生の

     声で聴いたような気が・・・(^^;

C ○  Bで「派遣先のみ」にひっかかり、Cでは「派遣元のみ」

     と書いてあるので、A~Cを読み比べて、結局Cに○。

     でも、Bのところに書いたように、派遣労働者は

     派遣元と派遣先の両方でカウントされるから、×。

D ×  これは、きっちり押さえてました。 ブログでのお題にも

     取り上げました。 H17-問8-Aです。

     なので、即座に×と。

E ×  これもDと同じく、押さえてました。で、即座に×と。

【安衛 問10】

結構、勉強するのが楽しくなっていた安衛なのに、結局

正解できたのは、この問10だけ・・・  o( _ _ )o ショボーン

A ○  ~長時間労働者に対する面接指導~  来た来た(^^)

     おっ!産業医!! 「勧奨」ときて○か、それとも

     産業医が面接指導をするべし ときて×か・・・

     さぁ、どっち!?   「勧奨」や~~~ん(^^) → ○。

     ※関連過去問 … H18-選択-E

B ○  ~健康診断個人票・・・  「5年」やで~~~  ・・・

      「5年」になってるやん!!! で、即座に○と。

      H12-問10-Cの、完コピです、この問題♪

      ※関連過去問 … H17-問10-E、

                  H12-問10-C

C ○  ~パートタイム労働者~~4分の3以上 とここまで

     読んで、多分○と判断。 健康診断のことだろうと。

     案の定、健康診断の実施でした。

     ※関連過去問 … H15-問9-B

D ○  ~要再検査・・・ 事業主に実施義務があるかどうか

     の問題やろうな~と思いつつ、読み進むとやっぱり(^^)

     ~義務付けられているものではない・・・ よしっ!ん?

     続くの~~? 有機溶剤・・・特殊健康診断 おっ!

     これは義務付けられてるで~~(^^)v で、○と。

     ※関連過去問 … H15-問9-C、H17-問9-C

       (どちらも一般健診についての問題ですが、これらの

       問題の解説には、特殊健診の場合は義務と

       書かれていることが多いと思います。)

E ×  これは、論点がはっきりしなかったのですが、他の

     4肢が○だったのと、なんとなく違和感を感じたので

     ×に。

     4行目の「歯科医師」が誤りですね。海外派遣労働者

     の健康診断については、定期健康診断と同様の項目

     及び厚生労働大臣が定める項目のうち、

     医師が必要であると認める項目について行うべし

     とされています。

こんな感じで、やや適当に解いた感のある安衛法・・・(^^;

おかげで、3問中1問しか正解できませんでした(+_+)

明日は、労災 問1~4です♪ お楽しみに(*^^*)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年8月29日 (水)

H19本試験を振り返る ~労基Ⅱ~

では、早速(^^)

【労基 問5】

A ○  この問題を読んで、GOOD・・・を連想したのは、

     私だけ? 実は先日、このGOOD・・・で派遣労働者と

     して働いているネットカフェ難民についてのテレビ番組

     を観たんですよね。深夜にやっていたので、HDDに

     録画しておいて(^^)  で、その時、集合場所から

     就業の場所までについても拘束時間になるのに、

     その分の賃金は支払われない・・・

     というナレーションが入っていて。 なんだか、その

     番組とGOOD・・・の子会社のコ○スンとが合体した

     ような問題やなぁ・・・ と。

B ○  仮眠時間が指揮命令下に置かれていたもの~ と

     いうことについては、直接は知らなかったのですが、

     ただ、客観的に定まるものだったよなぁ~ と思い

     ○と。

     ※関連過去問 … H14-問4-A(具体例が違い

       ますが、言いたいことは同じかな・・・)

C ×  ~タイムカード等~~~5年間!!! ここっ!!!

     3年や~~~ん(^o^) と。

     ※関連過去問 … H14-問7-B(問題文の”3”と

       ”5”を入れ替えただけですね・・・)

D ○  この「その事業場の週法定労働時間 × 変形期間の

     暦日数 ÷ 7」 という式は、押さえていたので、

     即座に○と。

     ※関連過去問 … H13-問6-A

E ○  専門業務型・・・ そうそう、協定に定めるのは1日

     当たりの労働時間♪・・・ 休憩、深夜業、休日は排除

     されないよ~~だ♪・・・ 割増賃金、払いなさ~い(^^)v

     ※関連過去問 … H15-問5-A、H9-問6-B

      (どちらも、『1日』のところが論点だった過去問です)

【労基 問6】

A ○  最初、(  )の中だけを見て、前者が多い!!と

     思ったら、「両者同じ日数」と書いてある!!!

     で、問題をちゃんと読み直したら(←おいおい【汗】)、

     前者は、4時間/日、5日/週 で、20時間/週。

     後者は、10時間/日、3日/週 だけど、30時間/週。

     ということは、前者は週4日以下じゃないし、普通付与。

     後者は、週4日以下だけど、週30時間だから、同じく

     普通付与。 な~~んや、おんなじやん♪

     危ない、危ない(^^;

     ※関連過去問 … H14-問5-A

B ×  有休を労働者がどう使おうと、労働者の自由・・・

     正常な運営の阻害を目的として職場放棄は有休の

     行使じゃない ってのが、過去問であったなぁ・・・

     そのままか??? と思いつつ読み進んでいくと、

     その過去問の後段部分が鎮座。 これは、同盟罷業

     やないから、有休権の行使やで!!

     ※関連過去問 … H14-問5-D

ここで、残りを読むのを止めようかとも思いながら、一応・・・

C ○  業務上傷病の療養のための休業、育児・介護休業の

     期間、産前産後休業の期間・・・ と、一応確認して○。

     ※関連過去問 … H18-問6-C、H12-5-E

D ○  これは、今年になって、ようやく意味が分かったところ。

     実は、短縮する期間をずっと誤解していました(^^;

     なので、すんなりと○。

     ※関連過去問 … H14-問5-C

E ○  労働日に含まれない日ね。 所定休日、使用者の

     責めに帰すべき休業日、争議行為で労務提供が全く

     なされなかった日・・・ と一応確認して、○。

     ※関連過去問 … H14-問5-E

【労基 問7】

これは、迷いました。A・B・Dはすぐに判断できたのですが、

CとEで、迷いに迷って、一旦保留にしました。

一般常識を解いた後、労働科目で一旦保留にしていた問題に

戻りました。その時、よく考えればCは当然なことであることに

気付き、またEのある部分に引っ掛かり、Cを選びました。

A ×  産後8週間を経過しない女性・・・ 就業禁止やん。

     ということは、産後6週間経過女性が請求+医師がOK

     した が出て、○かな・・・ なんて思いつつ読んでいくと

     管理監督者である女性が登場!! ほへっ!? と

     続きを読むと、産後6週間経過女性が請求 +医師が

     OKした が出てきました。 管理監督者だからって、

     産後すぐに働いていいわけないやんっ!!! と、

     何に対してだかよく分かりませんが、少し怒りを

     覚えつつ、×と。

B ×  妊婦さんと産婦さん・・・ 軽易な業務に転換。

      これは、妊婦さんだけね(^^)v 

      ふとした拍子に破水でもしたら、困るもの(*^^*)

      ※関連過去問 … H15-問6-C

C ○  これは、テキストにも答練にも出てこなかったけど、

     こんなもの、どっちかだけだよ! って、言われても

     困るわ~~~(+_+) 軽易な業務に転換したのは

     ええけど、たっぷりと睡眠をとりましょう!な、妊娠中に

     深夜業はキツイしな~・・・ なんて、二者択一は

     ないですよね。 一旦、問題から離れて戻ってきたら

     気がつきました(^^;

     ※関連過去問 … H12-問7-D

D ×  管理監督者には、時間外も休日も、元々適用されて

     ないもんね~(^^)v

     ※関連過去問 … H17-問5-B、H14-問4-C

E ×  育児時間ね。女性になってるし。1日2回、各々少なく

     とも30分 ってなってるし。請求できるになってるし。

     一応、CとEに?をつけて、ずずずぅ~~~~っと

     一般常識まで終えて、戻ってきました。

     そのとき、目に付いたのが、

     『労働時間の途中において』 という文言。

     こんなの、書いてなかったよなぁ・・・ Cも、当然のこと

     やし・・・ え~~~い、×や!!!

     ※関連過去問 … H17-問5-A、H15-問6-D、

       H14-問4-E (すべて、論点は違いますが、

       育児時間に関する過去問です)

こんな感じで、問7にやや苦戦したものの、楽しく労基法が

終わりました(^^)

明日は、安衛 問8~10です♪ お楽しみに(*^^*)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2007年8月28日 (火)

H19本試験を振り返る ~労基Ⅰ~

まずは、私の本試験の結果から・・・

【選択式】

  • 基安 5点
  • 労災 5点
  • 雇用 5点
  • 労一 4点
  • 社一 3点
  • 健保 5点
  • 厚年 5点
  • 国年 4点     36/40

【択一式】

  • 基安 8点
  • 災徴 8点
  • 雇徴 7点
  • 一般 8点
  • 健保 8点
  • 厚年 7点
  • 国年 7点   53/70

とまぁ、ひとまずアシキリは免れた様子・・・ f(^^;)

マークミスもひととおり、見直したので大丈夫だとは思いますが

おっちょこちょいな私のことですから、何があるか分かりません。

合格発表のその日まで、なんだか落ち着きませんね(^^;

それにしても、本試験直後はものすごいアクセス数!!!

昨日1日でこのブログに来てくださった方が、259人!!!!

アクセス数にいたっては、781件!!!!

驚きました(^^) 皆さん、ご訪問ありがとうございました。

では、これからが本題です♪

今日から毎日3~4問ずつ、本試験問題を振り返ろうと

思います。 私の答えと考えた過程やそのとき思ったことを

書き綴っていこうと思っていますので、よかったらお付き合い

くださいませ (^^)

なお、私が解いた、基安→災徴→雇徴→一般→健保→国年

→厚年 の順に掲載していきますので、ご了承くださいませ。

【労基 問1】

A ○  在籍型~それぞれ労働契約関係が存する限度で~ 

     と、ここまで読んで、『権限と責任に応じて』だ!!と。

     ※関連過去問 … H14-問2-A、H12-問1-D

B ○  「労働者」~代表権を持たない者 と読んで、

     「労働者」だ!!と。

     ※関連過去問 … H13-問1-C、H10-問1-E

C ○  組合専従員・・・ 会社との労働関係は存続・・・?

     どうやったけか・・・? で、Eを読んで即、○と判断。

D ○  労基法第36条第1項等~の等に引っ掛かり、

     う~ん・・・ で、Eを読んで即、○と判断。

E ×  労働者の国籍、信条、性別・・・ ここで、即、×と。

     性別は第3条には入ってへんもん!

     ※関連過去問 … H14-問1-A

【労基 問2】

A ○  賃金ね♪ 実費弁償として・・・

     これは、賃金やないやん・・・ 「賃金ではない」って

     書いてるやん♪

B ×  ~使用者が労働者に代わって負担する場合は と、

     ここまで読んで、「賃金やで~!!」と思いつつ

     ~労基法第11条の賃金には該当しない。 おっ、×!

     ※関連過去問 … H13-問3-A

ここで、残りを読むのを止めようかとも思いながら、一応・・・

C ○  解雇予告手当・・・ 賃金ちがう・・・ 「賃金ではない」

     よしよし(^^)

D ○  休業手当・・・は賃金やで・・・ 「第24条第2項が適用~」

     そうそう、一定期日払いは適用されるよ~♪

     ※関連過去問 … H13-問4-D

E ○  支給条件が明確な退職手当・・・ 賃金、賃金♪

【労基 問3】

A ○  平均賃金・・・ 時間給の人は、原則の額とで高い方

     やったよなぁ・・・ 60%やったなぁ・・・ と思いつつ

     あまり自信がなく、Eまで読んで、多分A・・・ という

     感じでずっと自信はなかったのですが、最後まで答を

     変えなかったのが、功を奏しました♪

B ×  これは、×だろうと思いながら読んでいたので、途中で

     きっと『子の看護休暇』って出てくるで~~ と思いながら

     読んでいくと、案の定、出てきたので×と。

C ×  賃貸住宅の居住者には3万円 まで読んで、「割増の

     計算の基礎には入れない」って来るなぁ、きっと・・・

     と思って読んでいくと、こちらも案の定、出てきました(^^)

     ※関連過去問 … H14-問3-C (関連というより、

      ほとんどそのままの出題です)

D ×  これは、以前このブログで書いたことがありました。

     ふと疑問に思っただけだったのですが、出題されていて

     驚きました。 たくさんの方にコメント欄にて教えて

     いただきました。あのときブログに書いてよかった(^^)

     その時の記事は、コチラ。 下の方に私の疑問を

     書いてあります。答えは、コメント欄ですよ。

     必ず、コメント欄を読んでくださいね~♪

E ×  これは、ちゃんと押さえていたハズだったのに、

     迷ってしまいました(+_+)  前々日にテキストを

     最初から見直していったのに、そういえば確認するの

     忘れちゃったな~・・・ おバカ・・・ と思いつつ。。。

    1日の時間外等の1時間未満の端数を毎日、切捨て

    切上げしてたら、大変だし、割増の金額もおかしくなる

    よな~・・・ ん~~~。 ×やろうなぁ・・・

    という自信のなさ のままでした(^^;

    『1日』じゃなくて、『1ヶ月』ですよね(^^;

    ※関連過去問 … H12-問4-D

【労基 問4】

A ×  これは、どこかがおかしい!!とは思いつつ、論点を

     見つけられないまま、自分の勘を信じて、×に。

     実は、年少者が解雇日から30日以内に帰郷する場合

     の、30日以内が、14日以内 なんですよね(^^;

     ※関連過去問 … H11-問6-D

B ○  これは、自信をもって○♪ 解雇制限期間中でも

     解雇できる! という画期的(?)な例外。

     打切補償を支払ったときと、天災事変等で事業の

     継続不可能+行政官庁の認定。

     これは、押さえてました(^^)v

     ※関連過去問 … H13-問2-B、H11-問6ーB

C ×  予告期間をおかず、又は解雇予告手当の支払を

     しないで労働者に解雇の意思表示をした場合・・・

     これは、即時解雇はできないけど、30日経過後に

     効力発生やったよなぁ・・・ ということで、Bが○だと

     いうことがハッキリしていたことも手伝って、×と。

     ※関連過去問 … H18-問7-A

D ×  3ヵ月の労働契約を2回更新 → 6ヶ月。1年未満

     やから、予告はしなくても差し支えへんな。 ということ

     で、×。

     ※関連過去問 … H16-問2-E(角度は違います

       が、同じ箇所からの過去問です)

E ×  季節的業務は、まず、4ヶ月以内の期間を定めて

     使用されている間は、予告不要やったな・・・ 8月25日

     から10月30日やから、4ヶ月以内やな・・・

     予告はいらん!!と。

こんな感じで、最初の4問は、割とスムーズに解けました(^^)

明日は、労基 問5~7です♪ お楽しみに(*^^*)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

| | コメント (24) | トラックバック (0)

2007年8月27日 (月)

終わりました(^^)v

とうとう、本試験も終わりました。

まだ、択一式の自己採点を終えていないので、

詳しくは、明日にでもアップしますが、

とりあえずの感想を・・・(^^)

今年は、奇問がなかったように思います。

選択式は、完全に基本事項でした。

ただ、労一で社労士法が出題されたのですが、不覚にも

イチバン大切である目的条文は、あまり真剣に目を通して

いなかったため(^^; 、個人的には少し苦労しました。

とはいえ、クレアールの選択式マスターの解法で、なんとか

分からなかった3つのうち、2つは正解できている様子(^o^)

今年の本試験は、本当に楽しかったです!!

最初から最後まで、楽しんで問題を解くことができました。

この1年間ずっと応援してくださった皆さまと受験仲間、そして

家族や友人といった、本当にたくさんの方たちのおかげで

途中で勉強を放り出すことなく、受験することができました。

本当に皆さま、ありがとうございました。

明日から、しばらくの間、『本試験を振り返るシリーズ』を

予定していますので、よかったら遊びに来てくださいね~(^^)v

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

| | コメント (11) | トラックバック (1)

2007年8月26日 (日)

最後まで諦めずに・・・ねっ!!

昨日の学習内容・時間

H先生1日1問、横断確認、弱点ノート

TAC模試のお土産問題、TACポイントチェックメール

テキスト読込(不定着箇所)              合計9時間

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

本試験日は とうとう 今日

もう、ジタバタしても仕方ありません。

ここまで来たら、腹をくくって(^^) 頑張りましょう♪

とにかく、最後の最後まで、「終了」の合図があるまで

絶対に諦めずに、問題に食らいつきましょうね(^^)v

毎日たくさんの方に読んでいただいて、多くの方から

コメント等で応援いただいて、そして多くの仲間ができて、

おかげで今回の1年間は、これまでよりも楽しく勉強

できました。 今年は、昨年合格した先輩からお守りを

送っていただきましたし、真島塾からは合格えんぴつを

いただきましたし。 本当に私にとっては、ありがたいことが

たくさんありました。 皆さんの応援を無駄にしないよう、

今日は精一杯、頑張ってきます!!!

昨年9月からの学習時間の累計も 1,290時間34分 

になりました(^^)v 頑張った分、必ず報われると信じて

絶対に最後まで諦めませんからね~~~~!!!  

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月25日 (土)

生計同一と生計維持

昨日の学習内容・時間

H先生1日1問、横断確認、弱点ノート

i塾最終模試、TACポイントチェックメール

テキスト読込(不定着箇所)        合計9時間40分

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

とうとう、本試験日は明日となりました。

なので、本日は、かる~~~く、生計同一と生計維持の違いに

ついて取り上げます。もうジタバタしても仕方ないですから・・・

  • 生計同一 … 両者の生活に一体性があることをいう。具体的には、消費生活上の家計が同一であることが一応の基準となる。
  • 生計維持 … 生計同一であって、維持されている者の年間収入が、将来にわたって850万円以上得られないと認められる場合。  ※労災では、一部を維持していれば足りるとされています。

年間収入が850万円未満・・・ 国民年金の加算額や厚生年金の

加給年金額のところ等で出てきましたよね。

本試験日は とうとう 明日! ガンバロウ!!

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

明日受験される皆さん、体調はなるべく万全で望みましょう!

よほどの事情が無い限り、絶対に試験会場へ行きましょう!

そして、とりあえず試験を受けましょう!

どうしてこんなことを書くかというと、昨年、ある事情で

受験しなかった人がいらしたからです。私が直接存じ上げている

方ではないのですが、試験当日、まさに私たちが受験している

最中にブログにてその心中を書いておられました。

私は、自分の不合格が確定しても泣かなかったのに、この方の

ブログを読んだときは泣いてしまいました。

ですから、必ず受験会場へ行って、とにかく受験しましょうね!!

買わないと絶対に当たらない宝くじと同じで、受験しないと

絶対に合格はありえませんから☆

<本日の学習予定>

H先生1日1問、横断確認、弱点ノート

テキスト読込(不定着箇所)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2007年8月24日 (金)

印紙保険料

昨日の学習内容・時間

H先生1日1問、横断確認、TAC中間模試

i塾中間模試、テキスト読込(不定着箇所)

                           合計9時間30分

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

印紙保険料といえば、雇用保険印紙と健康保険印紙ですね。

この2つのとっても特徴的な違いは、

  • 雇用保険印紙は定額、健康保険印紙は標準賃金日額に保険料率を乗じる方法によること
  • 雇用保険印紙は賃金を支払うつど納付、健康保険印紙は労働者を使用するつど納付

です。

特に2つ目の違いについては、

健康保険印紙の場合は、例えば8月1日から8月7日までの

賃金を8月7日にまとめて支払われる場合で、本当なら8月3日に

保険料納付要件を満たせるのに、もしも賃金を支払うつどに納付

という規定になっていたら、8月7日でないと保険料納付要件を

満たせませんよね。それでもし、その間に療養の給付を受ける

ような事態になったら・・・ ということが起き得るので、

労働者を使用するつど納付 という規定になっているそうです。

ちなみに、どちらの印紙保険料についても、追徴金は、

雇用保険の場合は『認定決定により納付すべき額』、健康保険の

場合は『保険者が決定した保険料額』の100分の25相当額

とされています。

本試験日まで あと ! ガンバロウ!!

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

これまでも、特別なことは何もしてきませんでしたが、

あと2日、今まで以上に、何も特別なことはしません。

手元にある教材で、自分の足りないところを補う。

これだけです(^^)

今日も、1日、図書館で缶詰・・・

昨日も3~4人、社労士の勉強をしている人を見かけました。

みんな頑張ってるんだなぁ・・・

私も、頑張らなきゃ!!

<本日の学習予定>

H先生1日1問、横断確認、i塾最終模試

答練、弱点ノート、テキスト読込(不定着箇所)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2007年8月23日 (木)

健保組合、厚年基金、国年基金、国保組合の設立要件

昨日の学習内容・時間

H先生1日1問、横断確認、年度別過去問

TACポイントチェックメール、テキスト読込(不定着箇所)

                           合計6時間15分

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

健保組合や基金の設立要件で、まずややこしいのが、

人数要件ですよね。

私は、簡単ではありますが、自分が使っているテキストに

出てくる順に、「700、3,000、1,000、3,000、1,000、5,000」と

唱えて覚えました。電車の中で声にならない声で、毎日のように

唱えていました。周りの人はきっと、「変な女がいてる・・・」と

思ったことでしょう (^^;

さて、今日も簡単な書き方をしていますし、端折ったところも

ありますので、気になった箇所が出てきたら、必ずテキストで

確認してくださいね♪

組合・基金 設立要件
健保組合 ①任意設立
  常時政令で定める数(単一:700人、総合:3,000人)以上の被保険者を使用する事業主が
  適用事業所に使用される被保険者の2分の1以上の同意を得て、規約を作成
  厚生労働大臣の認可を受けるべし
  ②強制設立
  厚生労働大臣は、常時政令で定める数(現在規定なし)以上の被保険者を使用する事業主に対し健保組合の設立を命ずることができる
     →今のところ、強制設立は行われたことがない。
国保組合 15人以上が発起人となり、規約を作成
  組合員となるべき者300人以上の同意を得ること
  都道府県知事の認可を受けるべし
国年基金 ①地域型(1,000人以上の加入員が必要)
  300人以上の加入員たる資格を持つ者の申出
  厚生労働大臣による設立委員の任命
  規約を作成し、創立総会を開催
  創立総会終了後、遅滞なく、厚生労働大臣の認可を受けるべし
  ②職能型(3,000人以上の加入員が必要)
  加入員となろうとする15人以上が発起人となること
  規約を作成し、創立総会を開催
  創立総会終了後、遅滞なく、厚生労働大臣の認可を受けるべし
厚年基金 単独設立:1,000人以上、総合設立:5,000人以上
  適用事業所に使用される被保険者の2分の1以上の同意を得て、規約を作成
  厚生労働大臣の認可を受けるべし

そして、当然のことながら、過去問も必ず確認してくださいね。

本試験日まで あと ! ガンバロウ!!

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

さぁ、今日から本試験日まで、突っ走りたいと思います!!!

といっても、あんまり張り切りすぎて、本試験当日に起きられ

なかったら困るので、少しはセーブしますが (^^;

昨夜の我が家の辺りは、ものすごい大雨&雷でした。

まるで、本試験に向けて、余分なものを洗い流しているかの

よう・・・ な~んて、自分に都合のいいように考えながら

就寝いたしました (^^)

<本日の学習予定>

H先生1日1問、横断確認、年度別過去問

TACポイントチェックメール、テキスト読込(不定着箇所)

i塾中間模試、TAC中間模試、答練選択式

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月22日 (水)

罰則

昨日の学習内容・時間

H先生1日1問、横断確認、年度別過去問

TACポイントチェックメール、テキスト読込(不定着箇所)

                             合計6時間

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

罰則は、すんごく多くて、全部を覚えるなんてとてもムリな話。

なるべく多く押さえる方がいいに決まっていますが、

最低限押さえておくべきなのは、イチバン重い罰則です。

というわけで、今日は、各法律のイチバン重い罰則を

まとめてみますね。

とても長いので、サラ~っと眺めていただいて、気になる

箇所だけをチェックしてくださいね。

かなり簡単な書き方をしていますので、必ずテキストや

条文集でも確認をお願いします。

法律 違反 罰則
労基 第5条(強制労働禁止)に違反 1年以上10年以下の懲役又は20万円以上300万円以下の罰金
安衛 ①特定業務に従事する特定期間の役員又は職員が、その職務に関して賄賂を収受し、要求し、又は約束したとき 5年以下の懲役
  ② ①によって不正の行為をし、又は相当の行為をしなかったとき 7年以下の懲役
  第55条(製造等の禁止)に違反 3年以下の懲役又は300万円以下の罰金
労災 事業主に対して 6月以下の懲役又は30万円以下の罰金
  労働保険事務組合に対して 6月以下の懲役又は20万円以下の罰金
雇用 事業主に対して 6月以下の懲役又は30万円以下の罰金
  労働保険事務組合の代表者、代理人、使用人その他の従業員に対して 6月以下の懲役又は30万円以下の罰金
  被保険者、受給資格者等に対して 6月以下の懲役又は20万円以下の罰金
徴収 事業主に対して 6月以下の懲役又は30万円以下の罰金
  労働保険事務組合に対して 6月以下の懲役又は30万円以下の罰金
雇用対策 届出、報告義務違反 30万円以下の罰金
職安法 ①精神その他身体の自由を不当に拘束等により、職業紹介、労働者募集、労働者供給を行った、又は従事した 1年以上10年以下の懲役又は20万円以上300万円以下の罰金
  ②公衆衛生、公衆道徳上有害な業務に就かせる目的で、職業紹介、労働者募集、労働者供給を行った、又は従事した
派遣 公衆衛生、公衆道徳上有害な業務に就かせる目的で、労働者派遣を行った 1年以上10年以下の懲役又は20万円以上300万円以下の罰金
高年齢 報告義務違反 50万円以下の罰金
障害者 業務停止命令に違反した在宅就業支援団体の役員又は職員に対して 1年以下の懲役若しくは100万円以下の罰金、又はこれを併科
均等法 報告義務違反 20万円以下の過料
育介休 業務停止命令に違反して労働者募集に従事した者に対して 1年以下の懲役又は100万円以下の罰金
パート 報告義務違反等 20万円以下の罰金
最低賃金 最低賃金額未満の賃金を支払った者に対して 1万円以下の罰金
労組 救済命令の全部又は一部が確定判決によって支持され、その違反があったときに、その行為をした者に対して 1年以下の禁錮若しくは100万円以下の罰金、又はこれに併科
健保 事業主に対して 6月以下の懲役又は50万円以下の罰金
  事業主以外の者に対して 6月以下の懲役又は30万円以下の罰金
  被保険者又は被保険者であった者に対して 30万円以下の罰金
国年 偽りその他不正な手段により給付を受けたとき 3年以下の懲役又は100万円以下の罰金
厚年 事業主に対して 6月以下の懲役又は50万円以下の罰金
  厚生年金基金に対して 6月以下の懲役又は50万円以下の罰金
  事業主以外の者に対して 6月以下の懲役又は30万円以下の罰金
  一定の届出義務等違反者に対して 10万円以下の過料
国保 審査委員会若しくは審査会の委員又はこれらの委員であった者が、正当な理由無く、守秘義務に違反したとき 1年以下の懲役又は100万円以下の罰金
  正当な理由なく、報告義務等に違反したとき 30万円以下の罰金
老保 報告義務等に違反した健保組合、国保組合、共済組合、日本私立学校振興・共済事業団の役員、清算人、職員に対して 50万円以下の罰金
介保 認定審査会、都道府県介護認定審査会、給付費審査委員会等の専門調査員等又は委員であった者が、正当な理由無く、守秘義務に違反したとき 1年以下の懲役又は100万円以下の罰金
船保 船舶所有者に対して 6月以下の懲役又は50万円以下の罰金
児手 偽りその他不正な手段により児童手当の支給を受けたとき (ただし、刑法に正条があるときは、刑法による) 3年以下の懲役又は30万円以下の罰金
社労士 不正行為の支持等の禁止に違反したとき 3年以下の懲役又は200万円以下の罰金

すごい量・・・ 細かいものまで覚えられるハズがありませんね。

このほかには、過去問で出題実績があるものに目を通した

方がいいでしょうね (^^)

本試験日まで あと ! ガンバロウ!!

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

今日1日、仕事すれば明日からお休み(^^)です。

本試験前に3日も丸々勉強できる日をゲットできるとは

思いませんでした!!(会社にはウソついたけど・・・【汗】)

1秒たりとも無駄にせず、最後の詰めと睡眠時間の確保に

全力を注ぎたいと思います(^^)v

<本日の学習予定>

H先生1日1問、横断確認、年度別過去問

TACポイントチェックメール、テキスト読込(不定着箇所)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年8月21日 (火)

賃金・報酬・賞与

昨日の学習内容・時間

H先生1日1問、横断確認、i最終模試復習

年度別過去問、TACポイントチェックメール

テキスト読込(不定着箇所)          合計5時間30分

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

賃金・報酬については、条文で見てみようと思います。

もちろん、条文についてはすべて『Sha-ra-run』からの引用です。

それとともに、少し注意点にも触れてみるつもりです♪

①労基

  この法律で賃金とは、賃金、給料、手当、賞与その他名称の

  いかんを問わず、労働の対償として使用者が労働者に支払う

  すべてのものをいう。(労基法11条)

  注意点

  • 任意的、恩恵的、福利厚生的、実費弁償的なものは、賃金に該当しない。ただし、労働協約、就業規則、労働契約などで支給条件が明確であれば、賃金に該当する。 → 徴収法では、支給条件が明確であっても賃金に該当しない。
  • 休業補償は、たとえ平均賃金の6割を上回る額が支払われていても、すべて賃金に該当しない。
  • 休業手当は、賃金に該当する。
  • 通勤手当は、労働協約により現物支給されている通勤定期券も含めて、賃金に該当する。

②雇用保険

  この法律において「賃金」とは、賃金、給料、手当、賞与その他

  名称のいかんを問わず、労働の対償として事業主が労働者に

  支払うもの(通貨以外のもので支払われるものであって、厚生

  労働省令で定める範囲外のものを除く。)をいう。

  注意点

  • 実費弁償的、恩恵的なものは賃金に該当しない。
  • 通貨以外のもので支払われるものの範囲は、食事、被服、住居の利益及び公共職業安定所長が定めるもの とされている。
  • 臨時に支払われる賃金、3ヵ月を超える期間ごとに支払われる賃金は、雇用保険法の賃金の範囲には含まれるが、基本手当日額の算定に係る賃金日額の算定基礎からは除外される。

③徴収法

  この法律において「賃金」とは、賃金、給料、手当、賞与その他

  名称のいかんを問わず、労働の対償として事業主が労働者に

  支払うもの(通貨以外のもので支払われるものであって、厚生

  労働省令で定める範囲外のものを除く。)をいう。

  注意点

  • 通貨以外のもので支払われるものの範囲は、食事、被服、住居の利益及び所轄労働基準監督署長又は所轄職業安定所長が定めるもの とされている。
  • 任意的、恩恵的、実費弁償的なものは、たとえ労働協約や就業規則等によって、支給条件が明確であっても賃金には該当しない。
  • 休業補償は、平均賃金の6割を超える部分も含めて、賃金には該当しない。
  • 解雇予告手当及び退職金は、賃金には該当しない。
  • 業務上及び通勤災害による傷病の療養のための休業期間中の賃金、育児介護休業中の賃金、年次有給休暇中の賃金は、賃金に該当する。
  • 法定外有給休暇を買上げた分は、賃金に該当する。

④健保法(厚年法も同じ)

  この法律において「報酬」とは、賃金、給料、棒給、手当、賞与

  その他いかなる名称であるかを問わず、労働者が、労働の

  対償として受けるすべてのものをいう。

  ただし、臨時に受けるもの及び3月を超える期間ごとに受ける

  ものは、この限りでない。

  注意点

  • 通勤手当は、いかに高額であっても、報酬に該当する。
  • 解雇予告手当、退職手当は、報酬に該当しない。
  • 恩恵的、実費弁償的なものは、報酬に該当しない。
  • 労働協約に基づく私傷病手当金は、報酬に該当する。
  • 年4回以上支給される賞与は、報酬に該当する。

  賞与とは・・・

  この法律において「賞与」とは、賃金、給料、棒給、手当、賞与

  その他いかなる名称であるかを問わず、労働者が、労働の

  対償として受けるすべてのもののうち、3月を超える期間ごとに

  受けるものをいう。

  → 『臨時に受けるもの』は、報酬にも賞与にも該当しない。

ふぅ。。。 これまた、けっこうありましたね。

この中から出題されないかなぁ・・・ (^^;

本試験日まで あと 5日! ガンバロウ!!

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

心配事が、ひとつ。

TACのポイントチェックメールのチェックが少し遅れていまして、

本試験までに全部チェックできるかどうかが微妙です・・・

全部チェックするのは無理でも、特徴的な箇所や

定着しきれていない箇所だけでもチェックしないと!!とは

思っているのですが・・・

昨年もあまりうまく活用できず、今年も中途半端にしか

活用できないようす・・・ TACさん、ごめんなさい (^^;

<本日の学習予定>

H先生1日1問、横断確認、年度別過去問

答練選択式(全科目)、TACポイントチェックメール

テキスト読込(不定着箇所)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年8月20日 (月)

時効

昨日の学習内容・時間

H先生1日1問、横断確認、答練一問一答(全科目)

TACポイントチェックメール、テキスト読込(不定着箇所)

                          合計11時間30分

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

時効も、覚えてしまえばなんてことはないけれど、

覚えるまでが大変・・・ですよね。

全部を一覧表にするか、迷ったんですけど、今更全部を網羅

しても、あまり意味がないかな・・・と思ったので、

特徴的なものや横断が有効そうなものを載せますね (^^)

法律 起算日 時効
労基 付加金の請求 → 違反のあったときから 2年
  退職手当 5年
  退職手当以外 2年
労災 葬祭料(葬祭給付) → 労働者が死亡した日の翌日から(健保との違いに注意!!) 2年
  障害(補償)給付 → 傷病が治った日の翌日から(年金だけでなく一時金も!!) 5年
  遺族(補償)給付 → 労働者が死亡した日の翌日から(年金だけでなく一時金も!!) 5年
  障害(補償)年金差額一時金 → 労働者が死亡した日の翌日から 5年
  二次健診等給付 → 労働者が一時健診の結果を了知し得る日の翌日から 2年
  傷病(補償)年金 → 政府の職権によるため時効の規定はない。 ただし、支払請求権は、会計法30条により5年  
健保 埋葬料 → 死亡日の翌日から ただし、埋葬の費用については、埋葬を行った日の翌日から 2年
  事業主から被保険者への過納保険料の返還請求権(民法167条により) 10年
  政管において、被保険者資格を有しない者を被保険者として保険給付を行った場合の返還請求権 5年
  健保組合において、被保険者資格を有しない者を被保険者として保険給付を行った場合の返還請求権 10年
国年 年金給付の受給権 → 支給事由発生日から(厚年との違いに注意!!) 5年
  死亡一時金 2年
厚年 保険給付(年金及び一時金)の受給権(国年との違いに注意!!) 5年

思ったよりもたくさんありました (^^;

カンペキなようなカンペキでないような・・・

本試験日まで あと 6日! ガンバロウ!!

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

1日って、短いですね・・・ 少し多めに睡眠時間を取ったら、

思ったよりも勉強できませんでした(^^;

とはいえ、答練で更なる弱点のあぶり出しには、

成功しましたが・・・

あと6日で、どこまでできるのか。 完全に自分との戦いです!!

残り少ない時間を、1秒たりとも無駄にせず、そして何よりも

楽しんで勉強したいと思いま~す(^o^)

<本日の学習予定>

H先生1日1問、横断確認、i最終模試復習

年度別過去問、TACポイントチェックメール

テキスト読込(不定着箇所)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年8月19日 (日)

1日、勉強できるっ!!

昨日の学習内容・時間

H先生1日1問、i塾最終模試テープ聴講、横断確認

年度別過去問、TACポイントチェックメール

テキスト読込(不定着箇所)           合計5時間30分

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

今日は、朝早くからマクド(世の中はマックって言うんですよね)

で、図書館の開館時間を待ちながら、勉強するつもりです。

なので、こんな時間からアップしています(^^)

1日がかりで、答練をやっつける予定です。ただ、解くことに

重点を置くのではなく、あくまでも定着していないところを

今一度、確認するためなので、張り切り過ぎないように

しないといけませんね♪

本試験日まで あと 7日! ガンバロウ!!

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

<本日の学習予定>

H先生1日1問、横断確認、答練(前科目)

TACポイントチェックメール、テキスト読込(不定着箇所)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月18日 (土)

不正受給

昨日の学習内容・時間

H先生1日1問、i塾最終模試テープ聴講、横断確認

年度別過去問、TACポイントチェックメール

テキスト読込(不定着箇所)           合計6時間20分

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

不正受給も、たくさんあって、ややこしいですね。

少しばかり表にまとめてみました。

全部を網羅しきれていないとは思いますが、超直前期の

確認のお手伝いぐらいはできるかも・・・ (^^;

法律

ホウリツ

徴収規定 罰則
労災 政府はその保険給付に要した費用相当額の全部又は一部をその者から徴収できる。 なし
  事業主が虚偽の報告又は証明をしたため保険給付が行われたときは、政府はその事業主に対し、保険給付受給者と連帯して徴収金の納付を命ずることができる。  
雇用 政府はその失業等給付に要した費用相当額の全部又は一部をその者に返還を命ずることができる。当該不正受給額の加えて、不正受給額の2倍相当額以下の額の納付を命ずることができる。 又、これ以後、給付の支給は行わない。  
  事業主又は職業紹介事業者等が虚偽の届出、報告又は証明をしたため失業等給付が行われたときは、政府はその事業主に対し、保険給付受給者と連帯して返還することを命ずることができる。  
健保 その給付の価額の全部又は一部を徴収することができる。  
  不正利得が、事業主の虚偽の報告または証明、保険医等の虚偽の診断書による場合、当該事業主、保険医等に本人と連帯して徴収金の納付を命ずることができる。  
  保険医療機関、保険薬局、指定訪問看護事業者が不正行為により療養の給付等に関する費用の支払を受けた場合は、支払った額を返還させるほか、その返還額の40%相当額を支払わせることができる。  
国年 社会保険庁長官は、不正受給相当額の全部又は一部をその者から徴収することができる。 3年以下の懲役 又は 100万円以下の罰金
厚年 社会保険庁長官は、不正受給相当額の全部又は一部をその者から徴収することができる。  
国保 社会保険庁長官は、不正受給相当額の全部又は一部をその者から徴収することができる。 3年以下の懲役 又は 100万円以下の罰金
老保 市町村長は、その給付の価額の全部又は一部を徴収することができる。  
介護 市町村は、給付の価額の全部又は一部を徴収することができる。 条例で、徴収金の徴収を免れた者に対し、その徴収を免れた額の5倍相当額以下の過料を科する規定を設けることができる。
児手 市町村長は、その受給額相当額の全部又は一部を徴収することができる。 3年以下の懲役 又は 30万円以下の罰金  ただし、刑法に正条があるときは、刑法による。

私は、罰則との関係がちょっと・・・ です。

本試験までに少しでも頭の中に残せるよう、頑張るゾ!

本試験日まで あと 8日! ガンバロウ!!

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

まったく、私の頭の中は一体どないなってんねん!!! と

1tハンマーで殴りたくなる(!)ぐらい、過去問で迷うことが

多いです・・・(+_+)  コツコツ潰さないと仕方ありませんが・・・

明日は、答練を全科目、やれるところまでやりつくす予定(^^)v

月曜のブログは、さらに凹んでいるかも・・・?

<本日の学習予定>

H先生1日1問、横断確認、i塾最終模試テープ聴講

年度別過去問、TACポイントチェックメール

テキスト読込(不定着箇所)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2007年8月17日 (金)

管掌者・保険者

昨日の学習内容・時間

ブログ(横断)、横断確認、i塾最終模試テープ聴講

年度別過去問、TACポイントチェックメール

白書講座、テキスト読込(不定着箇所)    合計6時間20分

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

今日から本試験前日まで、横断確認をしていこうと思います。

私が書きやすいもの(!)やイマイチ定着していないものを

取り上げていくつもりですので、参考になりそうなものがあれば

是非、ご覧下さいね (^^)

本日は、『管掌者・保険者』です。

法律 管掌者・保険者
労災 政府
雇用 政府
健保 政府(日雇特例被保険者は政府のみ)
  健康保険組合
国年 政府(国年基金は、保険者ではない)
厚年 政府(厚年基金は、保険者ではない)
国保 市町村及び特別区
  国民健康保険組合
老保 政府、健康保険組合、市町村及び特別区、国民健康保険組合、共済組合、日本私立学校振興・共済事業団
介護 市町村及び特別区
船員 政府

表にしてしまうと、案外少ないですね。。。

ちなみに、私がいつまで経ってもなかなか覚えられなかったのが

老人保健法の保険者です。 理由は単純に数が多いから (^^;

1月ほど前に、老人保健法の保険者について書きました。

そのときの記事は、コチラです。

本試験日まで あと 9日! ガンバロウ!!

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

白書講座の聴講も終わりました。出題されてもおかしくない数字と

統計結果の傾向だけは、何とか頭に叩き込んで試験に

臨まないといけませんね (^^;

年度別過去問は、さすがに正解肢自体を間違えるということは

ほとんどなくなりました。論点を把握できていない箇所を

しっかりと潰してしまいます!!

<本日の学習予定>

ブログ(横断)、H先生1日1問、横断確認、過去問チェック

i塾最終模試テープ聴講、TACポイントチェックメール

テキスト読込(不定着箇所)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

| | コメント (7) | トラックバック (2)

2007年8月16日 (木)

社労士法の罰則

昨日の学習内容・時間

ブログ(横断)、H先生1日1問(労働経済)、横断確認、白書講座

TAC選択式模試、TACポイントチェックメール

真島塾ポイント講座(厚)、テキスト読込(不定着箇所)

                             合計6時間55分

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

これから、社労士になろうという私たちが、社労士法を

あまり知らない・・・では、イケマセンよね。

1日70問とともに、毎日目にしようと思っています。

さて、その社労士法の罰則を取り上げてみます。

何と言っても、社労士法に限らず、罰則で押さえておかないと

いけないのは、一番重いものですよね。

社労士法では、

不正行為の指示等の禁止に違反した者 に対して、

3年以下の懲役 又は 200万円以下の罰金

が、それです。

とっても儲かっている事務所なら200万円って、どうってこと

ないのかもしれませんが、私は小市民なので、これを見て

絶対に何があっても、不正行為の指示はしないでおこう!!と

思いました (^^;

だって、とりあえず、今の私には払えませんから (^^)

あとは、不正登録をしたり守秘義務に違反したりという場合です。

この場合、1年以下の懲役 又は 100万円以下の罰金 です。

罰金を払う能力があるかどうか・・・ということよりも、

社労士は、社労士の信用又は品位を害するような行為をしては

ならない とされていますから、社労士の信用や品位を害さない

ようにしないといけませんね (^^)v

本試験日まで あと 10日! ガンバロウ!!

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

とうとう、あと10日。この10日で、これまで勉強してきたことを

正確に、確実に、アウトプットできるようにしなければ♪

それにしても、過去2年間は、模試でも本試験でも択一よりも

選択式の方が成績が良かったのに、今年は選択式の方が

芳しくありません・・・ 本試験では、何が何でも科目当たり

3~4点を取るゾ!という気迫で望まねばっ!!

<本日の学習予定>

ブログ(横断)、H先生1日1問(労働経済)、横断確認、白書講座

年度別過去問、TACポイントチェックメール

真島塾ポイント講座(厚・社一)、テキスト読込(不定着箇所)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2007年8月15日 (水)

厚年の給付制限

昨日の学習内容・時間

ブログ(横断)、H先生1日1問(法改正)、通達ゼミ、横断確認

i塾模試復習、TACポイントチェックメール

真島塾ポイント講座(厚)、テキスト読込(不定着箇所)

                               合計6時間

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

厚生年金では、

保険料を徴収する権利が時効によって消滅したときは、その

保険料に係る被保険者であった期間に基づく保険給付は、

行わない

とされていますが、これには補足があります。

補足①

 事業主からの届出、被保険者本人の確認の請求があった

 後に保険料を徴収する権利が時効によって消滅した場合

 → 保険給付の制限は行わない。 つまり、保険給付が

    行われる ということ。

補足②

 第三種被保険者であった期間について、第一種被保険者と

 して保険料が徴収された場合、その差額保険料を徴収する

 権利が事項によって消滅したとき

 → 第三種被保険者期間としての保険給付は行わない。

厚生年金と国民年金の給付制限は、よく似ているので

横断的に勉強するほうがいいかもしれませんね (^^)

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

昨日は、i模試の復習を重点的にしました。

来週は、各校の模試と答練もできるだけ繰り返したいと

思っています。その前に、今日明日で白書講座の聴講をする

予定です。聴講したら、各校の模試の白書系の問題を解いて

再確認。年度別過去問もやらないといけないし・・・

皆さんは、この超直前期、いかがお過ごしですか?

<本日の学習予定>

ブログ(横断)、H先生1日1問(改正点)、横断確認、通達ゼミ

年度別過去問、TACポイントメール、白書講座

真島塾ポイント講座(厚)、テキスト読込(不定着箇所)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月14日 (火)

国年の給付制限

昨日の学習内容・時間

ブログ(横断)、H先生1日1問(法改正)、通達ゼミ、横断確認

年度別過去問、真島塾ポイント講座(厚)

TACポイントチェックメール、テキスト読込(不定着箇所)

                            合計4時間10分

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

国年と厚年の給付制限については、『故意』だけを

見てみようと思います。

①故意に障害又はその直接の原因となった事故を生じさせた者の

  障害については・・・

  → その障害を支給事由とする障害基礎年金は、支給しない。

②-1 被保険者等を故意に死亡させた者に・・・

②-2 被保険者等の死亡前に、その者の死亡によって遺族基礎

    年金又は死亡一時金の受給権者となるべき者を故意に

    死亡させた者に・・・

    → 遺族基礎年金、寡婦年金又は死亡一時金は、

       支給しない。

       そして、遺族基礎年金の受給権は受給権者が他の

       受給権者を故意に死亡させたときには、消滅します。

あと、気をつけないといけないのは、

受給権者が正当な理由なく現況届及びその添付書類を提出

しないとき です。

このときは、年金給付の支払を一時差し止めることができる

とされていますが、『一時差し止め』は、提出書類を提出する

までの間、支払を止められてしまう ということです。

提出書類を提出すれば、差し止められていた間の給付も

ちゃ~~~んと支払われます♪

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

昨年の本試験終了直後の8月30日、年間学習計画を立てました。

その時、このブログで『目標学習時間 1200時間』

宣言してしまいました (^^;

宣言したときも、その後も、ホントにクリアできるのか・・・ そして

何より、合格できるだけの実力を備える勉強ができるのか・・・

という不安をずっと抱えていました。

それが!! とりあえず、その1200時間をクリアすることが

できました (^o^)v  あとは、本試験で合格するのみっ!!!

あと2週間足らずを、ムダにすることなく、使い切って

本試験に臨みたいと思いま~~す O(≧∇≦)O

<本日の学習予定>

ブログ(横断)、H先生1日1問(法改正)、横断確認、通達ゼミ

年度別過去問、真島塾ポイント講座(厚)

TACポイントチェックメール、テキスト読込(不定着箇所)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年8月13日 (月)

健保の給付制限

昨日の学習内容・時間

H先生1日1問(労働経済)、通達ゼミ、横断確認

過去問(社一)、真島塾ポイント講座(厚)

TACポイントチェックメール、テキスト読込(不定着箇所)

                           合計3時間50分

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

さてさて、今日も懲りずに給付制限です(^^)

健康保険法には、特徴的な給付制限が多いですね。

他の法律では、全部又は一部を行わないことができる と

されている、自己の故意の犯罪行為。

健保では、これも『保険給付は行わない』となります。

もうひとつ特徴的なのが、

偽りその他不正の行為により保険給付を受け、又は受けようと

した者に対する給付制限です。

この場合、6月以内の期間を定めて、その期間中、傷病手当金

又は出産手当金の全部又は一部を支給しないことができる

とされています。 ただ、この不正行為から1年経過していれば

給付制限の対象とはなりません。

それと特徴的というか、大切なものがひとつ。

被保険者が少年院等に収容され、又は刑事施設等に拘置された

ときは、死亡に関する給付を除き、被保険者に対する給付は

行われませんが、被扶養者に対する給付は行われます。

ただ、被扶養者が少年院等に収容された場合は、もちろん

被保険者と同じく死亡に関する給付を除き、被扶養者に対する

給付は行われません。

ちなみに・・・

国保でも、健保に準じた給付制限が行われます。

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

土曜の夕方に、労一の答練テスト問題が返ってきました。

ちょっと保留にしていたので、今日の昼休みに見直しますが、

択一4/5、選択4/5でした。

理解度ベースでは、また少し点数は下がると思いますが、

明日、白書講座を聴講する予定なので、これまでの模試やこの

答練も横において、じっくりと勉強したいと思います。

<本日の学習予定>

ブログ(横断)、H先生1日1問(労働経済)、横断確認、通達ゼミ

年度別過去問、真島塾ポイント講座(厚)

TACポイントチェックメール、テキスト読込(不定着箇所)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月12日 (日)

本試験終了までは独身(*^^*)

昨日の学習内容・時間

ブログ(横断)、H先生1日1問(労働経済)、通達ゼミ、横断確認

過去問(社一)、TACポイントチェックメール

真島塾ポイント講座(国)、テキスト読込(不定着箇所)

                            合計4時間20分

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

実は、14日の昼間に父が娘を迎えに来てくれることになりました。

自分たちはお盆休みなのに、孫がいないなんて寂しいじゃないか

ということのようです。おまけに、数ヶ月前から勤務先での

労働日数を週2日にしてもらったそうで、

「じいちゃんが、ほとんど毎日いてるから安心していとき(^^)」と

満面の笑みでうちの娘にアピってました・・・

おかげで、14日から仕事帰りに図書館へ直行!!が可能に

なります!! この時期、とてもありがたいことです。

娘は、私と離れるのが少し寂しいようですが、2週間ほどなので

我慢してくれるそうです。

「8月28日ぐらいにゆっくり帰ってきたら?」と娘に進言して

みましたが、「お母さんの本試験の日の夕方に待ち合わせする!」

というので、そうすることにしました。

約2週間の勉強しやすい環境、そして本試験直前の夏休み。

今年は、とてもありがたい環境を整えることができます。

両親にも、うそついて夏休みをずらしてもらった会社にも

感謝しないといけませんね (^^)

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

<本日の学習予定>

ブログ(横断)、H先生1日1問(労働経済)、横断確認、通達ゼミ

過去問(社一)、TACポイントチェックメール

真島塾ポイント講座(厚)、i塾模試復習

テキスト読込(不定着箇所)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月11日 (土)

均等法の罰則?

昨日の学習内容・時間

ブログ(横断)、H先生1日1問(労働経済)、通達ゼミ、横断確認

過去問(社一)、TACポイントチェックメール

真島塾ポイント講座(国)、テキスト読込(不定着箇所)

                            合計4時間40分

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

以前に、均等法の罰則について書きました。

昨年度までは、均等法に罰則は無かったのですが、今年度から

事業主が報告義務を怠った場合に、20万円以下の過料に

処せられることになりました。

ただ、均等法というのは、性別を理由とする差別等について

主に規定されている法律ですよね。 なのに、その主な規定に

違反したことに対して、なんのペナルティーもない というのも

おかしな話ですよね。

実は、罰則はありませんが、ペナルティーはあります!!

それが、公表です。

まず厚生労働大臣は、均等法の施行に関して必要があると

認めるときに、事業主に対して報告を求め(これに違反すると、

先ほどの20万円以下の過料です。)、又は助言・指導若しくは

勧告をすることができる とされています。(この権限の一部は、

都道府県労働局長に委任することができます。)

この規定に基づいて、厚生労働大臣が

  • 性別を理由とする差別の禁止(5条)
  • 配置、昇進、教育訓練、定年、解雇等(6条)
  • 性別以外の事由を要件とする措置(7条)
  • 婚姻、妊娠、出産等を理由とする不利益取扱の禁止等(9条1項~3項)
  • 職場における性的な言動に起因する問題に関する雇用管理条の措置(11条1項)
  • 妊娠中及び出産後の健康管理に関する措置(12条)
  • 母性健康管理措置(13条1項)

に違反している事業主に対して、勧告をしたにもかかわらず、

事業主がその勧告に従わないときに、

その旨を公表することができます。

実は、ここも改正点でして、昨年度まではセクハラ等については

公表できませんでした。

環境面、待遇面等、いろんな意味でもっと働きやすい社会に

なって欲しいですね (*^^*)

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

昨日は、ちょっと直属の上司と揉めてしまいました (+_+)

引き際が見つからなくなる前に、スッパリと謝りましたが・・・

原因自体は、あまりたいしたことではなかったのですが、

ちょっとカチンときたもので、ついつい批判的な言葉が

口を突いて出てきたんですよね~ (^^;

うちの会社のお偉方はみんな、イエスマンが大好きなので、

批判的な言葉はNGなんです。

納得しないまま謝ったので、あまりいい気はしませんが、

労働者ですもの、仕方ありませんね (^^)

<本日の学習予定>

ブログ(横断)、H先生1日1問(労働経済)、横断確認、通達ゼミ

過去問(社一)、TACポイントチェックメール

真島塾ポイント講座(国・厚)、i塾模試復習

テキスト読込(不定着箇所)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年8月10日 (金)

概算保険料額

昨日の学習内容・時間

ブログ(社一)、H先生1日1問(白書)、通達ゼミ、横断確認

過去問(社一)、TACポイントチェックメール、i塾模試復習

真島塾ポイント講座(国)、テキスト読込(不定着箇所)

答練(社一)                    合計5時間20分

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

本日のお題は、概算保険料額です。

今頃、こんなところ??? と思われる方もいらっしゃるかも

しれませんが、超直前期だからこそ(^^) の、基本事項です!!

では、まず継続事業から。

概算保険料額は、

『賃金総額の見込額 × 一般保険料率』 で算定します。

このとき、賃金総額の見込額が、前年度の賃金総額の

50%以上200%以下であれば、

『前年度の賃金総額 × 一般保険料率』 で算定します。

前年度の賃金総額 というのは、確定保険料の算定のときに

用いた賃金総額のことです。

とにかく、その事業の賃金総額、要するに従業員全員に

支払った、又は支払うであろう賃金の総額で判断します。

免除対象高年齢労働者がいる場合でも、それらの人たちも

『コミ』で、判断する ということです。

免除対象高年齢労働者の賃金総額だけを、別個にして

判断するわけではありません。

実は、ここ、答練で出題されていたのですが、私が間違えた

箇所なんです (^^;

なので、しつこく書いてみました (^^)v

次に、有期事業について。

有期事業の場合も、計算式は同じく

『賃金総額の見込額 × 一般保険料率』 ですが、

年度更新がないので、完全にその期間に支払うであろう

賃金の総額を使って算定します。

本試験では、くれぐれも『以上、以下、未満、超えて、かつ、又は』

を間違わないようにしないといけませんね!!!

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

社一のテスト問題、理解度ベースでは、択一3/5、選択2/5

でした。かなりのケアレスミスでした (+_+)

もう、ケアレスミスは許されません。 過去問もあともう少しなので、

それが終わったら、アウトプットの訓練をして、ケアレスミスを

なくす努力をしま~す (^^)v

<本日の学習予定>

ブログ(横断)、H先生1日1問(白書)、横断確認、通達ゼミ

過去問(社一)、真島塾ポイント講座(国)、i塾模試復習

TACポイントチェックメール、テキスト読込(不定着箇所)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 9日 (木)

雇用保険の給付制限

昨日の学習内容・時間

ブログ(厚)、H先生1日1問(白書)、通達ゼミ、横断確認

過去問(社一)、TACポイントチェックメール

真島塾ポイント講座(健)、テキスト読込(不定着箇所)

                            合計4時間30分

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

雇用保険の給付制限は、たっくさんあります (ToT)

テキストで確認しながら、一応全部載せる予定ですが、

もしもモレがありましたら、ご容赦くださいませ <(_ _)>

事由 制限内容
職安の紹介する職業に就くことを拒否 拒否した日から1ヶ月間支給しない ※延長給付受給者については、拒否した日以後、支給しない
職安所長が支持する公共職業訓練等を受けることを拒否
正当な理由なく、職安が行う、再就職促進のために必要な職業指導を受けることを拒否 拒否した日から1ヶ月を超えない範囲内で職安所長の定める期間、支給しない
自己の責めに帰すべき重大な理由による解雇 待期期間満了後、1ヶ月以上3ヶ月以内の間で、職安所長の定める期間、支給しない
正当な理由がない、自己都合退職
偽りその他の不正行為により、求職者給付又は就職促進給付の支給を受け、又は受けようとした その支給を受け、又は受けようとした日以後、支給しない
日雇労働受給資格者が、職安の紹介する業務に就くことを拒否 拒否した日から7日間、支給しない
日雇労働受給資格者が、偽りその他の不正行為により、求職者給付又は就職促進給付の支給を受け、又は受けようとした その支給を受け、又は受けようとした月及びその月の翌月から3ヶ月間、支給しない
偽りその他の不正行為により、求職者給付又は就職促進給付の支給を受け、又は受けようとした その支給を受け、又は受けようとした日以後、就職促進給付を支給しない
偽りその他の不正行為により、教育訓練給付金の支給を受け、又は受けようとした その支給を受け、又は受けようとした日以後、教育訓練給付金を支給しない
偽りその他の不正行為により、高年齢雇用継続基本給付金の支給を受け、又は受けようとした その支給を受け、又は受けようとした日以後、高年齢雇用継続基本給付金を支給しない
偽りその他の不正行為により、高年齢再就職給付金又はその受給資格に基づく求職者給付もしくは就職促進給付の支給を受け、又は受けようとした その支給を受け、又は受けようとした日以後、高年齢再就職給付金を支給しない
偽りその他の不正行為により、育児休業基本給付金の支給を受け、又は受けようとした その支給を受け、又は受けようとした日以後、育児休業基本給付金を支給しない
偽りその他の不正行為により、介護休業給付金の支給を受け、又は受けようとした その支給を受け、又は受けようとした日以後、介護休業給付金を支給しない

多すぎますよね~~~ <<o(>-<)o>>

これらの給付制限は、原則として特定受給資格者でも

適用されます。ただし、上から4つ目と5つ目(自己の責めに~と

自己都合退職)は、当然適用されませんよ (^^)

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

返ってきました・・・ 社一答練のテスト問題が・・・

択一4/5、選択2/5 (+_+)

しっかりと、じっくりと、ひつこいぐらいに復習しないといけません!

いったいどういう思考回路で答を導き出したのか。。。

この辺りを明白にして、記憶の修正をしないとっ!!!

<本日の学習予定>

ブログ(社一)、H先生1日1問(白書)、通達ゼミ、横断確認

過去問(社一)、TACポイントチェックメール

真島塾ポイント講座(国)、答練(社一)、i塾模試復習

テキスト読込(不定着箇所)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年8月 8日 (水)

労災の支給制限

昨日の学習内容・時間

ブログ(国)、H先生1日1問(白書)、通達ゼミ、横断確認

過去問(社一)、TACポイントチェックメール

i塾最終模試復習、真島塾ポイント講座(健)

答練(厚)、テキスト読込(不定着箇所)        合計5時間

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

これからしばらく、支給(給付)制限のある科目については

制限を取り上げていこうと思います。

横断でまとめようと思ったのですが、量が非常に多いので

1日にまとめるのは無理なので・・・ (^^;

で、今日は労災です。

①労働者が、故意に負傷、疾病、障害、死亡又はその直接の

  原因となった事故を生じさせたとき

  → すべての保険給付を行わない!!!

②労働者が故意の犯罪行為又は重大な過失により負傷、

  疾病、障害、死亡又はその原因となった事故を生じさせたとき

  → 全部又は一部の支給を行わないことができる

    具体的には・・・

    休業(補償)給付、傷病(補償)年金、障害(補償)給付

    について、支給事由が存する期間、所定給付額の30%を

    支給しないことができる。 

    ※年金たる保険給付については、療養開始後3年以内の

      期間、所定給付額の30%を支給しないことができる。

③労働者が正当な理由なく療養に関する指示に従わず、

  その傷病又は障害の程度を増進させたり、回復を妨げたとき

  → 全部又は一部の支給を行わないことができる

    具体的には・・・

    休業(補償)給付、傷病(補償)年金 について、程度を増進

    させたり回復を妨げたりした事案1件について、その都度、

    休業(補償)給付 ・・・ 10日分

    傷病(補償)年金 ・・・ 365分の10相当額

    を支給しないことができる。

故意なら、保険給付は全く行われません。

これは覚えやすいですね♪

それから、故意以外の支給制限については、

療養、介護、死亡、二次健康診断等給付に関する保険給付は

支給制限の対象とはなりません。

また、特別支給金にもこの規定は、準用されます。

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

厚生年金の答練のテスト問題が返ってきました。

得点は、択一4/5、選択5/5 でしたが、昨日見直し&復習を

してみると、理解度では、択一2/5、選択4/5でした(+_+)

しっかりと知識の修正をしないとダメですね(^^;

それにしても、『1日70問』、なかなか始められません。

どんなに遅くても来週の頭から、始めないとっ!!!

<本日の学習予定>

ブログ(厚)、H先生1日1問(白書)、横断確認、通達ゼミ

過去問(社一)、TACポイントチェックメール

真島塾ポイント講座(健)、i塾最終模試復習

テキスト読込(不定着箇所)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月 7日 (火)

第1種圧力容器の検査の流れ

昨日の学習内容・時間

ブログ(健)、H先生1日1問(社一)、横断確認、過去問(社一)

TACポイントチェックメール、真島塾ポイント講座(労一)

テキスト読込(不定着箇所)              合計5時間

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

かなり不謹慎なのですが、先日の新潟での地震で、

東電の柏崎原発の数々の不祥事が報道される中、

『圧力容器』という言葉がテレビから聞こえてきました。

東電の未公表など、数々の杜撰さに怒りを覚えつつも、

「圧力容器といえば・・・」と、連想学習を始めてしまいました。

圧力容器 → 第1種圧力容器 → 特定機械等 →

あらかじめ、都道府県労働局長の許可 → 都道府県労働局長

の製造時等検査 → 労働基準監督署長の設置時等検査 →

労働基準監督署長より検査証交付 → 有効期限1年 →

検査証更新時は、登録性能検査機関の性能検査

ここまで、思い出すのに割りと時間が掛かってしまいました (^^;

圧力容器に限らず、年金問題なんかで、社労士の試験に

関係する事項がテレビで流れることが増えましたよね。

こういうときに、どういう規定だったかな・・・ と、思い出して

みるというのは、ホント少し不謹慎ではありますが、勉強には

なると思います。 アウトプットの練習にもなりますよね。

ちなみに、特定機械等については、定期自主検査も行い、

その結果を記録し、3年間保存しておかなければならない

とされています。

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

今日から、またi塾の通達攻略ゼミを聴講することにしました。

模試たちの結果を総合してみると、労基の出来がホントに

よくないのです・・・

そのため、通達をもう一度じっくり勉強してみようと思いまして(^^;

本試験日にいい感じにアウトプットできるように☆

<本日の学習予定>

ブログ(国)、H先生1日1問(社一)、横断確認、通達ゼミ

過去問(社一)、TACポイントチェックメール

真島塾ポイント講座(労一・健)、i塾模試復習

テキスト読込(不定着箇所)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月 6日 (月)

解雇予告、しないといけないの?

昨日の学習内容・時間

H先生1日1問(厚)、横断確認、TACポイントチェックメール

TAC模試復習、真島塾模試復習、i塾最終模試

テキスト読込(不定着箇所)           合計6時間50分

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

解雇予告の適用除外について、書いてみようと思います。

まず、解雇予告は、原則として、労働者を解雇しようとする

ときに、少なくとも30日前に予告するか、30日分以上の

平均賃金を支払うことによって行います。

しかし、

  • 天災事変等で事業の継続が不可能であり、所轄労働基準監督署長の認定を受けた場合
  • 労働者の責めに帰すべき事由による解雇であり、所轄労働基準監督署長の認定を受けた場合

については、解雇予告は不要である とされています。

そしてさらに、解雇予告の規定自体が適用されない人たちが

存在します。

解雇予告適用除外者 解雇予告が必要となるとき
日々雇入れられる者 1ヶ月を超えて引き続き使用されたとき
2ヶ月以内の期間を定めて使用される者 所定の期間を超えて引き続き使用されたとき
季節的業務に4ヶ月以内の期間を定めて使用される者 所定の期間を超えて引き続き使用されたとき
試みの使用期間中の者 14日を超えて引き続き使用されたとき

では、例えば、この表の2番目の、2ヶ月以内の期間を定めて

使用される者について、最初の20日間を試みの使用期間と

していて、16日目に解雇しようとした場合、解雇予告をしないと

いけないのでしょうか・・・

実は、この場合、解雇予告は不要なんです。

というのも、元々、2ヶ月以内の期間を定めて使用される者 は、

解雇予告の適用が除外されていますから、たとえ試みの

試用期間中で14日を超えて引き続き使用されているとしても

解雇予告は不要である ということなんですね。

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

なんとかi塾の模試の受験も終わり、TACと真島塾の

模試の復習も終わりました(^^)v

点数は、まるでダメダメですが、弱点とともに大得意な箇所も

発見できて、結構幸せな気分です(*^^*)

それにしても今年は、年金博士のよ~すけさんのおかげでしょうか、

厚生年金も国民年金も、過去2年間では考えられなかったような

点数が取れています!!!

まぁ、過去2年間の点数は、本当にヒドイものでしたが・・・(^^;

それより何より心配なのは、労働基準法~~~~。

なんとかせんと・・・

<本日の学習予定>

ブログ(健)、H先生1日1問(社一)、横断確認、過去問(社一)

TACポイントチェックメール、真島塾ポイント講座(労一)

テキスト読込(不定着箇所)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年8月 5日 (日)

模試の復習、がんばるゾ!

昨日の学習内容・時間

ブログ(労一)、H先生1日1問(社一)、横断確認、i塾最終模試

真島塾ポイント講座(労一・社一)、TACポイントチェックメール

テキスト読込(不定着箇所)            合計5時間15分

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

朝勉で、i塾の最終模試を解き終えました♪

というわけで、今日は最終模試たちの復習です(^^)

何が何でも、今日中に1回復習して、明日からの社一の過去問が

終わったら、年度別過去問、答練、模試を潰しに潰す

予定です!

本試験まで、残り少ないですが、とにかく1問でも多く

自分のものにして本試験会場へ向いま~す (^o^)

ちなみに、昨夜、受験票届いてました (^^)v

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

<本日の学習予定>

H先生1日1問(社一)、横断確認、i塾最終模試

真島塾ポイント講座(労一)、TACポイントチェックメール

TAC最終模試復習、真島塾模試復習、i塾模試復習

テキスト読込(不定着箇所)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 4日 (土)

介護保険料って、いくらぐらいなの?

昨日の学習内容・時間

ブログ(徴)、H先生1日1問(社一)、横断確認、答練(労一)

真島塾ポイント講座(労一)、TACポイントチェックメール

テキスト読込(不定着箇所)            合計4時間55分

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

介護保険料って、いくらぐらいなのでしょうか。。。

介護保険料は、市町村が保険者ですから、当然、市町村ごとに

違います。そして、被保険者の種類や加入している医療制度に

よっても違うようです。

社労士試験でも登場するうちのひとつは、健康保険法に

出てくる『1000分の12.3』です。

もうひとつが、一応、本日のテーマです (^^)

第1号被保険者(市町村の区域内に住所を有する65歳以上

の人)に対して、政令で定める基準に従って条例で定める

ところによって算定された保険料率 で算定した保険料額

とされています。これは、原則6段階なのですが、それぞれの

市町村の裁量によって、段階を増やすこともできます。

ちなみに、私の住む市では、現在8段階まであります L(・o・)」

いろいろネットで検索をしていて、こんなものを見つけました。

「地域別の介護保険料額と給付水準」だそうです。

勉強の合間にでも、どうぞ (*^^*)

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

なんとか無事(?)に、労一の答練も終わり、テスト問題も

昨夕投函しました。そして今朝、i塾の最終模試の選択と

択一の労基・安衛を解きました。今夜、時間が取れたら

労災・徴収を解いて、残りは明日に持ち越しです (^^;

<本日の学習予定>

ブログ(労一)、H先生1日1問(社一)、横断確認

i塾最終模試、真島塾ポイント講座(労一)

TACポイントチェックメール、テキスト読込(不定着箇所)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

| | コメント (3) | トラックバック (4)

2007年8月 3日 (金)

4%を交付するのは、ダレ?

昨日の学習内容・時間

ブログ(雇)、H先生1日1問(社一)、横断確認、答練(労一)

真島塾ポイント講座(労一)、TACポイントチェックメール

テキスト読込(不定着箇所)               合計5時間

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

昨年の本試験に向けての学習の時には、割とあちらこちらで

気をつけるように言われていた箇所です。

何故だか、今年はあまり聞きませんが・・・ (^^;

保険料その他の徴収金を滞納する者に対して、社会保険庁

長官が、督促状を発することによって、督促をしますよね。

また、一定の状態に該当するときには、納期前に保険料の

繰上徴収をしますよね。

にもかかわらず、指定期限までに保険料等を納付しないときに、

社会保険庁長官は、国税滞納処分の例によって処分をするか、

納付義務者の居住地か財産所有地の市町村に対して、

その処分を請求することができる ということになっています。

さて、本日のテーマは、ここからです (^^)v

社会保険庁長官が、納付義務者の居住地か財産所有地の

市町村に対して、その処分を請求したときに、

厚生労働大臣が、徴収金の4%相当額を市町村に交付

しなければならないことになっています。

市町村に対して、

  • 処分を請求するのは ―――――― 社会保険庁長官
  • 徴収金の4%を交付するのは ――― 厚生労働大臣

考えてみれば、国のお金を市町村に対して交付するわけ

ですから、社会保険庁長官は交付できませんよね (^^)

ちなみに・・・

健康保険法でも、滞納者に対して、保険者が国税滞納処分の

例によって処分するか、納付義務者の居住地か財産所在地の

市町村に対して処分を請求することができる こととされています。

健保では、処分や請求をするのが社会保険庁長官ではなく

『保険者』なんですね。

そして、もうひとつ。

厚年では、厚生労働大臣が徴収金の4%相当額を交付しますが、

健保では、『保険者』が交付します。

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

今朝、新聞で社会保険事務所の職員等が、約1億3千万円もの

国年の保険料を着服したり、不正受給したりしていたことが

載っていました (\_\) オッカネー

1996年から2006年にかけて発覚したものだけらしいので、

それ以前にもあったであろう・・・と推測できますが、その分も

合わせると一体いくらネコババしていたの~~~!!!

まぁ、新聞に載っていた分については、返してもらったとの

ことでしたが・・・ それにしても、情けない話ですね。。。

さて、なんとか答練も最後の科目の労一に入り、無事今夕には

テスト問題を投函できそうです。

これが終わったら、i塾の最終模試、社一の過去問、TAC・真島塾・

i塾の模試の復習が待っています (^^)

その後は、『1日70問』に挑戦しようと思っています。

毎日はムリかもしれませんが、毎日やろう!!としてみます (^^)v

<本日の学習予定>

ブログ(徴)、H先生1日1問(社一)、横断確認、答練(労一)

真島塾ポイント講座(労一)、TACポイントチェックメール

テキスト読込(不定着箇所)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年8月 2日 (木)

私は、年金いらないの(^^)v

昨日の学習内容・時間

ブログ(災)、H先生1日1問(社一)、横断確認、答練(社一)

真島塾ポイント講座(労一)、ryoさんの選択式

テキスト読込(不定着箇所)               合計5時間

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

これは、きっと皆さんもほぼカンペキに定着しているのでは?

と思いつつも、受給権者の申出による支給停止 を

取り上げます。

平成19年3月31日までは、私はお金がたくさんあるから、

別に年金はいらないんだよね~ と思っていた人でも、

年金を放棄することができませんでした。

65歳になったときに「いらないよな~」と思って、裁定請求せずに

時が経ち、69歳になる頃に「やっぱり年金欲しいなぁ~」と

思いなおした人の場合、

  • 普通に裁定請求すると、時効にかからない分が遡って支給されてしまう → 68歳までの年金はいらないのに・・・ という思いが残ってしまう。(私なら喜ぶけど【笑】)
  • 繰下げの申出をすると、65歳からの月数で計算した繰上げ加算額が加算されてしまう → 増額して欲しかったわけじゃないのに・・・ という思いが残ってしまう。(私なら、これも喜ぶけど【ウフフ】)

という具合に、どちらにしても、受給権者本人が「いらない」と

思って裁定請求しなかったのに、本人の意思に反する結果が

待っている。。。 ということで、平成19年4月1日から設けられた

規定です。

原則として、停止額は全額。そして、さきほど書いた受給権者

本人の意思を貫き通させてあげるために、遡って支給される

ことはありません。 支給停止を撤回することは、いつでも

できますが、遺族系の年金に必ず出てくる胎児出生のときと

同じく、『将来に向かって』の撤回になります。

つまり、時効にかからない分が支給されることもないし、もちろん

繰下げ加算が加算されることもありません。

これって、少しでも給付の額を減らしたい政府の『苦肉の策?』

ですよね~。とはいえ、どうやら全国で18人がこの申出をされた

ようです。 人数としては少ないかもしれないけど、そんな人が

いるなんて、スゴ~イ!!!

私も、社労士として頑張って活躍(?)して、将来、

「私は、年金いらないの(^^)v」

と言えるぐらいになりますかっ!!(笑)

忘れてた!!!

この規定、厚生年金にも全く同じ規定が設けられています♪

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

とうとう届きました、i塾の最終模試が!!

できれば、明日、明後日で取り組みたいと思います。

その前に、労一の答練を片付けなければっ(汗)

真島塾の白書講座も今晩届く予定だし。

あ~~~、1日72時間ぐらいにならないかなぁ~~~ ( iдi )

<本日の学習予定>

ブログ(雇)、H先生1日1問(社一)、横断確認、答練(労一)

過去問(社一)、真島塾ポイント講座(健)

TACポイントチェックメール、テキスト読込(不定着箇所)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月 1日 (水)

高額療養費の対象になる?ならない?

昨日の学習内容・時間

ブログ(安)、H先生1日1問(社一)、横断確認、答練(社一)

真島塾ポイント講座(労一)、テキスト読込(不定着箇所)

                           合計4時間30分

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

今日は、少し中だるみ(?)・・・ というか何と言うか、

ちょっと軽めにいこうと思います (^^;

元気がないわけじゃないので、ご安心を (^^)

私の使っているテキストでは、一部負担金等で、高額療養費の

対象になるか否かについての記述が、それぞれの保険給付の

項目に書かれていて、面倒だったので、もしかしたら

同じ思いの方がいらっしゃるかもっ!! と思ったもので、

一覧表にしてみました (^^)

保険給付名 一部負担金等 高額療養費の対象に・・・
療養の給付 一部負担金
入院時食事療養費 食事療養標準負担額 ×
入院時生活療養費 生活療養標準負担額 ×
保険外併用療養費 自己負担した額
療養費 自己負担した額
訪問看護療養費 基本利用料
家族療養費 自己負担額
家族訪問看護療養費 自己負担額

○=なる、 ×=ならない ということです。

こうして見ると、対象にならないのは食事療養標準負担額と

生活療養標準負担額だけなんですね。

なんとなく、もっと種類があるような気がしてたのに・・・ (^^;

家族療養費には、入院時食事療養費や入院時生活療養費、

それに保険外併用療養費も含まれますから、それらの

自己負担した額については、被保険者と同様の扱いになります。

また、日雇特例被保険者にも高額療養費は支給されます。

こちらも、原則として支給要件や支給額については

一般被保険者と同様 とされています。

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

答練、社一。。。

それは、もう、ひどい有様です (+_+)

あと1月ないんだゾ、私!! 大丈夫??? という感じです。

おまけにケアレスミスが続出です。

ちょっと凹んでますが、いつまでも凹んでいても仕方がないので

残りの時間でいかに定着させるか を考えま~す (^^)v

ちなみに、またまたメンテナンスで更新が遅くなりました・・・

<本日の学習予定>

ブログ(災)、H先生1日1問(社一)、横断確認、答練(社一)

真島塾ポイント講座(労一)、ryoさんの選択式

テキスト読込(不定着箇所)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »