« 職業訓練に関する特例 | トップページ | 介護(補償)給付って、いくらもらえるの? »

2007年7月 3日 (火)

表示は、きちんと。ねっ(^^)

昨日の学習内容・時間

ブログ(健)、H先生1日1問(国)、横断確認、年金

答練(国)、真島塾ポイント講座(雇)

テキスト読込(不定着箇所)          合計4時間30分

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

安衛法の改正点のひとつである、『表示等』について

見ていこうと思います。

この箇所は、平成11年に出題されて以来、出題実績が

ありません。その上に今年の改正点ですから、要注意ですね♪

改正前は、労働者に健康障害を生ずるおそれのある物で

政令で定めるものや56条(製造の許可)に定められている物に

ついての規定だったのですが、今年(正確には昨年12月)から

これらに加えて、爆発性の物、発火性の物、

引火性の物その他の労働者に危険を

生ずるおそれのある物 についても一定の事項を

表示しなければならないこととされました。

ただ、例外があって、これらのうち、主として一般消費者の

生活の用に供するためのものについては、この限りでない と

されています。 これは、実は薬事法できちんと定められている

ので、安衛法では適用を除外されている ということなんです。

さて、改正点は実はこれだけではありません。

表示しなければならない一定の事項についても、改正されました。

①次に掲げる事項

  1. 名称
  2. 成分
  3. 人体に及ぼす影響
  4. 貯蔵又は取扱い上の注意
  5. 上記4つのほか、厚生労働省令で定める事項 → 表示者氏名、注意喚起語、安定性・反応性

②当該物を取り扱う労働者に注意を喚起するための標章で厚生労働大臣が定めるもの

①の5. の中に、『注意喚起語』というのがありますね。

これと、② の違いは大丈夫ですか?

①の5. にある『注意喚起語』は、その名の通り、『語』です。

つまり、『注意!』とか『危険!』とかそういう言葉を表示しなさい

ということですね。

これに対して、②の『注意を喚起するための標章』とは、

『絵表示』のことです。 

安全衛生情報センターというところのHPにいくつか

紹介されていましたので、リンクを貼っておきますね(^^)

http://www.jaish.gr.jp/user/anzen/kag/ghs_symbol.html

これらの表示をしなかったり、虚偽の表示をしたり した場合は、

6月以下の懲役 又は 50万円以下の罰金に処せられます。

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

国年の答練、昨日は一問一答の問題に挑戦しました。

思っていたよりもいい結果でしたが、それよりも、

基本中の基本である問題で間違えたのが、ダメ・・・

私の中の記憶の修正と、定着を図らなければ(^^;

今日は択一に挑戦です!!

<本日の学習予定>

ブログ(国)、H先生1日1問(国)、横断確認、年金

答練(国)、真島塾ポイント講座(基)

テキスト読込(不定着箇所)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

|

« 職業訓練に関する特例 | トップページ | 介護(補償)給付って、いくらもらえるの? »

コメント

yukiさん おはようございます。

なんで、「一般消費者の用に供するもの」が除かれるんや。
法律、おかしいんちゃうか。

>これは、実は薬事法できちんと定められているので、安衛法では適用を除外されている ということなんです。

あっ、さよか~。ようできてまんな。。
そういや、安衛法は労働災害をなくすための法律やったから、そっちは薬事法に任せとるンやなな。ごくろうなこっちゃ。

ついでに改正項目を眺めてみました。
去年は面接指導など大きな改正があったのに比べれば、今年は少ないですね。こうしてみると目玉は「石綿」、これも◎(^^)

■安全管理者の資格(則5条)
厚生労働大臣の研修修了+実務経験(短縮)
■作業主任者(14条)
選任すべき作業に「石綿等を取り扱う作業」が追加
■製造等の禁止(製造禁止物質)(55条)
石綿等の製造等が全面的に禁止
規制対象物質(令第16条1項)→④石綿、⑨石綿をその重量の0.1%(他の物質は1%含有ですよ)を超えて含有する製剤その他のもの
■作業環境測定の結果の評価及び記録の保存(65条の2第2項)
石綿について測定結果を40年間記録保存
■特殊健康診断(66条2項、3項)
・「石綿等を取り扱う業務等」6月以内に1回
・配置転換後の特別の項目についての健康診断~石綿等
■健康診断の記録の保存(66条の3)
石綿等や当該業務に従事しないこととなった日から40年間保存
■健康管理手帳が交付される者(則53条1項)
⑩石綿

安衛法は労働者の味方、
本試験でも強い味方にしましょうね(^^)

投稿: ryo | 2007年7月 3日 (火) 10:05

【ryoさま♪】

こんにちは(^^)

>なんで、「一般消費者の用に供するもの」が除かれるんや。
>法律、おかしいんちゃうか。
私も、最初、そう思いました(^^)
これやから、お上のやることは信用ならんっ!!と(^^;
でも、なんだかんだ言って、うまいこと考えてあるんですよね。
労働者という対象には該当しないってことですよね♪
「一般の消費者の~」ですから。

ホント、今年の安衛法の改正は、去年に比べると
カワイイもんです(^^)
昨年の改正点は、昨年の本試験のおかげで、本試験後に
かなり勉強しましたし・・・ って、試験前に勉強しなさいよ~(汗)

石綿関連。とっても大切ですね。
ここ数年来の社会的関心事。
今年こそ、安衛法を本試験で私の味方につけますよ(^o^)

投稿: yuki | 2007年7月 3日 (火) 15:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/148804/6934165

この記事へのトラックバック一覧です: 表示は、きちんと。ねっ(^^):

» オーストラリアの薬事法 [オーストラリアのプロポリス・ローヤルゼリーの秘密]
海外のブランド製品、コスメが日本でもたくさん出回っていますが、日本にいるとき、私自身あまりオーストラリア製品を知らなかったし、使ったこともありませんでした。ですが、ご存じでしょうか?オーストラリアの薬事法はとても厳しいということを。なぜかというと、欧州は世界的にも薬事法に厳しいことで知られており、オーストラリアはそのイギリスの支配地だったからです。安心、安全に関し... [続きを読む]

受信: 2007年7月 4日 (水) 11:08

« 職業訓練に関する特例 | トップページ | 介護(補償)給付って、いくらもらえるの? »