« 受給資格者が亡くなってしまったら・・・ | トップページ | 均等法の罰則 »

2007年6月13日 (水)

第3種特別加入保険料率

昨日の学習内容・時間

ブログ一問一答(社一)、H先生1日1問(健)、法改正講座

過去問(労一)、横断確認、i塾模試復習

テキスト読込(不定着箇所)              合計4時間

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

【徴  平15-災問9-E】

第3種特別加入保険料率は、労災保険法第33条第6号及び第7号の海外派遣者が従事する事業と同種又は類似の事業についての労災保険率と同じ率である。

特別加入者の保険料率。実は第3弾です(^^)

結構、行き当たりばったりで問題をチョイスしているもので(^^;

第1種特別加入保険料率については、コチラ

第3種特別加入保険料率については、コチラ

【解答】 ×

【解説】

これは、はっきりくっきりと押さえていらっしゃる方が多いと

思います(^^)

まず、第3種特別加入保険料率と、第2種特別加入保険料率は

ともに、

保険給付、労働福祉事業の費用の予想額に照らし、将来にわたり、労災保険事業の財政の均衡を保つものでなければならない

とされていて、

業務災害及び通勤災害に係る災害率、労働福祉事業として行う事業の種類及び内容その他の事情を考慮して

厚生労働大臣が定める率 とされています。

そして、第3種特別加入保険料率についての厚生労働大臣が

定める率 は、現在のところ、事業の種類等にかかわらず、

一律に、1,000分の5 とされています。

はっきりくっきりと押さえられていなかった方は、今この場で

押さえてしまってくださいね~(^^)

ちなみに・・・

特別加入保険料を計算する場合、

①保険年度の中途で加入又は脱退した、継続事業の場合は、

 加入期間の月数は、月単位で数え、1月未満は、1月として

 計算します。例えば、7月25日に特別加入したら、

 7・8・9・10・11・12・1・2・3月 の9ヶ月が加入期間の月数と

 なります。

②有期事業の場合は、応答日で月数を数えていき、最後に

 残った端数の日数は、1ヶ月として計算します。

 例えば、6月18日に特別加入して翌年の4月3日で脱退した

 場合は、

 6/18~7/17、7/18~8/17、8/18~9/17、9/18~10/17、

 10/18~11/17、11/18~12/17、12/18~1/17、1/18~2/17、

 2/18~3/17 の9ヶ月と、

 3/18~4/3 の17日間を1ヶ月として、合計10ヶ月の加入期間に

 なります。

保険料算定基礎額については、テキストで確認してくださいね♪

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

法改正講座、2回目の聴講をしています。

1回目で聞き漏らしていたことがあったり、改めて「なるほどっ!」

と思うところがあったり と、また新たな発見をしています(^^)

<本日の学習予定>

ブログ一問一答(基)、H先生1日1問(労一)、法改正講座

過去問(労一)、横断確認、i塾模試復習

テキスト読込(不定着箇所)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

|

« 受給資格者が亡くなってしまったら・・・ | トップページ | 均等法の罰則 »

コメント

今年の法改正、めっちゃきついですよね。
難しいなぁと思うところはほとんど井出先生も「ここはかなり複雑です」て言ってます。
全部かどうかは知りませんが、あの井出先生が、法改正講座の通学で時間が足りなくて、通学者にDVDを送ったとか。
どれくらい難解で、ボリュームが大きいということでしょうね。

特別加入者の端数の数え方、僕も苦労しました。結局、継続は加入したときからやめるときまで長いから、端数は別個に一月として、有期は短いから、最初と最後の端数をそれぞれ1か月分にすると負担が大きいから端数の合計で1か月分と覚えました。楽に覚えたいところですよね、こういうとこ。

コミュの参加、ありがとうございます!!

投稿: よ~すけ | 2007年6月13日 (水) 10:04

先日、自分の母親の年金問題を
書きこみしましたが
実際に相談される側になると
自分の知識のなさを実感します・・・(>_<)
合算対象期間に、在職老齢年金の計算、
その辺がパッとすぐに出てこない自分が
悲しいです(T_T)

旧法での配偶者(奥様)は年金加入が任意だったため
母親も年金保険料は払っていませんでした。
要するに自分の母親は合算対象期間によって
25年の受給期間を満たす人だったのです。

その結果、65歳からもらえる老齢基礎年金は
ほぼ半額しかもらえないことが
やっと分かりました・・・
こんなんじゃあ、ダメですね(+_+)

年金を中心にもっと勉強しなくてはっ!!!
(グチっぽくなってしまってスミマセン)

投稿: スライム | 2007年6月13日 (水) 15:35

【よ~すけさま♪】

>あの井出先生が、法改正講座の通学で時間が足りなくて、
>通学者にDVDを送ったとか。
そんなことするぐらいなのね・・・
もしかしたら、通達ゼミとともに法改正講座も本試験直前まで
聴きたおしてるかもっ!?

楽できるところは、楽しましょ!!
そんなにないけど、そんなとこ・・・(+_+)

トピックの書き込みもしてきたよ(^o^)


【スライムさま♪】

ホントに、合算対象期間が絡むと資格期間の計算が
ややこしいっ!!!
でも、これがなかったら、25年以上を満たせない方も
多々いらっしゃるということなんですよね。。。

とは言え、それで25年以上を満たしても、
半額程度にしかならないなんて・・・
満額でも、少ないのに・・・
年金は、本来とても良い制度のはずなのに、なんだか
うまく機能していないように思うのは私だけでしょうか。。。

ところで、お母様の年金問題は解決されましたでしょうか?

投稿: yuki | 2007年6月13日 (水) 16:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/148804/6683549

この記事へのトラックバック一覧です: 第3種特別加入保険料率:

» 不合格は覚悟の上だが、勉強は諦めないぞ [期間工から資格取得、社労士開業]
平成17年7月末の段階での学習進捗状況は、社一のインプットがもう少しで終わるといったところだ。国年も厚年も過去問はわずか1回回したのみ。ここから8月28日の本試験までわずか4週間で一体何ができるか?何度もカレンダーを作って1日単位で学習計画を...... [続きを読む]

受信: 2007年6月20日 (水) 15:44

« 受給資格者が亡くなってしまったら・・・ | トップページ | 均等法の罰則 »