« 基本手当日額 | トップページ | 短時間雇用管理者 »

2007年6月 1日 (金)

概算保険料の延納 Ⅱ

昨日の学習内容・時間

ブログ用一問一答(社一)、H先生1日1問(徴)、横断確認

答練(徴)、年金の本              合計4時間15分

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

【徴  平16-雇問9-B】

保険年度の中途に保険関係が成立した継続事業にあっては、納付すべき概算保険料が40万円以上であっても、8月31日までに最初の期分の納付ができなければ、概算保険料の納付の延納は認められない。

ブログで一問一答を始めた頃に、一度継続事業の延納について

取り上げました。そのときの記事は、コチラです(^^)

【解答】 ×

【解説】

延納できるかどうかの具体的な要件については、

『そのときの記事』を見ていただくことにして、ここでは、

この選択肢に書かれている事業がどうして

概算保険料の延納をすることができないのか について

考えていきたいと思います。

まず、『保険年度の中途に保険関係が成立した継続事業』

ですから、保険関係成立日(翌日起算)から50日以内に

概算保険料申告書に添えて、納付書により納付しないと

いけません。

そして、『納付すべき概算保険料の額が40万円以上である』

(労災又は雇用のいずれか一方しか保険関係が成立していない

事業については20万円以上) 又は 『労働保険事務組合に

労働保険事務の処理を委託している』 のいずれかである

場合でなければ、延納はできません。

さて、選択肢については、ここまでは書かれていますので

『○』ですね。 論点は、この後です!!

保険関係が保険年度の中途に成立した場合、

  • 成立日が、4/1~5/31 の間にあれば、3回に分けて延納できる
  • 成立日が、6/1~9/30 の間にあれば、2回に分けて延納できる
  • 成立日が、10/1~翌年3/31 の間にある場合は、延納できない

とされています。

成立日で言えば、9月30日までに保険関係が成立していないと、

延納は認められません。

さて、選択肢では、『8月31日までに最初の期分の納付が

できない場合は、延納は認められない』と書かれていますので、

先ほどの成立日を基準にした延納の考え方を、最初の期分の

納付日を基準にして、考えてみましょう。

最初の期分の納期限は、成立日(翌日起算)から50日以内です。

  • 成立日が4/1~5/31の場合、納期限は5/21~7/20。この場合は、3回に分けて延納できる
  • 成立日が6/1~9/30の場合、納期限は7/21~11/20。この場合は、2回に分けて延納できる
  • 成立日が10/1~翌年の3/31の場合、納期限は11/21~5/20・・・ とはならず、延納できない

このようになります。

選択肢には、『8月31日までに最初の期分の納付ができない

場合は、延納は認められない』と書いてありました。

2つ目を見てください。 『納期限は7/21~11/20』です。

当然8月31日もこの中に入っています。

『2回に分けて延納できる』のですよね。

というわけで、『誤り』の選択肢です。

う~~~ん、今日は、ちょっと書き方が分かりにくかったかも

しれませんね(^^;

途中で、そう思いつつ、もっと分かりやすい書き方 が

見つかりませんでした。 ごめんなさい m(_ _)m

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

早いもので、今日から6月ですね・・・

やらなきゃならないことが、どんどん増えてきて、近頃は

「どうして、1日は24時間しかないのぉ~~~ <<o(>-<)o>>」と

心の中で叫んでいます(^^;

それなのに!!! 本日、寝坊しました(+_+) 自己嫌悪・・・

昨夜、強烈な睡魔に襲われ、目覚ましを早めに合わせて

ご就寝・・・・・・・・・ 目が覚めたら5時でした @☆※★○@●※

<本日の学習予定>

ブログ一問一答(基)、H先生1日1問(徴)、答練(徴)

過去問(徴)、横断確認、年金の本

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

|

« 基本手当日額 | トップページ | 短時間雇用管理者 »

コメント

この辺の問題も基本だから毎年出てるような気がしますが・・・

今日からもう6月・・・
本試験が近づいてきましたね(+_+)

まだまだ勉強しなきゃいけないところが
たくさんあるのに、時間が足りなーい(>_<)


投稿: スライム | 2007年6月 1日 (金) 14:57

【スライムさま♪】

延納については、ホントにたくさん出題されていますよね。
ほぼカンペキに押さえておかないと、1点取り損ねます(^^;

>まだまだ勉強しなきゃいけないところが
>たくさんあるのに、時間が足りなーい(>_<)
同感ですぅ~~~~(+_+)
誰か時間を売ってくれる人いませんか? と、本気で
思っているときがあります(汗)

とにかく、こなすべきものを淡々とこなしていくしかありませんね。
頑張りましょっ♪

投稿: yuki | 2007年6月 1日 (金) 16:46

ホント今日から6月ですね。もうこんな時期、僕もどなたか時間を売ってくれる方を募集しています。(笑)

PSえーーーっと、、、yukiさんっっ、5時で寝坊ですかっっ(驚!

投稿: やまねこ | 2007年6月 1日 (金) 17:55

【やまねこさま♪】

公園でボォ~~~~ッとしている人を見ると、つい、その時間
買えるものなら全財産はたいてでも買いますっ!! と
思ってしまいます(^^;

ハイ。実は、普通に生活していたときでも(って、今は普通じゃない
みたい【苦笑】)、毎朝5時頃に起きてたんです。
朝、私が早く出るので(^^; なので、朝勉も5時ごろまでしか
できなくて・・・ あとは、シングルであることを最大限に活かして、
夕食をとっとと済ませ、夜8時ごろから1時間ほど勉強したり・・・
でも、近頃はちょっと夜型になりぎみです(^^;
なんとか、完全朝型に戻さねばっ!!

投稿: yuki | 2007年6月 2日 (土) 08:43

yukiさん こんにちわ。

延納、取り上げようと思っていたところを先を越されてしまいました(^^)

>8月31日までに最初の期分の納付ができなければ、概算保険料の納付の延納は認められない。

ふつうは事業の成立からですから、納付の日からこられると少し反応がしにくいですね。プラス「9月30日までに事業成立でないと延納できない」ことと引っかけようという魂胆なのでしょうか。問題の中にはそうした出題者の意図(?)もあれば、当然ですが、同時に正解を導き出すヒントもあります。

・8月31日までに最初の期の納期がくる
→ということは8月31日が事業成立の日の翌日から起算して50日目になるのはいつ・・と考えてみました。
・事業の成立が7月12日だったら、(保険関係の成立の日が期の末日まで2か月未満ですから、次の期とあわせた期間が最初の期となりますから)結局、2期(回)に延納できました。

1年目、難しく考えすぎるというかよう分からん状態でした。
2年目、なんとか分かるようになったときはうれしかった!!よく覚えてます(^^)
今日はホタルの数より人間の数が多い(^^)「ホタル祭り」です。

投稿: ryo | 2007年6月 2日 (土) 11:53

【ryoさま♪】

私も、1年目はわけが分かりませんでした。2年目に、なんとか
意味が分かるようになりました。私もこのときは、とても
嬉しかったです(^^)v

今日の問題の作問者の意図は、きっと9月30日との惑わせ
なのでしょうね。イジワルな方だわ(^^)

「ホタル祭り」 大変な賑わいなのですね。
もう、長い間、ホタルなんて見てません。
割と近くでホタルを見られる公園があるのですが、
なかなか行く機会に恵まれません(^^;
来年の今頃には、娘を連れて行ってみます☆

投稿: yuki | 2007年6月 2日 (土) 16:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/148804/6545224

この記事へのトラックバック一覧です: 概算保険料の延納 Ⅱ:

» 岐阜 リフォーム [岐阜 リフォーム]
岐阜 リフォーム [続きを読む]

受信: 2007年6月 1日 (金) 14:04

» 岐阜 造園 [岐阜 造園]
岐阜 造園 [続きを読む]

受信: 2007年6月 1日 (金) 16:22

« 基本手当日額 | トップページ | 短時間雇用管理者 »