« 平均賃金の計算に算入する? | トップページ | 国庫補助 »

2007年5月17日 (木)

両罰規定

昨日の学習内容・時間

ブログ一問一答(健)、H先生1日1問(雇)、答練(安)

過去問(安)、テキスト読込(安)      合計4時間30分

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

【安  平18-問8-B】

労働安全衛生法第122条では、法人の代表者が同法の違反行為を知り、その是正に必要な措置を講じなかった場合には、同人も行為者として罰せられる旨の規定が置かれている。

これ、本試験では見事に間違えました (+_+)

今年に入ってからも、間違えっぱなしです 。・°°・(>_<)・°°・。

【解答】 ×

【解説】

労働安全衛生法第122条、久しぶりに引用です(^^)

法人の代表者又は法人若しくは人の代理人、使用人その他の従業者が、その法人又は人の業務に関して、第116条(製造等の禁止に違反した場合の罰則規定)、第117条(特定機械等の製造の許可等に違反した場合の罰則規定)、第119条(作業主任者選任等に違反した場合の罰則規定)又は第120条(総括安全衛生管理者選任等に違反した場合の罰則規定)の違反行為をしたときは、行為者を罰するほか、その法人又は人に対しても、各本条の罰金刑を科する。   (『Sha-ra-run』より条文引用   ※斜体の部分は、私が加筆しました)

問題文とよ~く読み比べて下さい。

問題文にある『代表者が・・・違反行為を知り、その是正に必要な

措置を講じなかった場合には』という文言が、条文の中には

ありませんよね。

つまり、知っていたか否か、又是正措置を行ったか否か に

かかわらず、行為者ともども法人等も罰せられる

ということです。

会社が知らないのは、いくらなんでもおかしいでしょう と

いうことなのでしょうか。。。

というわけで、『誤り』の選択肢です。

ちなみに・・・

  • 116条・・・3年以下の懲役又は300万円以下の罰金
  • 117条・・・1年以下の懲役又は100万円以下の罰金
  • 119条・・・6月以下の懲役又は 50万円以下の罰金
  • 120条・・・50万円以下の罰金

がそれぞれ規定されています。

ちょっと、納得がいかないのは、行為者ではない法人又は人に

対してはこれらのうち、罰金刑しか科されない ということです。

大抵の場合、会社からの命令で従業員がやらされていることが

多いと思うのですけど・・・ ちょっと不公平では???

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

昨日の参観。授業は算数でした。

娘たちが勉強しているのは、『円』について。

半径やら直径やら、懐かしい言葉がたくさん。

とりわけ私が懐かしかったのが、先生が黒板に書くための

あの大きなコンパス(^^) 何人かの生徒が当てられて、その

大きなコンパスで、黒板に円を描いていました。

すごく描きにくそうで、ちょっと可哀想だったなぁ。。。

<本日の学習予定>

ブログ一問一答(国)、H先生1日1問(雇)、答練(安)

過去問(安)、テキスト読込(安)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

|

« 平均賃金の計算に算入する? | トップページ | 国庫補助 »

コメント

私もこの問題、間違えっぱなしだったのですが
yukiさんの分かりやすい説明でようやく理解できました(^_^)/

ちょっと今、感動してます(●^o^●)

授業参観は子供も親もドキドキ!
算数用の大きなコンパス、懐かしいですね~

投稿: スライム | 2007年5月17日 (木) 11:19

【スライムさま♪】

ホントのことを言うと、今でもちょっと、自信がありません(+_+)
きっと、他にもコメントしてくださる方がいらっしゃるハズですから
必ず後々、確認してくださいね。
ものすごい、他力本願ですいません <(_ _)>

投稿: yuki | 2007年5月17日 (木) 15:54

うっぷす。
僕もまた間違えてしまいました…。罰則絡みはどうも苦手です、、、ってこんなんじゃいけませんね。(反省)

投稿: やまねこ | 2007年5月17日 (木) 22:13

yukiさん こんばんわ。

得意の安衛法、確認したら、やっぱり、完璧に間違えてました(汗)

両罰規定といえば労働基準法にもありますね。121条です。
なんと、大発見!!
労基法には「事業主が違反の防止に必要な措置をした場合はこの限りでない。」という規定があります。

(この限りはどの限りだ。。と思われた方は、条文をぜひ確認してみてくださいね。厚生労働省の法令データベースで確認できます)

一方、事業を経営する者の責任をより明確にする安衛法ではこのような規定は置かれていません。
同じ両罰規定でも、使用者(ときに責任の所在があいまいに・・)を対象とする労基法、事業者を対象とする安衛法とでは違うんですね。

安衛法では、違反行為があれば行為者(代表者含む)も事業者も罰せられますし、法人には懲役刑は似合わないと思うのですが(^^)どんなものでしょう。


どうやら問題はこのあたりを突いたもののようですね。

投稿: ryo | 2007年5月17日 (木) 22:25

【やまねこさま♪】

罰則がらみは、どうしても暗記になってしまいますから、
覚えられないと正解できませんよね・・・
私も、非常に努力しないといけない箇所です(^^;
と言っても、ただ、眺めてるだけじゃ覚えられないし(+_+)
ツライっす ヾ(@† ▽ †@)ノ


【ryoさま♪】

おはようございます(^^)

使用者を対象とするか、事業者を対象とするか で、違って
くるんですね。 ホント、大発見です!!

そして私の大発見はもう一つ(^^)v
確かに、法人に懲役刑は似合いませんね(^^;
どうやって、オリの中に入れるんだ???(汗)
会社や法人の事業者が『法人そのもの』だということと
結び付けてませんでした・・・ ショック (><)
でもこれで、ナットク(*'‐'*)です。

投稿: yuki | 2007年5月18日 (金) 08:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/148804/6367477

この記事へのトラックバック一覧です: 両罰規定:

» 資格を取るのって大変なんだね [デリヘル嬢おとはの日記]
友達が弁護士を目指して司法試験を目指してもう7年なんだけどまた試験に落ちたって、落ち込んでいたよ、、、 [続きを読む]

受信: 2007年5月17日 (木) 11:36

» 口座開設 [口座開設]
FXの口座開設の流れを解説しています。 [続きを読む]

受信: 2007年7月 3日 (火) 10:00

« 平均賃金の計算に算入する? | トップページ | 国庫補助 »