« 所定の届出をしなかったら、どうなる? | トップページ | 概算保険料の延納 Ⅱ »

2007年5月31日 (木)

基本手当日額

昨日の学習内容・時間

ブログ用一問一答(厚)、H先生1日1問(徴)、横断確認

過去問(雇)、答練(徴)、年金の本       合計3時間50分

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

【雇  平14-問4-A】

基本手当の日額は、原則として、その者について算定された賃金日額に、100分の80から100分の50までの範囲で定められた率を乗じて得た金額であるが、受給資格に係る離職の日に60歳以上65歳未満の者については、上記の範囲は100分の80から100分の45までに拡大される。

これは、ぜひとも正解したい問題です。

頑張って下さいね~(^^)

【解答】 ○

【解説】

基本手当の日額は、受給資格者が60歳未満なのか、60歳以上

なのかで、基準になる賃金日額の金額も、基本手当の日額も

少し違います。

離職日に60歳未満の受給資格者は、

賃金日額 基本手当の日額
2,080円≦賃金日額<4,100円 賃金日額×100分の80
4,100円≦賃金日額≦11,870円 賃金日額×100分の80~50
11,870円<賃金日額 賃金日額×100分の50

と規定されています。

例えば、離職日に55歳で、賃金日額が12,800円の

受給資格者だと、

一番下の『11,870円<賃金日額』に該当しますから、

12,800円 × 100分の50 = 6,400円 となり、

基本手当の日額は、6,400円 ということになります。

また、離職日に60歳以上65歳未満の受給資格者は、

賃金日額 基本手当の日額
2,080円≦賃金日額<4,100円 賃金日額×100分の80
4,100円≦賃金日額≦10,640円 賃金日額×100分の80~45
10,640円<賃金日額 賃金日額×100分の45

と規定されています。

試しに、先ほどと同じ額の賃金日額で計算してみましょう。

離職日に62歳で、賃金日額が12,800円の受給資格者だと、

12,800円 × 100分の45 = 5,760円 となり、

基本手当の日額は、5,760円 ということになります。

同じ賃金日額でも、離職日の年齢で約700円も変わるのですね。

1日につき約700円ですから、結構、大きいですね(+_+)

というわけで、この表を見てお分かりのとおり、

この選択肢は、『正しい』ものです。

なお、先ほど算定した基本手当日額は、うまい具合に、

1円未満が出ませんでしたが、1円未満が出た場合は、

切り捨てます。

つまり、基本手当日額は、1円のくらいまで計算されます。

ちなみに・・・

基本手当日額を計算する際には、必ず離職日の年齢による

賃金日額によって計算します。

離職日の年齢ですよ(^o^)

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

やっと、徴収法の答練が届きました(^^)v

ついでに、iDE塾の中間模試も(^^;

先に答練を片付けてから、模試に取り掛かる予定です。

答練も模試も、どんな問題なのか、とっても楽しみっ v(≧∇≦)v

<本日の学習予定>

ブログ一問一答(社一)、H先生1日1問(徴)、横断確認

答練(徴)、年金の本

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

|

« 所定の届出をしなかったら、どうなる? | トップページ | 概算保険料の延納 Ⅱ »

コメント

この雇用のところ、去年の選択で救済がかかったところですよね、確か。謎に満ちた救済が…。

模試の問題には…おっと!これをここでぶちまけたらかなりまずいですね(笑)。

僕も答練の徴収法を今日やるつもりです。昨日は法改正ゼミの一問一答&プチ記述をやりましたが、今回の改正、論点を押さえないときついものがけっこうありますね。

井出先生がテープの中で「今年の国民年金の改正はめぼしいものがなく、そんな大変ではありません」みたいなことを言ってました。あんなの苦労した免除や国庫負担をサラッと…。

そういえば、その国庫負担、8分の7や4分の3などありますが、この分数を全部、480を超えた部分も含めて全部書き出して、分母を全て8にしてみてください。4分の3を8分の6とかに…。そうすると、すごいことが起こりますよ♪

すいません、いきなり内容が入り込んでしまって…。

投稿: よ~すけ | 2007年5月31日 (木) 12:53

ここは確実に点を取りたい問題ですね。

それと前に書かれてるよ~すけさんのコメントの中で
国庫負担(とありまずが年金額ですよね?)の
ところの8分の7や8分の3・・・
実際やってみました!
全部、分母を8にしてみたら、分子の数字と
その並びを見てビックリ!!!

yukiさん、よ~すけさんから「いいこと」
聞いちゃいましたね(^o^)/

投稿: スライム | 2007年5月31日 (木) 16:00

yukiさん おはようございます。

基本が大事。
口を酸っぱくして言われることですが、まさにその見本ですね。
見た目も内容もシンプルでいいですね(^^)

年金もこの問題くらいにシンプルだといいのですが、
その上に加入記録の問題。。
わかりやすく伝えることの大事さを改めて感じますね。

投稿: ryo | 2007年6月 1日 (金) 06:51

【よ~すけさま♪】

そうそう、謎の救済(^^) これは、永遠に謎のままよね、きっと♪

>模試の問題には…おっと!これをここでぶちまけたらかなり
>まずいですね(笑)。
よくぞ、踏みとどまってくだされた!(笑)
ありがとう(^^)

井出先生~~~、苦労したのよ~~~ ヾ(@† ▽ †@)ノ
国年の国庫負担・・・ ちょうど、今朝電車の中で、よ~すけさんの
ブログをプリントアウトしたのを読んできたところ(^^)
最近、電車の中が横断確認タイムだから。

で、国庫負担ぢゃなくて(笑)『年金額』の例外の分数、
ホント、おもしろいっ!! これで覚えたほうが早いかも!?
それにしても、よくぞ、気付かれた!!(笑)


【スライムさま♪】

そうそう、「年金額」です(^o^)
この並びで覚えちゃいましょう!!
理解は出来てるわけだから、試験対策上での暗記なら
問題ないですよね~(^^)

ホント、「いいこと」聞いちゃいました(*^^*)


【ryoさま♪】

おはようございます(^^)

基本。
受験生を長年やっていると、ついつい、あちらこちらと
目移りしてしまって基本を疎かにしてしまいがちです。
絶対に、忘れてはいけませんね(^^)

年金も、本来はシンプルなんですよね。
経過措置や改正で、ややこしくしてしまっているだけで・・・

人間のすることですから、間違うこともあるでしょうが、
どうも、今回の消えた年金について、「ごめんなさい」という
姿勢が見えないと思うのは、私だけでしょうか。
確かに、謝って済む問題ではないですが、
「悪いこと、間違ったことをしたときには謝りなさい」と
子供たちに教えなければいけない人たちなのに。
嘆かわしい限りです。。。

投稿: yuki | 2007年6月 1日 (金) 09:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/148804/6533489

この記事へのトラックバック一覧です: 基本手当日額:

« 所定の届出をしなかったら、どうなる? | トップページ | 概算保険料の延納 Ⅱ »