« 厚生年金基金 Ⅵ | トップページ | 雇用対策法-事業主の責務 »

2007年5月21日 (月)

概算保険料額を計算してみよう!!

昨日の学習内容・時間

H先生1日1問(徴)、答練(安)、過去問(安・災)、年金の本

選択式模試                   合計6時間30分

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

【徴  平17-雇問8-計算問題】

甲会社の事業内容、雇用保険被保険者数等は、以下の通りである。甲会社の平成17年度分の概算保険料の雇用保険分の額は、いくらか。(雇用保険率は、今回の改正前の率で計算してくださいね♪)

  1. 事業内容   建設業
  2. 雇用保険に係る労働保険関係の成立日   平成13年4月1日
  3. 雇用保険被保険者数   7名(短期雇用特例被保険者及び日雇労働被保険者はいない)
  4. 雇用保険被保険者の平成17年度当初の年齢   35歳の者・・・2名、40歳の者・・・2名、59歳の者・・・1名、60歳の者・・・1名、65歳の者・・・1名
  5. 賃金総額の見込額   5,000万円(このうち上記60歳の者に係る賃金額600万円、65歳のものに係る賃金額400万円)

計算問題です。平成17年、私が初めて受けた試験でした。

私、初学の頃から、この計算問題は得意でした(^^)v

今でも大好きです。今年も出題されないかなぁ o(^^o)(o^^)o

【解答】 1,035,000円

【解説】

概算保険料額を計算する問題ですね。

概算保険料額は、

『賃金総額の見込額 × 一般保険料率』 で計算します。

今回の問題の場合は、雇用保険分の額だけを計算しますので

一般保険料率は、雇用保険率ですね。

で、賃金総額の見込額ですが、問題文には『5,000万円』と

書いてありますね。 ここで、注意が必要です!!

雇用保険率については、その保険年度の初日に64歳以上で、

雇用保険の短期雇用特例被保険者及び日雇労働被保険者

以外の者(『免除対象高年齢労働者』といいます)に係る

賃金額は控除して計算されます。

つまり、概算保険料額を算定する計算式が、

(賃金総額の見込額 -免除対象高年齢労働者の賃金額)×雇用保険率

となります。 問題文の場合、短期雇用特例被保険者及び日雇

労働被保険者はいない と書かれていますから、平成17年度

当初の年齢が64歳以上の者の人数と賃金総額の見込額が

分かれば、当てはめるだけですね。

免除対象高年齢労働者の人数は、1名。同じく、免除対象高年齢

労働者の賃金額は、400万円。

更に、建設業の雇用保険率は、1,000分の22.5ですので、

(5,000万円 - 400万円) × 1,000分の22.5 という計算式で

この問題文の答が出ます(^^)

(5,000万円-400万円)×1,000分の22.5

=4,600万円×1,000分の22.5 = 1,035,000円

というわけで、甲会社の雇用保険分の概算保険料額は、

『1,035,000円』 です。

ちなみに・・・

同じ条件で、労災保険の分の概算保険料額は、いくらでしょうか。

労災保険率については、免除対象高年齢労働者なるものは、

関係ありませんから、『賃金総額の見込額×労災保険率』で

労災保険分の概算保険料額を計算します。

問題文には、どんな建設の事業なのかまでは書いてありません

ので、ここでは単純に『その他の建設事業』ということにします。

その他の建設事業の労災保険率は、1,000分の21です。

では、当てはめてみましょう。

6,000万円×1,000分の21 = 1,260,000円

というわけで、この事業の概算保険料額(労災分+雇保分)は、

1,260,000円 + 1,035,000円 = 2,295,000円

となりますね。

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

土曜、帰宅すると、T予備校の選択式模試が届いていました。

一応、昨日の予定に組み込んで合ったので、少し勉強不足

なのは分かっていたのですが、取り組んでみました。

今のところ、自己採点もまだなので、結果は分かりませんが、

答を出しにくかった箇所は、ハッキリしました(^^)

今日は、採点も兼ねた復習です。

<本日の学習予定>

ブログ一問一答(基)、H先生1日1問(徴)、選択式模試復習

過去問(災)、年金の本

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

|

« 厚生年金基金 Ⅵ | トップページ | 雇用対策法-事業主の責務 »

コメント

yukiさん おはようございます。

高3の物理の試験でこんな問題が出ました。
「1キロワットの電気料金は100円です。A君の家では先月30キロワット使いました。A君の家の先月の電気料金はいくらでしょう」
もう何十年も前のことですが、このときばかりは先生に心の中で手を合わせながら解答しました(^^)

徴収法は焼き直し問題がよく出てきます。ときどき焼き直しの手間も惜しんだのもあります(^^)過去問が一番の教材ですね。

投稿: ryo | 2007年5月22日 (火) 05:52

【ryoさま♪】

物理・・・ まったくダメです(+_+)
なので、高校では『生物』を選択しました(^^)
物理や化学は、全く考え方が分かりませんでした・・・
大人になってからのほうが、とりあえず考えようとしてますね(^^;
で、答を出してみると、ものすご~く遠回りな答えの出し方では
ありますが、正解してたりします (=^^=)
学生の頃は、考えることから逃げていたんですね。
だから、分からないわけじゃなかったんです。
最近になって、漸くそのことに気付きました。

>ときどき焼き直しの手間も惜しんだのもあります
ありますね(^^) こういう問題を見つけたときは、かなり幸せです♪

投稿: yuki | 2007年5月22日 (火) 08:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/148804/6412182

この記事へのトラックバック一覧です: 概算保険料額を計算してみよう!!:

» 正しい扶養控除を知りましょう、そして払いすぎてるかもしれない税金を取り戻しませんか [扶養控除と申告書]
正しい扶養控除を知りましょう、そして払いすぎてるかもしれない税金を取り戻しませんか 扶養控除は賢いあなたの嬉しい節税対策。 個人事業主のあなたもそろそろ確定申告の時期ではありませんか [続きを読む]

受信: 2007年5月21日 (月) 09:49

» 労災保険 [車とバイクの情報館]
労災保険とは、業務上での事故や,通勤中の怪我や病気,または障害を負ってしまった場合や,万が一の場合死亡した時などに,労働者やその遺族の保障をしてくれる保険のことをいいます。... [続きを読む]

受信: 2007年6月 2日 (土) 10:41

« 厚生年金基金 Ⅵ | トップページ | 雇用対策法-事業主の責務 »