« 国庫補助 | トップページ | 厚生年金基金 Ⅵ »

2007年5月19日 (土)

失業の認定って、いつからいつまで?

昨日の学習内容・時間

ブログ一問一答(厚)、H先生1日1問(雇)、答練(安)

過去問(安)、テキスト読込(安)      合計3時間50分

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

【雇  平13-問5-B】

失業の認定は、通常は4週間に1回ずつ直前の28日の確実を対象として行われるものであり、当該認定日以後の日については認定を行うことはできない。

この選択肢は、いつも正解できるのですが、答練や

H先生の1日1問で、少し違う論点を問われたときに、

見事に撃沈しました(+_+) 最後にご紹介しますね。

【解答】 ○

【解説】

まず離職したら、管轄公共職業安定所に出頭して、求職の

申込をして離職票を提出しますよね。この日が下の図の

『1』の日です。

そうすると、失業の認定日を決めてくれて、受給資格者証が

交付されます。このとき決めてくれた失業の認定日が

下の図の『29』の日です。

1 2 3 4 5 6 7
離職後最初に出頭した日            
8 9 10 11 12 13 14
             
15 16 17 18 19 20 21
             
22 23 24 25 26 27 28
             
29 30 31 1 2 3 4
失業の認定日            

で、『29』の失業の認定日に、失業の認定を行ってくれるのは、

数字のところがグリーンになっている、『1~28』の日について

ということになります。問題文の「4週間に1回ずつ直前の

28日の各日」が、これに当たります。

『29』の失業の認定日以後についての失業の認定は、

次の失業の認定日に、失業の認定を行ってくれるのです。

問題文の「当該認定日以後の日については認定を行うことは

できない」という部分が、ここのことですね。

というわけで、『正しい』選択肢です。

なお、公共職業安定所長の指示した公共職業訓練等を

受ける受給資格者については、4週間に1回ではなく、

1月に1回、直前の月の各日について失業の認定が行われます。

ちなみに・・・

私がこの箇所で必ず引っ掛かった論点というのが、

『失業の認定が行われる4週間の起算日』です。

上の図を見ていただければ、一目瞭然なのですが、

離職後最初に出頭した日から起算した4週間について

失業の認定が行われますよね。

この『離職後最初に出頭した日』が、いつもいつも

出てこないんですぅ ヾ(@† ▽ †@)ノ

今日、ここに書いたから、これで間違えなくなるかも!?

そうであって欲しい・・・ f(^^;)

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

明日の基金特集第6弾。

基金と他の制度とのポータビリティについて書いています。

今のところ、途中まで書けたのですが、う~ん・・・ という感じ。

やはり、ポータビリティは、難しいですね。

ただ、試験対策としては、あまり深入りしても意味がないので

動かせる制度間がイメージできることを、イチバンに考えました。

なので、細かい規定については、かなり省いています。

もし、よろしければ、お読みになってくださいませ (*'‐'*)

<本日の学習予定>

ブログ一問一答(社一)、H先生1日1問(雇)、答練(安)

基金(厚)、テキスト読込(安)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

|

« 国庫補助 | トップページ | 厚生年金基金 Ⅵ »

コメント

yukiさん こんにちわ。

この表。言葉だけでなくイメージが焼き付けられます。
いつからいつまでか。
この表を思い出したら本試験でも間違えようがありませんね(^^)
シンプルだけどすごくいいです(ヨイショと)。

こうした基本中の基本を
分かりやすく伝えるテキストがあればいいのにと思ったことはありませんか。

さて、今日は違った意味でムツカシイです。

>『失業の認定が行われる4週間の起算日』
で、『離職後最初に出頭した日』ですよね。表にもそう書いてあるゾ。
・・ほかにどんな日が考えられるのでしょうか。その翌日?
こうさんです。

投稿: ryo | 2007年5月19日 (土) 19:05

【ryoさま♪】

>・・ほかにどんな日が考えられるのでしょうか。

実は、選択式で抜かれたり、5択で『離職日』と書かれたり
すると、ダメなんですよね~(^^;
ということは、やっぱり定着していない ということですよね・・・
頑張りますです・・・ハイ・・・(^^)

投稿: yuki | 2007年5月20日 (日) 07:48

yukiさん こんばんわ。

「認定日の起算日」のことですが、
「離職日」、受給資格期間の基準ですし、ピタッときそうですねえ(^^)

私も短時間労働被保険者の受給期間の延長の規定で七転八倒しました。すっといけばなんでもないけど、こだわるとほつれてしまうことがあります。

一番簡単に考えれば、
離職者は受給資格者(失業者)ではない。

と考えればいいのではないですか。
そうすれば認定の起算日は「初めて出頭した日」とすんなりくると思いますが。。

以下、簡単に。
15条で、基本手当は受給資格を有する者(中略)が失業している日(中略)に支給する。ことになっていますが、そのためには離職票を持って公共職業安定所に出頭して認定してもらう必要がありますね。

ここで、晴れて受給資格者になります。

出頭するのが遅れたらもらえるものがもらえないことだってありますし、事業主が離職証明書を出すのをサボっていたりしたら大損害をこうむることだって考えられますが、離職しただけでは雇用保険給付の対象者にはなりませんよね。

そうすると、雇用保険給付(この場合だと基本手当)の対象者(受給資格者)が「失業状態」にあったかどうかを認定するわけですから、起算日は「最初に出頭した日」(受給資格者になったとき)を起算日にするということになるのだと思います。

ストンと腑に落ちたでしょうか?
あっ、そうだ。
ご自分で作られた表をしっかり眺めればいいんですよね(^^)

投稿: ryo | 2007年5月20日 (日) 20:40

【ryoさま♪】

おはようございます(^^)

ストンと腑に落ちました(^o^)
離職日には、まだ受給資格者ではないのですよね。
だから、離職日から起算されるはずがない!
こういうことですね(^^)
ありがとうございます!!!
もう間違わないゾ!(^^)

投稿: yuki | 2007年5月21日 (月) 08:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/148804/6388923

この記事へのトラックバック一覧です: 失業の認定って、いつからいつまで?:

» あと10日で値上げします。 [無料ブログアフィリエイトで簡単に副収入を得るきっかけとは?]
【サラリーマンの方へ】また今度でいいやという考えは捨ててください。 あと10日で値上げします。 【携帯で情報ビジネスを成功させる唯一の方法】 もし、あなたが情報ビジネスを考えているなら、 激戦区のパソコンから参入しないほうが良いと思います。 なぜなら、P...... [続きを読む]

受信: 2007年5月26日 (土) 02:26

« 国庫補助 | トップページ | 厚生年金基金 Ⅵ »