« 食事療養標準負担額、誰が決める? | トップページ | 厚生年金基金 Ⅰ »

2007年4月 7日 (土)

付加保険料納付済期間

昨日の学習内容・時間

ブログ一問一答(厚)、H先生1日1問(基)

過去問(厚)、テキスト読込(社一)      合計4時間

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

【国  平17-問9-B】

昭和61年4月1日前の付加保険料納付済期間は第1号被保険者としての付加保険料納付済期間とみなされるので、この期間に係る付加保険料納付済期間を有する第3号被保険者には、原則として付加年金が支給される。

本日は、サラッといきましょう!!

【解答】  ○

【解説】

これについては、昭和60年附則8条1項に

旧法時代の国民年金の被保険者期間は、第1号被保険者と

しての国民年金の被保険者期間とみなす

と規定されています。

また、

  • 旧法の保険料納付済期間    → 新法の保険料納付済期間
  • 旧法の保険料免除期間      → 新法の保険料免除期間
  • 旧法の付加保険料納付済期間 → 新法の付加保険料納付済期間

とみなす とも規定されています。

なので、旧法時代の付加保険料納付済期間については

新法施行後、第3号被保険者であっても、立派にその人の

付加保険料納付済期間です。

ですから、この付加保険料納付済期間に係る付加年金は

支給されます。

もちろん、老齢基礎年金の受給権を取得したときに σ(^ー゜)

というわけで、『正しい』選択肢です。

ちなみに・・・

付加年金の額は、

200円×付加保険料納付済期間の月数 です。

付加年金には、改定率の規定は適用されません。

法改正がされない限り、200円×付加保険料納付済期間の月数

が支給される ということですね。

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

明日から、とうとう厚生年金基金特集を開始します。

初日は、ほんのさわりの部分、106条と107条の目的と組織に

ついて書く予定です。

なるべく、国民年基金や他の法律との横断も盛り込んで

いきたいと思っています。

とはいえ、私も基金はあまり得意ではないので、コメントで

たくさんの方がご教授してくださることが、多々あると思います。

毎週読んでくださる予定の方は、後日コメントチェックも

してくださいね ★⌒(@^-゜@)v  おねがいします。

<本日の学習予定>

ブログ一問一答(社一)、H先生1日1問(基)

過去問(厚)、テキスト読込(社一)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

|

« 食事療養標準負担額、誰が決める? | トップページ | 厚生年金基金 Ⅰ »

コメント

20年前に結婚して、届出のことを知りませんでした。10年前に特例届けで救済されました。無知はいけませんね。
専業主婦の特典を知ることで、社労士受験の動機のひとつになりました。

投稿: いも源氏 | 2007年4月 7日 (土) 10:12

付加年金はかなり得意です♪読み落とし以外でミスったことはありません。てか、読み落としてるんかい!て感じですが…。

旧法での納付済、免除、付加納付済はそのまま引き継がれますよね、当然。納付済をカラ期間なんかにされたら、暴動が起こりますね(笑)。

基金、楽しみにしてます!特集にあわせて基金を勉強していきます。かなり頼っちゃうつもりなので、よろしくです☆

離婚分割、船員に関するところでも、間違いが発覚しました。後から直しておきますが、特別な加算分が分割されるわけではないようです…。ここも待っててくださいね。細かすぎるところだけど、あのままだとヤバイので、細かいことも書いておきます。

投稿: よ~すけ | 2007年4月 7日 (土) 10:42

【いも源氏さま♪】

知らなかった方が、たくさんいらっしゃったのでしょうね。だからこそ、届出漏れのないように被扶養者異動届と一体にしたり、特例届の規定を設けたりしているということなんでしょう。

そう考えると、国民への周知ってなかなか難しいのですね。
連日、ニュースや新聞のトップを飾っていることでも、ご存じない方もいらっしゃいますものね。。。

投稿: yuki | 2007年4月 7日 (土) 10:47

勉強に来ました。いつも読み応えあるブログ提供ありがとうございます。また来週末に遊びに来ます(^^♪

P.S.
グーグルのADSに登録しようとしたら、クリック誘発する文章有で却下されました。yukiさんのブログを拝見すると「ポチッと」などの記述がありますが、これは大丈夫だったのですか。
本題とは違うつまらないことで恐縮ですm(__)m

投稿: びん | 2007年4月 7日 (土) 11:08

【よ~すけさま♪】

ホント、読み落としてるんかい!!(笑)
付加年金は、分かりやすいですよね。
ややこしい支給要件もないし、とにかく老基と一心同体。老基の基礎の基礎さえ押さえれば、付加年金ももれなくついてくる♪

船員保険の部分、確かに細かいところだけど、
イジワルな作問者が『こんなところは分からんだろう、フフフ』と
ニヤニヤ作問するかもしれないし。
それに、将来的に実務で必要になるかもしれないし。
確かに合格が第一の目的だけど、合格後に使えない知識じゃ、
ダメだと思うから、お言葉に甘えて修正完了をお待ちしてますわ
(V^-°)


【びんさま♪】

相変わらず、お忙しそうで、大変ですね。
体調管理だけは、万全にして、頑張ってくださいね♪

ここのAdsは、私が登録したわけではなく、最初からついてたんです。ブログ提供をしている@niftyがAdSenseを使っているようでして・・・
お役に立てなくて、ごめんなさい □\(.. )

投稿: yuki | 2007年4月 7日 (土) 13:07

なるほど・・・ありがとうございましたm(__)m

投稿: びん | 2007年4月 7日 (土) 18:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/148804/5979891

この記事へのトラックバック一覧です: 付加保険料納付済期間:

« 食事療養標準負担額、誰が決める? | トップページ | 厚生年金基金 Ⅰ »