« 被扶養者になるには | トップページ | 擬制的任意適用事業所 »

2007年1月 4日 (木)

第3号被保険者の届出

昨日の学習内容・時間

ブログ一問一答(国)、H先生1日1問(徴)

テキスト・論点整理(厚)           合計2時間

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

【国  平14-問9-C】

第3号被保険者の資格取得の届出をしなかった期間があるとき,届出をした日の属する月の前々月までの2年間を除いて,保険料納付済期間に算入しない。

ホントに、問題の書き方(って、条文か・・・)もう少し

なんとかならないものですかね・・・

【解答】 ○

【解説】

私は、過去に1年半ほど第3号被保険者だったことがあります。

当時は、自分で市役所に届出をしなければいけませんでした。

今は、第2号被保険者の被扶養者異動届にくっついて

いるので、安心ですね。って、そうでもないようですね。

では、本題です。

第3号被保険者になったのに、しばらくの間、届け出るのを

忘れていたというようなときに、遅れて届け出た場合などの

特例です。

第3号被保険者になったことに関する届出又は種別確認の

届出が行われた日の属する月前のその届出に係る第3号

被保険者としての被保険者期間は、届出が行われた日の

属する月の前々月までの2年間の内にあるものを除き、

保険料納付済期間に算入しない

とされています。

つまり、届け出た日が属する月の前々月までの2年間は

保険料納付済期間としますが、その前の期間は保険料

納付済期間とはなりませんよ ということです。

というわけで、『○』です。

ちなみに・・・

この特例に更に例外があります。

平成17年4月1日前の第3号被保険者又は第3号被保険者

であった期間については、理由を問わず、届け出れば保険料

納付済期間として算入されます。

第2号被保険者の被扶養者異動届にくっついていても

届出をしていない方が多いということなんでしょうね。

ということは、資格の得喪届などの手続きをしている

部署の方が、どういうときにどういう届けをしないといけない

のかということを知らずに手続きをしている

ということでしょうか・・・

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

とうとう、昨日でで休みも終わってしまいました。

結局、思っていたほどの勉強はできませんでした。

まぁ、実家に来るといつもですが・・・

高校を卒業してからずっと一人暮らしなので、どうも

人がたくさんいると落ち着きません。

こんな事では、ダメですね(^^;

<本日の学習予定>

ブログ一問一答(厚)、H先生1日1問(徴)

テキスト・論点整理(厚)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

|

« 被扶養者になるには | トップページ | 擬制的任意適用事業所 »

コメント

>部署の方が、どういうときにどういう届けをしないといけない
>のかということを知らずに手続きをしている

そうじゃないのです・・・
実際にあったと聞いている話なのですが、
奥さんが、保険の外交のパート(軽いアルバイトのつもり)に
出たのですが、ほんの1週間ほどで辞めてしまったのです。

でも会社は、粛々と被保険者資格取得届をだして・・・
(被保険者証の交付は、通常1~2週間かかる)
被保険者証が届く前に、辞められたので、
そのまま資格喪失届けをだした。

その奥さんは、アルバイトと思っていたので
夫の会社に対して、なんらお知らせもしていなかった
会社が資格取得届をだしたので2号被保険者の後
資格喪失その後は・・・未納期間がずっと続いて
基礎年金がもらえない事態に至った。。。

こんな事があって特例期間を復活させたのでありました。
特例の届出を出すと、即保険料納付済期間としてもらえるので
年金受給者は、翌月から年金額に反映されるのですよ。

因みに平成17年4月以後の期間については
やむを得ない事情があると認められたときに限り!
認めてもらえるのですよ・・・

投稿: おきらく社労士 | 2007年1月 4日 (木) 17:01

【おきらく社労士さま♪】

>部署の方が、どういうときにどういう届けをしないといけない
>のかということを知らずに手続きをしている

>そうじゃないのです・・・

違うのですね・・・


>その奥さんは、アルバイトと思っていたので
>夫の会社に対して、なんらお知らせもしていなかった

結局、私たち国民があまり社会保険のことを知らずに
毎日を送っていることが、災いしているということですね。。。
もっと、みなさんに知ってもらいたいですね・・・

投稿: yuki | 2007年1月 5日 (金) 08:50

勤務先が手続きをしていなくて、御嵩町役場からの連絡をもらって、特例届を受理してもらいました。当然してあると思い込んでいてびっくりしました。

投稿: いも源氏 | 2007年1月 5日 (金) 16:51

【いも源氏さま♪】

まぁ、身近な方に特例届の経験者が!!
役場から連絡をくれるだなんて、親切ですね☆
それでなくても貴重な年金なのに、紙切れ1枚でもっと少なくなるかどうかが決まってしまいますから、要注意ですね!

投稿: yuki | 2007年1月 6日 (土) 13:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/148804/4778377

この記事へのトラックバック一覧です: 第3号被保険者の届出:

« 被扶養者になるには | トップページ | 擬制的任意適用事業所 »