« 定年は何歳でもいいの? | トップページ | 基準障害による障害基礎年金 »

2007年1月26日 (金)

日雇特例被保険者の保険料

昨日の学習内容・時間

ブログ一問一答(国)、H先生1日1問(健)

テキスト・論点整理(社一)、過去問(基)      合計4時間45分

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

【健  平18-問7-D】

日雇特例被保険者の賞与に関する保険料は、1,000円未満を切り捨て40万円を上限とした額に、政府管掌健康保険の一般保険料率と介護保険両立とを合算した率を乗じて得た額を、被保険者と事業主が2分の1ずつ負担する。

標準賃金日額に関する保険料ではなくて、賞与に関する

保険料についての問題 というのが、ミソでしょうか・・・

【解答】 ×

【解説】

問題文に書いてある順番で、確認してみましょう。

まず、『賞与額の1,000円未満を切り捨てる』は、正しいです。

標準賞与額でも、1,000円未満は切り捨てます。

次に、『賞与の上限は40万円』も正しいです。

標準賞与額では、540万円(年度における累計額)です。

こちらは、改正点です!!

では、その次のところ、『政府管掌健康保険の一般保険料率と

介護保険料率とを合算した率を乗じて得た額』ですが、

実は、ここが誤りです。

何故かというと、『日雇特例被保険者』としか書かれていない

からです。

介護保険の被保険者には、2種類あります。

  • 介護保険第1号被保険者・・・市区町村の区域内に住所を有する65歳以上の者
  • 介護保険第2号被保険者・・・市区町村の区域内に住所を有する40歳以上65歳未満の医療保険加入者

第1号被保険者、つまり65歳以上になると、医療保険に加入

していても(例えば、健康保険の被保険者であっても)

保険料は自分で支払うことになります。(老齢等年金給付の

額が18万円以上なら老齢等年金給付から天引きされますが)

第2号被保険者、つまり40歳以上65歳未満の医療保険加入者

については、医療保険の保険料と一緒に徴収されます。

ここで、落ち着いて考えてみましょう。

第1号、第2号のいずれに該当しても、40歳以上の人だけです。

40歳未満の人は、介護保険料は徴収されません。

これは、日雇特例被保険者であっても同じです。

この選択肢の場合、年齢が書かれていませんから、

当然、40歳未満及び65歳以上の日雇特例被保険者も

含まれています。

つまり、介護保険の被保険者ではない日雇特例被保険者や

介護保険第1号被保険者である日雇特例被保険者も

含まれている ということになります。

この人たちは健康保険の一般保険料と一緒に介護保険料を

徴収されることはありません。

最後の、『被保険者と事業主が2分の1ずつ負担』は正しいです。

ちなみに・・・

標準賃金日額に関する保険料は、

日雇特例被保険者が

「標準賃金日額×一般保険料率×2分の1」、

事業主が

「(標準賃金日額×一般保険料率×2分の1)+

(標準賃金日額×一般保険料率×100分の31」

をそれぞれ負担します。

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

昨日、基準法の過去問をやっていて、ふとした疑問が。

法定休日労働の場合の割増賃金について。

法定休日の朝8時から翌日(つまり元々の労働日)の朝8時まで

の割増賃金は、

  1. 法定休日の朝8時から夜10時までは、休日の3割5分
  2. 夜10時から夜中の0時までは、時間外+休日+深夜で6割
  3. ここから法定休日ではなく労働日となるので、夜中の0時から早朝5時までは、時間外+深夜で5割
  4. 早朝5時から始業時刻の朝8時までは、時間外の2割5分

となりますよね?

では、法定休日の前日の朝8時から翌日の法定休日の朝8時まで

の割増賃金は、

  1. 法定休日の前日の夕方5時から夜10時までは、時間外の2割5分
  2. 夜10時から夜中の0時までは、深夜の2割5分
  3. ここから法定休日となるので、夜中の0時から早朝5時までは時間外+休日+深夜で6割
  4. 早朝5時から朝8時までは、時間外+休日で3割5分

となる ということでいいのかしら?

どなたかコメントをくださいませ♪

<本日の学習予定>

ブログ一問一答(厚)、H先生1日1問(健)

過去問(基)、答練(基)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

|

« 定年は何歳でもいいの? | トップページ | 基準障害による障害基礎年金 »

コメント

浅学のマロは、無条件にyukiさんを信じたいです。何か落とし穴があるかな。おきらくさんの出番があるかな。ちょっと、お待ちなせえ!?

投稿: いも源氏 | 2007年1月26日 (金) 19:35

 yukiさん、こんばんわ。
 いつも楽しく拝見しています。

 さて、ご質問の件ですが、
 通常勤務⇒始業午前8時、終業午後5時、1時間の昼休みのある事業場の場合
 1.法定休日の前日の夕方5時から夜10時まで⇒1日の法定労働時間(8時間)外の残業になるので、2割5分以上
 2.夜10時から夜中の0時まで⇒1.の労働が深夜に及んだので、2割5分以上+2割5分以上=5割以上
 3.法定休日の午前0時から早朝5時まで⇒休日の深夜労働にあたるので、3割5分以上+2割5分以上=6割以上
 4.早朝5時から朝8時まで⇒通常の休日労働にあたるので、3割5分以上
 ということになるでしょうか。

 でも、24時間寝ないで仕事をさせられたら、ぶっ倒れてしまいますね。

投稿: 紫頭巾 | 2007年1月26日 (金) 23:52

yukiさん こんばんわ。
8時から5時まで、休憩時間は1時間ですね(^^)。

「休日に8時間を超えて労働させても、その労働が深夜に及ばない限り、3割5分以上の割増率による割増賃金を支払えば足りる(6割以上を支払う必要はない)」(平11.3.31基発168号)そうです。ということは、休日+時間外はなし。ですね。

まず、法定休日→労働日の前段
2 夜10時から夜中の0時までは休日+深夜で6割

労働日→法定休日の後段は、
2 夜10時から夜中の0時までは時間外2割5分+深夜2割5分の5割(前段の3と同じですよね)
3 ここから法定休日となるので、夜中の0時から早朝5時までは休日+深夜で6割
4 早朝5時から朝8時までは休日で3割5分

こんなところでどうでしょうか。
テキストで確認したら、ピッタリの例題のコピーが貼り付けてありました。。こうしてコメントを書き込むことで勉強になります。

投稿: ryo | 2007年1月27日 (土) 00:25

紫頭巾さん  ryo さん正解!

ちょっといやみな問題を出そうかな・・・

ある労働日のことです。翌日が法定休日です。
労働者Aを ある労働日に残業させて、結果始業時刻は、翌日の0:01となりまた。本来法定休日とされた日は、35条の休日とできるでしょうか?ちなみに、始業9時終業5時の会社とします。

投稿: おきらく社労士 | 2007年1月27日 (土) 01:58

おっと 終業5時⇒就業17:00です。

投稿: おきらく社労士 | 2007年1月27日 (土) 02:00

【コメントを下さったみなさま♪】

ありがとうございましたm(_ _)m
まず、『休憩時間1時間』というのが抜けてましたね。ホントにおっちょこちょいですいません(-.-;
で、労働日から法定休日までの場合、法定休日になった夜中の0時から早朝5時までは、6割になるんですね。
紫頭巾さんとryoさんのコメントとテキストをつき合わせていて、
『あっ、ホンマ。6割やん~。』と。。。

こうして、皆さんに教えていただけるありがたさを、またまた痛感しております。本当にありがとうございました。
これに懲りず、これからも宜しくお願いいたしますm(_ _)m


【いも源氏さま♪】

>無条件にyukiさんを信じたいです。何か落とし穴があるかな。
それは、あまりにも危険すぎます!!
実際、間違ってましたから(^^;
でも、みなさんのおかげで、これからはもう間違いません!
テキストにも、書き込みましたし、脳みそにも刻み込みました(^^)v


【紫頭巾さま♪】

こんにちは。コメントありがとうございます。

>24時間寝ないで仕事をさせられたら、ぶっ倒れてしまい
>ますね。
まったくです(^^; あまり現実的な例ではないですね。
テキストに、法定休日→労働日 の例が記載されていて、それを割増率の表と見比べていたら、ふと「反対だとどうなるの?」と
思ったものですから・・・
とてもいい勉強になりました(^^)


【ryoさま♪】
>テキストで確認したら、ピッタリの例題のコピーが貼り付けて
>ありました
同じことを考えた人がいるということですよね・・・

本当にありがとうございました(^^)
また、後でryoさんの年金の問題も解きに参ります!!


【おきらく社労士さま♪】
「休日とは、暦日を指し、午前0時から午後12時までの休業を指す」(昭23.4.5基発535号)から考えると、0:01だと、1分だけなので、翌日(というか当日?)は休日になる! ・・・ような気がするのですが・・・
違うかな???

投稿: yuki | 2007年1月27日 (土) 09:25

>35条の休日とできるでしょうか
ここがこの問題のみそ!
法定休日を与えたか否かを問われた問題なので、
この場合は、休日を与えたことにならない。。。
ちなみに割り増しを払えばすむことだけど・・・(^^)

投稿: おきらく社労士 | 2007年1月27日 (土) 11:33

【おきらく社労士さま♪】

えぇぇ~~~~、たった1分なのに!? 休日を与えたことにはならないんですか???
割増賃金を支払えばすむ・・・ ということは、休日の割増を支払えばすむ ということですよね?
ちょっとビックリです。テキストに書いときます!!

投稿: yuki | 2007年1月28日 (日) 07:59

今回のコメント欄は面白かったですね。
怠け者のマロのために、埼玉から超二枚目社労士がわざわざきてくれました。羽鳥・安住、両アナウンサーを足して二で割った感じ。
鈴鹿・豊橋・名古屋の東海三兄弟と五人で新年会でした。銀行が融資してくれない話とか、出題傾向とか、デパートでのバイト話ほか面白い話題で、あっというまの二時間でした。

投稿: いも源氏 | 2007年1月29日 (月) 00:00

【いも源氏さま♪】

楽しかったようですね♪ いいなぁ~、羨ましいっ!!

投稿: yuki | 2007年1月29日 (月) 08:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/148804/5056495

この記事へのトラックバック一覧です: 日雇特例被保険者の保険料:

» 保険料安くして安心の保障を受けませんか? [保険について考えよう!]
保険のことしっかり考えたことありますか?後で考えればいい!と思っている方!!そんなあなたに見ていただきたいのです。 [続きを読む]

受信: 2007年1月28日 (日) 00:01

« 定年は何歳でもいいの? | トップページ | 基準障害による障害基礎年金 »