« 教育訓練給付金をもらうには | トップページ | 定年は何歳でもいいの? »

2007年1月24日 (水)

賃金総額の特例

昨日の学習内容・時間

ブログ一問一答(労一)、H先生1日1問(健)

テキスト・論点整理(社一)          合計2時間

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

【徴  平13-災問9-D】

林業の事業(立木の伐採の事業を除く)又は水産動植物の採補若しくは養殖の事業であって賃金総額を正確に算定することが困難なものについては、当該事業の労働者につき労働基準法の規定に基づき厚生労働大臣が定める平均賃金に相当する額に、各労働者の使用期間の総日数を乗じて得た額の合算額を賃金総額とする。

これ、押さえてました? どうですか?

私は、2年目に入ってからやっと押さえられました(^^;

あとの2つは、早いうちに押さえられたんですけど、

この特例だけは、何故かは分かりませんが、押さえ

にくかったんです・・・

【解答】 ○

【解説】

まず、賃金総額は、原則として、

『事業主がその事業に使用するすべての労働者に

支払う賃金の総額』 です。

これに対して、賃金総額を正確に算定することが困難な

一定の事業については、それぞれ特例が認められています。

  1. 請負による建設の事業 ・・・ 請負金額×労務比率
  2. 立木の伐採の事業 ・・・ 素材1㎥を生産するために必要な労務費の額×生産するすべての素材の材積
  3. 林業の事業(2. を除く)、水産動植物の採補・養殖の事業 ・・・ 厚生労働大臣が定める平均賃金相当額×各労働者の使用期間の総日数

それぞれの算定方法もそれなりに押さえておく必要は

ありますが、賃金総額を正確に算定することが困難な

上記の事業であることもとても大切です。

正確に算定できる場合は、上記の事業であっても

特例を適用せず、原則で算定します。

今日の選択肢は、3. についてのものです。

読み比べると、一目瞭然ですよね!

というわけで、『正しい』選択肢です。

ちなみに・・・

1.の計算式に出てくる労務比率は、事業の種類によって

水道発電施設・ずい道等新設事業の19%~

機械装置の組み立て又は据え付けの事業のうち組み立て

又は据え付けに関するものの40%の範囲内で

定められています。

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

もう少しで、社一の論点整理も終わりそうです。

当初の予定では、今頃は過去問の3回転目に入ることに

なっていたのですが・・・

でも、早ければいいというものでもないし、過去問の論点を

テキストにきちんと反映しておかないと、結局、後々

大変な思いをすることになるので、スピードよりも

質を取りました(^o^)

もうすぐ答練が始まります。

一層、気合を入れて頑張るゾ!

<本日の学習予定>

ブログ一問一答(健)、H先生1日1問(健)

テキスト・論点整理(社一)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私のひとりよがりなこのブログ。

もしも、お気に召した方がおられましたら

ポチッと、人気blogランキング クリックしてくださいませ(^^)

|

« 教育訓練給付金をもらうには | トップページ | 定年は何歳でもいいの? »

コメント

請負金額には、工事用物を算入する場合と除外する場合があるから注意が必要ですよね。

徴収法は、メリット制が苦手でした(笑)
ルールは、簡単なのですが、75%、85%の計算で算入するものとしないものがなかなか覚えられませんでした。

しばらく、お休みしていた 事件簿も明日から再スタートします(^^ゞ
また遊びに来てくださいね。

投稿: おきらく社労士 | 2007年1月24日 (水) 20:13

徴収法は得点源。
改正も少なく最初に復習を完了。
・・・のつもりでしたが、細かいところが忘却の彼方へ。7つ忘れて8つ覚えようとする毎日です。

投稿: いも源氏 | 2007年1月24日 (水) 20:41

【おきらく社労士さま♪】

事件簿、待ってました(^^)
お昼休みに、遊びに行きます!!

先生も、覚えられなかった箇所とか、やっぱりあったんですね。
予備校の講師の方や現役の社労士の先生の、受験生時代のお話をお伺いすると、少しホッとします。苦手な箇所があったんだな~って(^^)


【いも源氏さま♪】

ほんとに、試験が終わって何もしないで1月も経つと、すっかり忘れてしまっていますよね・・・ 労基から勉強を始めて、試験後始めての保険科目に入ってみると、それはそれは、酷い有様です。

投稿: yuki | 2007年1月25日 (木) 08:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/148804/5031961

この記事へのトラックバック一覧です: 賃金総額の特例:

« 教育訓練給付金をもらうには | トップページ | 定年は何歳でもいいの? »