« 受給権の保護 | トップページ | 増加概算保険料 »

2006年11月 2日 (木)

特定受給資格者

昨日の学習内容・時間

ブログ一問一答(雇用)、テキスト・論点整理(労基)

単語帳(安衛・労災)            合計4時間50分

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

【雇用  平17-問3-E】

過去1年間に「労働基準法第36条第1項の協定で定める労働時間の延長の限度等に関する基準」が定める労働時間の延長の限度(年360時間)を超える時間外労働が行われたことを理由として離職した者は、離職の直前の3か月間の時間外労働の時間数の多寡に関わりなく、特定受給資格者となる。

どういう理由で離職すれば、特定受給資格者となるか。

この具体例は、わりと細かく「雇用保険法施行規則第35条」に

定められています。

【解答】 ×

【解説】

問題を読んでいて、なんとなく「おかしいな」と思った方も

いらっしゃるかもしれませんね。

いくらなんでも、「時間外労働の時間数の多寡に関わらず」

特定受給資格者にしてくれるわけはないですね。

離職月の前3か月間に、「労働基準法第36条第1項の協定で

定める労働時間の延長の限度等に関する基準」が定める

労働時間の延長の限度を超える時間外労働が行われた

場合に、特定受給資格者となります。

ちなみに・・・

「労働基準法第36条第1項の協定で定める労働時間の延長の

限度等に関する基準」が定める労働時間の延長の限度は、

次のとおりです。

       原則         1年変形制(3か月超)

 1週     15              14

 2週     27              25

 4週     43              40

 1月     45              42

 2月     81              75

 3月     120             110

 1年     360             320

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

労基の、マーキングと論点整理は、うまくいったら今日中に

終われるかもしれません。去年のテキストは、ラインを引きすぎて

結局見にくくなってしまってので、今年は結構、気を遣って

マーキングしています。おかげで、とてもスッキリとした

紙面になってます(^^)

本日の学習予定

ブログ一問一答(徴収)、テキスト・論点整理(労基)

単語帳(労災)

応援クリック、お願いしますm(_ _)m 人気blogランキング

|

« 受給権の保護 | トップページ | 増加概算保険料 »

コメント

おはようございます。
頑張っていらっしゃいますね。ところでyukiさんはどんな基本書を使っているんですか?

投稿: ともかなパパ | 2006年11月 2日 (木) 10:40

【ともかなパパさん】

真島先生の「わかる社労士」を使っています。
去年使ってみて、とても気に入ったので・・・

ともかなパパさんは、どんな基本書をお使いですか?

投稿: yuki | 2006年11月 2日 (木) 16:45

私の場合は、去年はクレアールの通信を受けていたんです。
「わかる社労士」も持っていたんですが、クレのテキストがすごく気に入ったので途中で完全にクレへ乗り換えてしまいました(真島先生すみません!)
ただし、ものすごく出費が大きかった!今年はあまりコストを掛けられないので、実は今すごく迷っているんです。それでyukiさんに聞いてみました。やっぱり「わかる社労士」で決まりかな?

投稿: ともかなパパ | 2006年11月 3日 (金) 01:17

【ともかなパパさん】

クレアール、いいですものね~。
大阪校は、私の勤務先のすぐ近くです。ホントに近いです。
確かに、高いですよね~。受講できるのなら受講したほうがいいのですが、やはり先立つものがないと・・・ ねぇ・・・

投稿: yuki | 2006年11月 3日 (金) 07:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/148804/4037264

この記事へのトラックバック一覧です: 特定受給資格者:

« 受給権の保護 | トップページ | 増加概算保険料 »