« 70歳以上の上位所得者 | トップページ | 障害手当金 »

2006年10月11日 (水)

任意加入被保険者

昨日の学習内容・時間

ブログ一問一答(国年)、本試験復習(徴収)

テキスト読込(厚年、社一)      合計1時間50分

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

【国年 平18-問5-B】

任意加入被保険者は、第1号被保険者に係る独自給付の寡婦年金、死亡一時金、脱退一時金の規定の適用については第1号被保険者とみなされるが、付加保険料の納付の規定は適用されない。

任意加入被保険者は、2種類ありましたね。

適用される範囲がビミョ~に違いました。

こういうの多いですよね。

毎日のように「同じでええやん!」と心の中で

叫んでいたような気が・・・

【解答】 ×

【解説】

①任意加入被保険者

 第2号被保険者及び第3号被保険者以外の者で、次のいずれかに該当し、社会保険庁長官に申出をした者

  • 日本国内に住所を有する20歳以上60歳未満の者で、被用者年金各法に基づく老齢給付等を受けることができる者
  • 日本国内に住所を有する60歳以上65歳未満の者
  • 日本国籍を有する者その他政令で定める者で、日本国内に住所を有しない20歳以上65歳未満の者

②特例による任意加入被保険者

 昭和40年4月1日以前に生まれた老齢又は退職を支給事由とする年金給付の受給権を有しない者(第2号被保険者を除く)で、次のいずれかに該当し、社会保険庁長官に申出をした者

  • 日本国内に住所を有する65歳以上70歳未満の者
  • 日本国籍を有する者で、日本国内に住所を有しない65歳以上70歳未満の者

①か②かによって、第1号被保険者とみなされる

範囲が少し違います。

                  ①   ②

保険料納付済期間       ○   ○

保険料免除規定の適用     ×   ×

国民年金基金加入員     ×   ×

付加保険料の納付       ○   ×

寡婦年金の支給        ○   ×

脱退一時金の支給       ○   ○

死亡一時金の支給       ○   ○

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

本日の学習予定

ブログ一問一答、本試験復習(労一)、テキスト読込(社一)

ご訪問、ありがとうございます。 人気blogランキング

|

« 70歳以上の上位所得者 | トップページ | 障害手当金 »

コメント

「微妙な比較」というのが出題しやすいと思います。問題を作る人も、毎年批判を浴びて頭が痛いと思います。勉強のしかたも心理戦で、自分が出題するならこうする・・・というのをベースに勉強しています。

投稿: いも源氏 | 2006年10月11日 (水) 09:15

ドラゴンズ優勝~~~~~!

すみません、乱入しちゃいました~~~~~!

投稿: ともかなパパ | 2006年10月11日 (水) 09:22

>いも源氏さん
 「自分が出題するならこうする」というのは、大切なのだ
 そうです。私の尊敬するH先生が仰っておられました。
 H先生ご自身も、受験生時代、常にそう意識しながら
 勉強されたそうです。そして、もちろん本試験中も意識されて
 問題を解かれたようです。試験中、労安と労災は作問者が
 違うという分析までされていました。
 「yukiも、かくありたい」です。

>ともかなパパさん
 おめでとうございます\(^o^)/
 次は『目指せ、日本一!』ですね。
 応援しますよ~!!

投稿: yuki | 2006年10月11日 (水) 10:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/148804/3765839

この記事へのトラックバック一覧です: 任意加入被保険者:

» 第3号被保険者とは [賢く労働・楽して収入【お仕事総合インフォメーション】]
現行の年金制度におけるサラリーマンの無収入の配偶者をいいます。保険料を負担せずに.... [続きを読む]

受信: 2006年10月27日 (金) 08:47

« 70歳以上の上位所得者 | トップページ | 障害手当金 »