« 休業補償給付の支給額 | トップページ | 負けてはおれぬ! »

2006年10月21日 (土)

介護休業給付金

昨日の学習内容・時間

某予備校から取り寄せた本試験分析のDVD

単語帳(労基、安衛、労災)         合計2時間

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

【雇用 平18-問7-B】

介護休業給付金の給付額は、休業期間中に事業主から賃金が支払われなかった場合、当該休業を終了した日の属する支給単位期間も含めて、1支給単位期間あたり、休業開始時賃金日額に30を乗じて得た額の100分の40に相当する額である。

私、育児・介護休業給付金の『支給日数』が

さっぱり分かりませんでした。

やっと理解できたのが2年目の中ごろです。

独学のツライところです・・・ 

【解答】 ×

【解説】

支給単位期間とは、

『休業開始日から1箇月ごとに区切った、ひとつの期間』

のことです。

介護休業の場合は、休業開始日から3月経過日までの期間が

限度、とされていますから、3支給単位期間が最長となります。

支給日数は、

  1. 2.の支給単位期間以外の支給単位期間については30日
  2. 休業終了日の属する支給単位期間については、実際の休業日数

となります。(この文章、わかりにくくないですか?私、これが

理解できるまで、1年以上かかったってことになるんです・・・)

支給額は、原則、

休業開始時賃金日額×支給日数×30/100

です。

賃金が支払われた場合は、その額によって調整されます。

分かりにくいので、支給日数を具体的に考えてみましょう。

休業開始日 : 9月3日

休業終了日 : 12月2日  である場合、

  • 支給単位期間 1つ目 : 9/3~10/2
  • 支給単位期間 2つ目 : 10/3~11/2
  • 支給単位期間 3つ目 : 11/3~12/2  となります。

そして、それぞれの支給日数は

  • 1つ目、2つ目は、上記1. に当たるので、どちらも30日
  • 3つ目は、上記2. に当たるので、実際の日数である30日

特に注意が必要なのは、2つ目の支給単位期間です。

実際の日数は、31日なのですが、上記2. に当たらず

1. に当たるため、『30日』となるのです。

つまりこの例の場合は、すべての支給単位期間の支給日数が

30日となり、介護休業給付の支給に係る支給日数は、90日

となります。

というわけで、この選択肢の誤りの理由、お分かりですよね?

『休業を終了した日の属する支給単位期間も

含めて~30を乗じて~』が誤りなので、『×』なんですね。

ちなみに、この考え方は育児休業給付金でも同じです!

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

本日の学習予定

今日は、会社に私一人なので(社長は社長室にいますが)、

i塾から送られてきた本試験解説CDをこっそり聴いてみようと

思ってます(^^) もちろん、仕事はちゃんとやりますヨ!

ご訪問、ありがとうございます。 人気blogランキング

|

« 休業補償給付の支給額 | トップページ | 負けてはおれぬ! »

コメント

いいですねえ。事務所の中にいても、ETC車の事故が多くて、スランブルばかりしているので、読書もできません。休憩時間も実質ありません。
20キロ走行なのに、徐行せずに通過します。
カードの挿し忘れで、バーに激突です。
研究課題です。道路公団が解体されて、十数社が料金所の仕事を業務委託されています。10月30日で3社くらいに統廃合されます。私も新会社にそのままスライドする予定ですが、一年更新で、毎年三月三十一日に契約更新です。新会社との契約は不要でしょうか。その他、注意点。

投稿: いも源氏 | 2006年10月21日 (土) 11:54

【いも源氏さん】

私の父も、以前カードの挿し忘れでバーに激突しかけました。
彼は、気付いてバーの手前で止まったのですが、後続車があったら、きっと追突されてます(笑)

ん゛~~~、難しい研究課題です。
というか、まだ前回の研究課題、答が出てません(T_T)
正当な道なら、再就職手当をもらうべきなのかな? と思うのですが、基本手当を最後までもらった方が「得する?」とも思ったりして・・・ 再就職手当って、再就職先からハローワークへ「雇用しました」届みたいなのが届いてから、もらえるのでしょうか?
逆に質問して、どうする??? すいましぇん・・・

投稿: yuki | 2006年10月21日 (土) 13:30

就職届けを提出して、少し調査してからもらえます。前回の12年前は50万円近くもらえました。今回は約6000*90*0.3です。ところが270日の残は60日でゼロです。葵上は「もったいない。」と言いますが、仕事があるのが一番ですね。

投稿: いも源氏 | 2006年10月21日 (土) 16:36

【いも源氏さん】

>仕事があるのが一番ですね。

そうですよぉ! なんと言っても、日本では働けるうちにバリバリ働いておかないと、老後はとんでもなく不安ですから・・・

離婚するまでは、そんなに真剣に考えませんでしたが
離婚後は、子供に迷惑を掛けてはならぬ!と、自分の老後の生活費と葬式代は用意しなければと思いました。
そして、社労士の勉強。
基礎年金額のあまりの少なさにビックリ(@_@)
これじゃ、今の家賃も払えないよぉ~~~と、吠えました♪

投稿: yuki | 2006年10月21日 (土) 16:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/148804/3903893

この記事へのトラックバック一覧です: 介護休業給付金:

« 休業補償給付の支給額 | トップページ | 負けてはおれぬ! »