« 元方事業者が講ずべき措置 | トップページ | 学生生徒等の職業紹介等 »

2006年9月29日 (金)

健康保険の適用事業

※平成19年度(第39回)社会保険労務士試験に向けての勉強時の学習記録ですので、法改正等により現在の内容とは異なっていることがあります。 何卒ご了承くださいませ。

昨日の学習内容・時間

自ブログ用一問一答 ・・・ 労一

本試験復習 ・・・ 労基、安衛

テキスト読込 ・・・ 健保    合計1時間30分

本試験の復習、じっくりやってみると、結構おもしろい!

というか、関連事項や横断も取り入れてやっているのですが

かなりいい感じです。

【健保 平18-問1-A】

日本国籍を有しない者が、法人経営である料理店で働く場合は、被保険者となることができない。

これは、基本中の基本!という問題ではないでしょうか。

【解答】 ×

【解説】

まず、1つ目。

『日本国籍を有しない者』が被保険者となることができるのか。

健康保険の被保険者資格には国籍要件がありません。

また、昭和4年の通達により、「日本人と同様に扱われるため

被保険者となる」とされています。

次に、2つ目。

『法人経営である料理店』は適用事業所か否か。

適用事業所の要件は

  1. 常時5人以上の従業員を使用する法定16業種の事業所
  2. 常時従業員を使用する(=従業員数不問)国、地方公共団体又は法人の事業所

とされています。<健保法3条3項>

問題文からは従業員数は分かりませんが、

『法人経営である料理店』となっています。

料理店は、法定16業種ではありませんが、

「法人経営である」となっていますので、業種及び従業員数に

かかわらず、適用事業所となります。

適用事業所に使用され、被保険者になる資格があるのですから

この人は、「被保険者となることができる」というわけです。

ちなみに、法定16業種は次のとおりです。

 ① 製造業           ② 建設業

 ③ 鉱業             ④ 電気供給業

 ⑤ 運送業           ⑥ 貨物積卸業

 ⑦ 清掃・とさつ業       ⑧ 物品販売業

 ⑨ 金融保険業        ⑩ 保管・賃貸業

 ⑪ 媒介周旋業        ⑫ 集金・案内・広告業

 ⑬ 教育・研究・調査業    ⑭ 保健医療業

 ⑮ 通信・報道業       

 ⑯ 社会福祉事業・更生保護事業

本日の学習予定

自ブログ用一問一答、本試験復習(安衛)、テキスト読込(健保)

人気blogランキング

|

« 元方事業者が講ずべき措置 | トップページ | 学生生徒等の職業紹介等 »

コメント

ランキング27位ですね。上位は強豪揃い。これからが正念場ですね。よーすけさんのマイミクに「yuki」とあったのですが、貴女のこですか?写真もついていましたが。

投稿: | 2006年9月29日 (金) 09:37

>いも源氏さん
 ランキング、まだそんなところにいましたか!
 もっと落ちてると思ってたのに、しぶといですね~(笑)

 いえいえ、私はmixi登録してませんので、その方は別人です。
 yukiって結構どこにでもあるHNなんですよね。
 私は、写真を載せるなんてことはしません。というよりも
 できません。恥ずかしいですよぉ。
 もしも将来どこかのオフ会なるものに行ける機会があっても、
 「おかめ」の面をつけていくかも!?
 ちなみに、娘は「ひょっとこ」です(^o^)

投稿: yuki | 2006年9月29日 (金) 12:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/148804/3622846

この記事へのトラックバック一覧です: 健康保険の適用事業:

« 元方事業者が講ずべき措置 | トップページ | 学生生徒等の職業紹介等 »